« 「本能」を刺激することでコントロールされる人類 | トップページ | 世界統一宗教 »

地球の真の支配者とは誰か

   秘密政府の中枢部の人間がそのサークル内で対立したり、いがみあうことはありません。そんな話は故意に流されたデマであり、彼らの存在に注意を向け始めたり、大衆に事実を伝えようとする人々を欺(あざむ)くために計画されたものなのです。もしもあなた方に、集団勢力としてではなく個人として考えさせることができれば、人間としての経験という独自の分離主義的方法で秘密政府を表現できるようになるでしょう。そして親愛なる地球の皆さん、そうなればあなた方が支配者の存在に対する認識を深めることで得たパワーを世に広めるであろうことを彼らは知っているのです。認識を深めた結果、人間の精神は変化を始めますが、それを阻止するための彼らの秘密の技術について詳しく説明しましょう。

   ここで重要なことは、国際社会の一員として、地球上でこれから起きる出来事に対する責任をあなた方が受け入れることです。たとえ秘密政府に水面下で操作され、潜在意識を支配されていたとしても、「自分は自由意志を持つ存在なのだ」ということを決して忘れてはなりません。あなた方がするべきなのは、過去において、そして現在の社会における真の指導者である、人間の本質を象徴するような人物、つまり物質的報酬や肉体的快楽で買収されることなく、黙認したり服従しない(しなかった)人物について考えることです。このような人物はあまりにも啓蒙的なので、単純にその光を影で覆ってしまおうとすると、逆に輝きを強調することになってしまいます。それはちょうど、日食時の太陽の光がかえって人目を引くのと同じようなものです。

   慈悲の心と明晰な精神を持った人物の見本であり、菩薩(ぼさつ)でもある「ダライ・ラマ」のような素晴らしい精神的指導者がこの世には存在しています。また一致団結して平和的に抵抗するものたちの発する声がどのように響き渡るのかを人々に示した、「マハトマ・ガンジー」や「マーティン・ルーサー・キング」のような指導者もいました。それだけでなく、社会への貢献と人類に対する慈愛によって強化された鋭敏な知力を使えば、いかにして人々を幽閉する壁を破壊できるのかを、行動によって示してくれた先人もいます。それにあなた方の中にはライトワーカーも存在します。これらの人たちは暗い空間をさまざまなレベルで癒し、個人として、共同体として、国際的に働きかけているのです。

   世界中の60億の人々に1円硬貨が配られたときの購買力について考えてみてください。それは合計すると60億円になりますが、一人一人にとっては1円はまったく価値のない金額であり、「文明化された」世界の多くの人々の生活において、たった1円で手に入るものは何もありません。もっとも貧しい国においてさえ十分な報酬にはならないでしょう。60億の1円硬貨も、地球上のすべての人々に一枚ずつ与えられた場合には、たった一人の子供を駄菓子屋でほんの少しの間喜ばせることもできないということがわかります。したがって、合計は相当な額でも、分配されると、つまり形を変えてしまうと無価値に等しいものになってしまうということです。人類もこれと同じで、自己中心的な個人としてバラバラに行動すればその60億分の1の1円硬貨ですが、その能力の総計である60億の人間の力を結集させれば、畏(おそ)れるべき偉大な存在となるのです。

   あなた方が共通の意図のもとに団結して、至高の目的を達成させるという理想にいつも意識を集中させていれば、どうして支配されたりするでしょうか?
   一人一人の声を合わせれば、現在人間を完全に支配しているすべての電磁周波数の不協和音はたちまち消えてなくなるでしょう。あなた方のオーケストラが奏(かな)でる天上の音楽はすべての人の耳に届くはずです。そして2000人の支配力は波に吸い込まれて消えうせるでしょう。だからこそ私たちは訊(たず)ねているのです。地球の真の支配者は誰なのか、と。

   秘密政府の本部が置かれているのはアメリカです。
   しかし世界中に存在している彼らのような、つまり大統領や高級官僚、世界的な指導者といった人物は単なる傀儡(かいらい)に過ぎないということを覚えておいてください。彼らは真の意思決定権は持っていません。つまり彼らは権力を持つエリートとして戦略的に、大衆向けに作り上げられた単なる幻想にすぎないのです。彼らがどれほど強力に見えたとしても、チェスで言うならばマスターの手にある一つのポーン(歩兵)であり、秘密政府のデコイ、つまり「実物大のおとり模型」であることを忘れないでください。彼らは「上」からの指令に従って2000人のために働き、闇の計画である人類を覆うネットワークのために富と権力を築いているのです。

