« 我々は自分が黙認し、許した世界に住んでいる | トップページ | 体内、体外にある12のチャクラ(エネルギーの渦) »

自らを光に開いた人のDNA構造は組み替えられる

   親愛なる人間の皆さん、あなた方はいままさに冒険の旅に出ようとしています。
   この冒険を遂行できるのはあなたです。非物質界は絶えずあなた方をサポートし、光の家族のメンバーが絶えずあなた方を取り囲んでくれるでしょう。しかし、私たちが伝授する法則を理解し、それを地球に植え付けるのは、ひとえにあなた方にかかっています。

   私たちが教えるすべてのことをあなた方が実際に生きはじめるとき、すなわち、あなた方が自分の存在を信じ、共時性を信頼し、偉大なる計画の一部として存在することを信頼したとき、大惨事の真っ只中にあっても、また、信じられないほど不利は状況においても、人間界の三次元的な在り方を超えることができることを知るでしょう。

   12のチャクラは情報を満載した渦のセンターです。
   あなた方はこの情報を翻訳しなければなりません。あなた方は目的をもってこの地球へやってきました。その目的とは挑戦することです。それは「調和のとれた挑戦」ともいうべきもので、あなた方の調和のとれた在り方から、既存の古い振動周波数に挑戦することです。

   あなた方が他の人々とのあいだに軋轢を感じる理由の一つは、あなた方は進化の道をものすごいスピードで進んでいるからです。他の人々がこのようなことを好まないのは、彼らは今のこの段階では、あなた方と同じように進化するようにはコード化されていないからです。このようなコードをまったくもっていない人もいます。

   この種の活動の近くにいるだけでも力を得ることができます。
   ですから、この周波数の大転換期に参加することを決意して、この時期に地球に存在している人々すべてに、敬意を払ってください。このような参加者すべてが必要とされています。なぜなら、地球上にある周波数の数が多ければ多いほど、古い周波数を変えるためのエネルギーをより多く生み出すことができるからです。

   自らの体を光に向かって開いた人は、文字通り、肉体を作り直してもらっています。
   ときには夜中に目を覚まして、それを感ずることがあるかもしれません。この肉体の作り替えとは、つまり、DNAの構造を組み替えるということです。

   あなた方のDNAはフィラメントです。
   科学者はそれを接続フィラメントと呼ぶかもしれません。科学者たちはこれまでのところ、DNAの一部にある種のコーディングがあることを発見しました。彼らはまた、DNAには余計なものがあることも発見しました。別の言い方をすると、彼らにはどう解釈したらよいのかわからない部分があって、DNAのこの部分を、「ジャンクDNA」と名前をつけました。

   あなた方はみな、創造神によって創造されたということはすでに話しました。
   あなた方は、将来、増築可能な家のように作られています。科学者が「ジャンクDNA」と呼んでいるものは、永い間、あなた方の体のなかで眠ってきましたが、いまそれが、活性化されつつあります。

   私たちの教えでは、酸素を取り込むことは非常に重要であることを強調します。
   というのは、酸素はコードに滋養を与え、ジャンクDNA―実は全然ジャンクではないのですが―を呼び覚ます働きをするからです。

   科学者たちが「ジャンクDNA」と呼んでいるものは、あなた方の体の奥深いところにあって、特別な知覚を宿しています。この知覚こそ、あなた方が、すべてを知覚する存在、すなわち、四次元の存在になることを可能にしてくれるものです。

   このDNAの目覚めによって、あなた方の視覚が変わり、聴覚が変わり、寿命が長くなるなど実にさまざまな変化が起きます。科学者たちにとって謎の存在であった、DNAの眠っていた部分が、いま、目覚めようとしています。

            「プレアデスかく語りき」バーバラ・マーシニアック著
                   太陽出版    から抜粋

« 我々は自分が黙認し、許した世界に住んでいる | トップページ | 体内、体外にある12のチャクラ(エネルギーの渦) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 我々は自分が黙認し、許した世界に住んでいる | トップページ | 体内、体外にある12のチャクラ(エネルギーの渦) »