« 自分の感情や感覚はその出来事に対する自分の解釈 | トップページ | 人間は「聖なる元素」に奉仕されて存在している »

人との関わりではできるだけ率直で誠実であること

ハトホル
   
均衡のピラミッド ①   
   底辺が正方形で、頂上の尖ったピラミッドを想像してください。
   その頂上はあなたがそこまで進化できるという意識の高みを表すシンボルである。

   我々がこれからお話する安定性の要素である4つの基点は、文字どうりこの世におけるあなたという存在の礎石であるといえる。注意深く以下の項目を読み、それぞれどのように感じられるかを心に留めておいてください。

  one. 4つの基礎の1つ目は、肉体を含め「カー」(生命力)、及び身体のすべてが強く活性化されている必要があるということ。あなたが自分の肉体、あるいは精妙なあらゆるエネルギーとの関係を確実なものにすることはきわめて大切である。それはあなたの意識がより高次のレベルへと上昇し始めた場合、身体がエネルギーを支え維持することができないと、肉体に引き戻されて、高い意識の状態に留まれず、下へ落ちてしまうことになるからである。

  two.2つ目は、自分自身を知り、調和した人間関係を築くことである。
   今日の地上には、人間関係を余分なものと見なし、積極的で肯定的な人間どうしの交流は必要ないと考えている人々もいる。我々の解釈では、そうした考えは誤りである。自らの体験や欲求や願望に正直であると同時に、そうした気持ちを自由かつ率直に伝え合えるような、明確で誠実な人々との関わりが必要である。

   古代エジプトの神秘学派の神殿では、人との関係についてある程度の人生経験を積んでいなければ、ふつう入門許可は下りなかった。入門志願者を受け入れるにおいて、その人の人間関係を含むすべてが審査の対象となった。志願者に肯定的でしっかりとした他者との結びつきが育まれていないと、せっかく意識が高まりつつある際に否定的な人間関係が妨げとなり、しばしば低次のエネルギーに落ち込むことになる。

   人との関係をとおした表現は、自分の未解決で不調和な部分を映し出して見せてくれるパワフルな鏡となる。他者との関わりを持たないなかで、自分は気づきや思いやりの心を持ち、ある一定の意識レベルに達していると信じるのは容易なことである。しかしひとたび人と関わることを選択すると、あなたはたちまち自分を知ることになる。

   なぜなら人は「あなたの気持ちを逆なでするもの」だからである。
   我々が見てきたところでは、ほとんどの人が自分の感情を切り捨てたり、真実を言わなかったり、本当の意図を自分にも人にも隠したりして、不快な状況を避けている。その結果、本来なら意識が明晰になる絶好の機会であるにもかかわらず、どんより曇った意識になってしまう。こうした状態が頻繁に体験されている。

   こうした不均衡が起きる原因は少なからずあるが、我々はその原因にいちいち言及するよりも、解決策を投じたいと思う。その解決策の基本は、人との関わりの中で、出来るだけ直接的で率直であること、そして自分の要求や願望を、できるだけ誠実かつ明確に相手に伝える努力をすることである。

   あなたのアセンションのピラミッドにある底辺の四つのうちこの2番目を実現できたとき、ピラミッドはさらに安定し堅固なものになる。それはあなたが、ピラミッドの頂点である高次の意識と気づきの状態に一歩近づく足場となるものである。 つづく 


                
                「ハトホルの書」 ナチュラルスピリット 

                        抜粋そたもの         

« 自分の感情や感覚はその出来事に対する自分の解釈 | トップページ | 人間は「聖なる元素」に奉仕されて存在している »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分の感情や感覚はその出来事に対する自分の解釈 | トップページ | 人間は「聖なる元素」に奉仕されて存在している »