   そのネットワークから抜け出した人たち、つまり正義と真実に対する忠誠から人類の真の代表になろうとする者は、その目標を達成する前に抹殺されます。誰のことを言っているかはあなた方にはわかるでしょう。単に記録を見直すならばわかることであり、そうすれば暗殺されてきた歴史上の指導者たちの多くは必ず、世界の平和と平等のために、そして人類の可能性をより高い次元で実現させるために力を尽くしていたということがわかるはずです。

   世界の国際政策を公然と決定し、世界経済のルールを設定しているのは、世界に唯一現存する「アメリカ合衆国によって指揮される共同軍事施設」であることを明らかにするべきです。「民主主義」はこのようにして世界中に普及されるべき、というのが彼らの主張なのです。でも私たちはもう一度あなた方に訊(き)かずにはいられません、本当に地球を支配しているのは誰なのでしょうか?

   しかしその一方で、現代の世界の将来を決定しているのは「選挙によって選ばれた」指導者であるという作り話を信じている人々もいます。中には未だに、権力という幻想に執着した専制君主や、独裁者によって統治されている部族国家もあるのです、さらに自らの罪を悔改めよとあなた方に説いては、これが究極の教えだと主張する司祭や聖職者も存在します。しかしこのような人々は、人類に希望を与える壮大な天体である地球の真の支配者ではないのです。あなた方はもう二度と、闇の君主の幻影の前にひれ伏したりせず、自分の足で立ち上がるという決意を固めることです。あなた方はもう充分自分自身を卑下してきました。しかも必要以上に自分を犠牲にして、彼らに奉仕し、服従してきたのではありませんか? 愛しい子供たちよ、今日この瞬間から真実のために立ち上がろうとは思いませんか?


   よく聞いてください。
   最終的に地球世界を支配するのは、偉大なる天体であるガイア自身なのです。あなた方はより重大なこの現実を見失ってはいけません。天空の女神ガイアは、宇宙の意識の集合体であり、自らが生み出した地球上のすべての生命の行く末を最終的に決定するのはガイアなのです。地球でもっとも知的な生命体であるあなた方は、ガイアの生態意識の集合体なのであり、それは人間の本質である細胞や原子が人格を成しているのと同じなのです。オマージュ(誓い)を捧げるべき対象があるとすれば、それは偉大な惑星である地球なのです。森林や山、海へ行き、彼女を称賛しましょう。ガイア地球の叡智を胸いっぱいに吸い込み、その壮大な姿を仰ぎ見て、脈打つ母性の鼓動を魂を通して感じてください。

   地球の歌を歌いましょう。
   そして子供たちには、彼ら自身がガイアの守り手であることや、あまりにも長い間地球が悩まされてきた不調和の問題に真剣に取り組むことによって、よりよい未来を作る手助けができるのだということを教えてください。子供たちが地球の問題について関心と自覚を持ち、ガイアに畏敬(いけい)の念を抱くように励ましてください。そうすればガイアも怒りを静めて、その愛情に応えてくれるでしょう。古代においても現代においても、人間社会の深部に存在している秘密の解明をするにあたっては、まずあなた方の中に眠っている素晴らしいパワーを再発見してもらいたいのです。

   まずは聞く耳を持ち、自分の目で見る能力を持つことから始めましょう。
   あなた方が偏見を持つことなく、私たちの教えに耳を傾けてくれていることを確信しています。まだ進むべき道や方向が見つけられず、探し続けている人々に、この叡智を伝えてください。真実が隠されている部屋にレーザー光線のような鋭い知識の光を差し込み、闇の支配者から秘密を剥奪するのです。
   偽りの指導者はもう必要ありません。


      シリウスの超叡智③
     
「あなたはいまスターシードとして目覚める」 パトリシア・コーリ著 徳間書店

                          抜粋したもの



@@@@``@@`@@@@@******@@@@@@@:******`@@@@@@@:********`@@@@@@::********@@





   

   

« 「本能」を刺激することでコントロールされる人類 | トップページ | 世界統一宗教 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「本能」を刺激することでコントロールされる人類 | トップページ | 世界統一宗教 »