« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

ハートの鼓動で生きてください

   ハートの鼓動を聞いて、大切にしてください。
   あなたは不完全ではないので、あなたの存在全体がこのハートの鼓動となり、存在全体にわたって、この波動を振動させることは必ずできることなのです。あなたがこのハートの鼓動になるとき、異次元を隔てるベールを通り抜けるために必要で認められる通過儀礼や浄化は、他にはありません。

   あなたに必要なことと、以前に必要だったことは、すべてあなたの内側にあります。
   それは、マインド(表面意識)ではなく、ハート(こころ)を通して移行しなければならないことと、この周波数は、あなたの外側に反映されるものだということに気づくことです。

   あなたの気づきは、今まで、二元性のレベルにのみ焦点が当てられてきました。
   そのレベルという隔たりは、マインド(表面意識)の性質と、ハート(こころ)以外の性質によって作られたものです。。マインドによる気づきは、ある人を他者と比較して判断するために、常に制限し、差別します。それは怒りと不信、疑いであり、傲慢さであり、貪欲さでもあります。

   しかし、ハートからの心は合一することだけに気がつきます。
   合一とは、無条件の愛と許しから生まれるものです。許しは、とても長い間、そこに存在してきた痛みから、逃げることをやめさせるものでもあります。気づきの光は、あなたの魂が、長い間影に追いやってきた部分に目を向けさせ、そこに入り込むことを許すでしょう。

   そしてあなたは、いつでも隔てられるベールなしに、あなたのまわりに存在するレムリアのハートに入ることを、もはや拒めないはずなのです。すべてのベールがなくなって目覚めるのはどんな感じでしょうか? 

   批判や判断、後悔がなくなったら? 恐れや悲しみがなくなったら? 
   恥や無価値感がなくなったら? あらゆることに違いを求めなくなったら? 
   あなたが神ではない、という幻想がなくなったら? 

   それは、あなたのハートが、無限の可能性と無限のよろこびの領域になだれ込むようなものなのです。あなたは、かつて欲しいと願ったすべてのことが、最初からそこにあったのを発見するでしょう。そして、あなたのまわりの世界はこの同じ波動を保つので、我々は、あなた方に挨拶するために、そこにいます !

   神の愛が、あなた方一人ひとりに、ハートの波動の中で姿を見せますように !
   そして地上では、レムリアのハートが、時間と空間のあらゆる次元を通して輝きますように ! 

   これが、私たちからあなた方への、今日の最大の願いです。
   私たちは、あなた方一人ひとりがこの可能性を楽しんで、愛と一致の中で我々に参加していることに感謝します。

   それでは再び話をするときまで。
   私はアダマ、あなた方の友であり、兄弟です。

 book「レムリアの真実」「レムリアの叡智」「新しいレムリア」
              太陽出版
   オレリア・ルイーズ・ジョーンズ著  

                           抜粋

内なる神に癒される

   私はもう一度あなた方に言います。
   あなた方と私たちの間に存在している唯一のベールは、あなたがつくってきたものでああることを。あなたが今もなお経験している隔てるベールは、あなたの恐れや間違った信念体系や悲しみという、ベールなのです。あなたはあなた自身に再び、ハートの波動を感じて発見する許可を与えてください。

   あなたが今いるところでは、ほとんどの人の場合、ベールの後ろで、あなたの恐れがしばしば心臓を凍りつかせるような、心臓の鼓動がますます早くなるような気がしています。あなたの中にある嘆きや悲しみは、まるで心臓が破れているかのようにハートに感じられます。もしよかったら、破れたハートを神に差し出してください。そして、あなたの聖なるハートに内在する神に、癒しを任せてください。

   この癒しが起こるのを許すたびに、あなたは再び細胞の記憶とつながることができます。すべての時空で、あなたは、肉体構造とDNAの遺伝系統から、恐れや悲しみを追い出すことができるのです。以前には感じたことがないような感覚で、あなたは身体を感じ始めます。また以前より、身体とつながっているという感覚が普通に思えるでしょう。身体はもっと優雅になり、痛みが、もっと早く軽くなります。それは、器官、筋肉、骨格組織などの身体の部分で、開放として現れるからです。

