« 善いものはより善く、悪いものはより悪く | トップページ | 自分に対する不快な感情に留意する »

インディゴ・クリスタルチルドレン

   生まれてくる子供は、体と脳の機能が完全であるか否かに関わらず、いわゆる肉体的障害や知的障害を持っていようと、誰でも光の魂を持って生まれて来ます。それは神と一体であるところの意識であり、生前の選択を完全に自覚しています。その魂レベルでの気づきは、もっとも深刻な「知的障害」の人々にはそのまま残っています。

   しかしより健全な脳を持つ人々においては、親からの教化や、仲間からの圧力、学校教育や宗教の教え、社会的な思想や常識といわれるものの外的影響によって、その「気づき」はかなり後退してしまいます。それは霊的な成長によってだけ、外的な影響から自己を開放することができるものです。そして「みずからの内」に入ることで、魂からのメッセージを意識に受け取ることができます。

   ここである教育者の声を要約します。
   それは、「学生たちはどうして自分で考えて、判断し、常識を使わないのでしょう?」というものです。現在の地球上の教育制度を支配し、その教科書や教材を作ったのは「イルミナティ(啓発されたものの意)」です。彼らの目的は、質問せず、教えられたとおりに考え、行動するロボットのような人間を作り出し、社会に送り出すことです。

   彼らの支配の及んでいるものには、テレビ番組や広告、スポーツ、暴力的ゲームや騒々しい音楽入りのポータブルゲーム機、ゲームセンター、そしてインターネットポルノなどの分野に及んでいます。これらの「闇の存在」の考え出した「計画」が、膨大な若者たちの「レベル低下」を成功させてきました。しかしこの状況も変わりつつあります。

   今多くの教師たちが「光を見る」ようになっているので、その影響で学生たちは自分の心や才能の開花と、技術開発の意欲を持ち始めています。また炭素構造ではなく、クリスタル細胞構造の強化DNAの体を持つ魂たちが生まれつつあります。彼らはその名の通り、クリスタルチルドレンと呼ばれています。優れた知的能力と霊的な明晰性、また大きなこころざしを持った子供たちが、インディゴ・チルドレン、クリスタル・チルドレンと2世代を通じて地上にやって来ています。

   しかし悲しいことに多くの場合、このような子供たちは異常だと思われることが多く、そのために手荒く厳しい扱いを受け、おとなしくさせるために薬が使われています。・・・これもまた、「闇の存在」のたくみな計画で、「上」からの指示に疑いを持たない教師やカウンセラーや親たちをうまく納得させることに成功しています。つまり、このように変わった子供であれ、特別な子供であれ、その他大勢の「普通」の子供たちと”同じようになる”のが一番いいとする考え方です。

   クリスタルとインディゴの子供についての知識が広まるにつれて、啓発された大人の中には自分の隠れた才能に気づいて、そのような人生を始めている人々もいます。また、まだ小さい子供たちの恵まれた才能に気づいた親たちは、賢くそれを育てるようにしています。並外れて活発な精神の子供たちを、「薬」で喪心状態にするようなことは減っています。そして、優れた音楽が非常に効果的であることを示すかのように、青年合唱団やオーケストラが増加しています。

   あなた方は判断し、分類しますが、その分類が差別感を助長していることに気づいているでしょうか。それは人々における相違点、多数に対する少数の差別、優位に立つ者の不平等などです。競争を作り出す目的で、政党、宗教、人種、文化、職業の肩書き、思想、社会的地位などにレッテルを貼り、あなた方の中に分断と亀裂を作り、「あらゆるものはワンネス」という宇宙の真理からあなた方の心を遠ざけてきたのも、「闇の存在」の一つの計画でした。

   
あなた方は「父なる神」の表現に慣れているので、あなた方の定義では「母」は女性で「神」は男性ということになっていますが、問題は定義ではなく、実際の宇宙の現実がどうなっているのかということです。この宇宙の至高の存在は神です。ほかの宇宙では女神であるところもありますが、いずれの場合でもこれらの存在は両性具有であり、女性エネルギーと男性エネルギーのバランスがとれている状態です。創造主はあらゆるエネルギーの源であり、大宇宙を含む宇宙全体にあるすべての生命力です。純粋なる光と愛である創造主のエネルギーを用いて、宇宙の統治者たちは、それぞれの宇宙領域においてすべてを創造します。

   その中にはさまざまな天体や文明社会の人々、そして植物界や動物界、鉱物界のすべてが含まれており、そのそれぞれが構成要素と環境の波動に合ったレベルの意識を持っています。このようにして存在するあらゆるものは、あるレベルの意識を持っているのです。そして環境全体がより高い波動レベルに上昇するに連れて、その環境にあるすべてのものの意識能力も増大します。