   許しの周波数とは、ハートの周波数なのです。
   あなたのハートに接続することによって、この生涯だけでなくこれまでの全部の生涯で、この贈り物を、マインド(表面意識)と身体に知らせることになります。魂は脳内の松果体の中心細胞に位置している、と多くの人が書いていますが、これは正確ではありません。実際は、身体が魂に宿っているのです。

   あなた方がオーラと呼ぶものは、魂の最も低い波動であり、魂は身体のまわりに外側へ向かって広がっています。魂は、身体を進化させようとするエネルギーをつくります。また、魂が、我々の健康や不健康のレベルを定義するのです。

   このハートの周波数を通して、我々は自分の魂と、我々皆がその一部である神の魂とつながります。あらゆる心臓疾患と、物理的生命のリズムを最も元気づけるものが、許しなのです。

   お互いを育む、もっとも効果的な方法は、相手の真実を聞いて、それを受け入れることです。次のレベルは、相手の真実を聞いて知り、相手をそのまま受け入れて、その真実のゆえに相手を愛することです。その次のレベルは相手の真実を聞いて知り、相手の真実がたとえどんなものであろうと相手を受け入れ、そして愛することです。これが、実は、許すことは何もない、という許しの本質なのです。

 book「レムリアの真実」「レムリアの叡智」「新しいレムリア」  太陽出版

              オレリア・ルイーズ・ジョーンズ著  

                           抜粋

「許し」とは、創造主の性質と神性

   あなた方はこれまで、自分よりも進化して悟っていると思い込んでいる他人やマスターたちに、そのゆえに権威を譲りわたしてきました。あなた方は、古代ローマ人や古代ギリシャ人がそうしたのと同じように、テロスにいる私たちをあなた方の神としてきました。ですが実際には私たちは、あなた方と少しも違ってはいないのです。

   「在ること」についての私たちの練習は、あなた方の多くがやっているような練習とは異なります。あなた方の練習は、マインド(表面意識)の技術であり、私たちの練習は瞑想に元ずいてはいません。私たちは瞑想するのではなく、「熟慮する」ことにしているといえるかもしれません。

   そしてそれらの練習で、私たちは高度の気づきに達することができるのです。
   私たちの練習は、視覚化やイメージのどちらでもありません。そのような技法は、まだ精神的な努力を必要としており、それはあなたであるものよりも、むしろあなたでないものに重点を置いていることなのです。

   ハートはそれ自身が感情的な知性を持っていて、影響を受けるすべてのことを感じて記録します。ハートがまわりの自然な、穏やかなエネルギーの波へと引き込まれるようになると、私たちは自分のハートを世界とつなげたことに気がつきます。私たちはあらゆる瞬間に、私たちのハートの教えで自分を満たして、細胞の記憶に蓄えます。最後に、私たちはハートの教えを、私たちのまわりの世界へ送り出します

   なぜなら、実はこれが創造の真の行為だからです。
   ハートの閃(ひらめ)きと情熱は、神性の閃きと情熱に結び付けられています。その時、マインドの注意がそれに集中します。というのは、意識が向くところに、それを支えるエネルギーも同様に行くからです。

許すべきことはなにもない

   レムリアのハートの練習から得られる、最大の真実の一つは、「許し」です。
   許しは、創造主の性質と神性です。霊的および感情的な滋養で、鍵となる要素の一つが許すことであり、さらにそれより深いのが、許すべきことは何も存在しないという真実を認識し、公言して生きる神性のレベルです。

   あなた方の多くは、過去の経験のトラウマに導かれて、霊的な道を歩いてきて、いま岐路に立っています。一つの道には怒りと嘆き、悲しみ、恥があり、もう一つの道には喜びと叡智、愛、創造性、真実があります。

   「恥」とは、損なわれた尊厳を回復するために、あなたにできることがある、あるいは他の誰かがあなたに対して出来ることがあるという幻想ですが、それは間違いで、それに対する償いや許しの機会はないのです。あなた方はこのような幻想を、社会や民族として教わってきました。