   今の話を地球に当てはめて話します。
   あなた方は石ころや土、また自動車など製造された物に意識があるなどとは思ったことがないでしょう。しかし形のあるものはすべてが原子で出来ていることが理解できれば、あるレベルの知性や意識によって変化が起きるはずであることが分かります。どんぐりが樫の木になることも、結晶作用や侵食、さび、腐食、火災や潮の満ち干きなどのすべては、彼らのレベルにおける意識のプロセスなのです。

   スプーン曲げは、本人の「スプーンを曲げられる」という思考から来ています。
   思考がやろうとしていることに集中できている限り、それに向けられた思考エネルギーがスプーンの分子構造を変化させ、その組成構造を柔軟にさせるのです。その意識の集中が終わると、スプーンはそのままの形ですぐ硬くなります。これは金属の意識だけでなく、思考パワーのよい例です。

   ピラミッドの形状の均一に配分されたエネルギーは、地球内部から大気へ、また大気から地球へと戻っていくエネルギーの流れを創っています。それは呼吸の伸縮運動サイクルがあなた方の生命を維持しているようなものです。これらの構造物は、惑星生命の維持を助ける目的で三次元密度に置かれているものです。波動がより高い世界では外的な助けがなくても、エネルギーが継続的に流れています。ピラミッド体を実在として、また想像上のものとして使うことで、それを聖なる形状、配置とみなすことができます。そのゆえにエネルギーの変化に敏感な人が、ピラミッドやそのような形状のものに特に心を引かれるのです。

   「
現在の地球の移行時期に、芸術の役割はなんでしょうか」という質問にうれしく思います。それは後世に残すことでもあり、真の芸術家である画家、彫刻家、詩人、作曲家、ミュージシャン・・・が創造するものは、いろいろと考えて練ったものが投影されたというよりも、魂にあるものの表現で、中から流れ出てくるものです。彼らの制作は気持ちよりもむしろ心からの表現です。「音痴」でも、「不器用でよくわからなくても」とても心を揺さぶられるという人たちは、自分が芸術家として生きた転生の細胞レベルの記憶が反応しているのです。

   しかしあなた方よりも進化している宇宙文明の人々には、あなた方の「専門家」が「芸術だ」と呼ぶもののすべてが、それに値するとは考えられないことは確かです。ユニークなアイディアであるとか、うまくいった冗談のようなもので、そこには心から溢れるような美しさがないことも確かなのです。やがて高い波動と調和することで、繊細な審美眼で芸術が選択され、鑑賞されるようになると、その形状や音の醜さとは、その時代の気分と態度の表現の多様性であることが理解されるようになるでしょう。

   音楽があなた方のエネルギーと精神性に与える影響の重要性は、決して強調しすぎることはありません。クリスマスの時期に伝統的な音楽の波動、特に「くるみ割り人形組曲」と「クリスマスキャロル」のオーケストラ編曲とコーラス・・・などは心の弦に触れます。このシーズンの同様な最近のポピュラー音楽には、そのような高い波動はありませんが、それでも人々を幸福な気持ちにしてくれます。現代の音楽の大半は、その中でも「ヘビーメタル」の耳障りなサウンドは特に、あなた方のバランスに必要なスムースなエネルギーの流れを阻害します。


宗教こそが真理を妨げている 

.  
   「キリスト教の真実」が知られるようになると商業の重要性が減るので、さらに経済が悪化することになるとあなた方は思っていることでしょう。しかし実際には、その真実は人類にとって大きな贈り物なのです。なぜなら「心から分け与える」という、自分でもまだ知らない内部の力に手を伸ばすことであり、当たり前に思っていることに感謝する機会に恵まれたことです。また人類全体と地球自身にとってさらに素晴らしい贈り物は、宗教の違いを超えて霊性が開花していることです。

   宗教による信仰ほど、あらゆる魂の中にある神意識を否定し、あなた方が真理を知ることを妨げてきたものはありません。それはあなた方一人ひとりが神であり、この宇宙の統治者とすべての魂が全体の一部を成すワンネスであるという真理です。



     「マシュー君のメッセージ」 スザンヌ・ワード
                  「玄のリモ農園ダイアリー」からの引用





                          
                    

   


   

   

   


   

   

   
   

« 善いものはより善く、悪いものはより悪く | トップページ | 自分に対する不快な感情に留意する »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 善いものはより善く、悪いものはより悪く | トップページ | 自分に対する不快な感情に留意する »