   しかしその実情は、過去に出来事が起こったときに、その当時起こったことを理解できるほど、あなた方が賢くなかったということなのです。わたしたちの次元でも、またあなた方の次元でも、犠牲者は誰一人いないのです。私たちは皆ここに転生して、神性の肉体的な表現の全域を経験することを選びました。私たちはみな、意識し経験しながら、永遠を過ごしている創造主の、神聖な表現なのです。

 book「レムリアの真実」「レムリアの叡智」「新しいレムリア」   太陽出版

               オレリア・ルイーズ・ジョーンズ著  

                           抜粋

「する」ではなく「在る」にとどまる

   マインドは何かを「する」のが当然と思われており、ハートの場合は、何かをするのではなく「存在すること」によってそうします。ハートの叡智のもっともかすかな周波数を聞くために、簡単で、しかも効果的な手法があります。それは意識的に、心臓の鼓動の音に集中することでです。低次のマインドの声から注意をそらし、体全体で心臓が打つ音を感じて、聴こえるまで聴いてください。もし必要ならリズムを感じるまで、実際に、心臓が鼓動する位置に指を置いてください。そしてあなたの存在の中心と一つになるのを感じるまで、このリズムの流れの中に入ってください。

   マインドからのコントロールを取り除くことによって、細胞内に蓄えられた元の周波数が、「あなたは誰なのか」を、そして他の人たちのハートのエネルギーが、「なぜあなたがここにいるのか」をあなたに思い出させます。ハートの周波数へ戻ることは、あなたを再び神性のエネルギーにつなげます。そして神性のエネルギーはあなたを導いて、本当のあなたを思い出させ、あなたを完全な意識へと戻すことができます。

   あなた方はマインドで熟考することが極めて上手になり、知的な評価と判断という手法を完成させてきました。しかしそうすることにより、自分自身とまわりのすべてとの間に、エネルギー的な隔たりができるのを許してしまいました。今、あなたはハートで考えることを思い出し、再び学ぶ時にいます。

   あなたが保持している細胞の鋳型は、あなたという存在のすべての起源であり、あなた自身のレムリアの起源もそこに含まれています。レムリア人としての自己は、あなたのハートの、エネルギー上の記憶の中に蓄えられています。人はそれぞれの独自性を持ちながら、全体の一部というエネルギーの鋳型を持っています。マインドは、あなたのレムリアからの遺産に関する情報を探しており、それは、あなたのその細胞の中に蓄えられています。

   あなたは肉体の転生から去って、物の労苦に悩むことのない、別の領域へ次元上昇しようと努めています。しかし、私たちは絶対の確信をもってあなたに言いましょう。あなたは、あなたが愛するのをやめてしまった肉体の中にこそ分離があると感じているようですが、あなたが超えなければならないのは、実はまさにその分離なのです。

   ハートのエネルギーのおかげで、あなたは人間の姿を保持しています。
   ハートの情報によって、あなたは肉体と霊性を再び一つにできます。それは生命を吹き込む力であり、あなたの魂と他のすべての魂をつなげるものなのです。あなたの心臓の鼓動は、あなたを細胞の記憶に同調させ、あなたが失ったと感じている霊的な楽園を思い出させます。しかし実際には、あなたがその楽園を失ったことはありません。あなたは、もはやすべての可能性に開くことのないマインドに権威を譲ってしまった後に、隔てるベールをつくってきただけなのです。

   ハートで選択し、ハートで生きることは、生きることについての愛の記憶を取り戻すことです。それは判断するマインドではなく、感じることのできるハートの導きです。マインドは人生のすべてを「すること」と定義するでしょう。それはマインドのように物事を起こそうとすることではなく、本来あなたが生まれながらに持っている権利であり、それは存在するすべてのものを利用して、受け取ることができる権利なのです。

        「レムリアの真実」「レムリアの叡智」「新しいレムリア」太陽出版
              オレリア・ルイーズ・ジョーンズ著  より抜粋

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »