« 監視されている人類 | トップページ | 全世界の個人に割り振られるバーコード »

愛を拒否するアヌンナキの子孫たち

   地球におけるあなた方人類の集団意識を見てみると、「権力者たちが宇宙の未知の世界を探求するのは、人類にとっての新しい世界の発見と拡大が真の目的なのだ」、と未だに信じていることがわかります。しかし、打ち上げられた衛星が持ち帰った情報などにより、あなた方に提供されるものは多いのですが、真実の大部分はあなた方には知らされていません。彼らの宇宙における地球支配計画の真実については、完全な機密性が保たれています。(アトランティスの時代の)古代のグリッド(電磁網)の再編や、宇宙空間およびあなた方が認識できる境界線に設置されている監視システムの真の目的については、ほとんど何も知らされていません。あなた方はこのような秘密事項に関して、考えることすら許可されていないのです。

   人間のあらゆる思考や活動、発言などを潜在的に支配し、変化させることのできる「科学技術」というものが存在しており、彼らはそれを導入することによって、あなた方を人間の持つもっとも下等な波動に共鳴させることができると信じています。またガイア地球そのものを強力な電磁力の旋風に巻き込み、軌道に引き込むことで、ニビル(星)の周波数に同調させることができるとも彼らは信じており、その目的が達成されるまでそれを秘密にしておけると思っています。
(これに関する詳細は、8月の[ニビル星人の真の目的]をご参照ください) 彼らは、自分たちの祖先であるアヌンナキがアトランティスの時代にやったと同じように、今回も高次元からの意識の光を阻止することができ、自分たちのネットワークを守れると思っているのです。

   しかし、それは間違いです。
   今、ガイア地球の進化を推し進めるエネルギーと、あなた方人間が持っている信じられないほどの能力は、人類が次元上昇しようとするこの段階において非常に高められているので、地球を包みこむもっとも邪悪な電磁グリッド(網)をもってしても、結局は、あなた方を抑圧して、その意志を挫(くじ)くことはできません。

   現在の人類における世界情勢を左右する者たちは、あなた方ホモサピエンスを過少評価するという、戦略的なミスを犯したのです。

   彼らは人類の一部の人々を、「自分たちは駄目な人間で、進歩せず、絶滅寸前の死に行く文明なのだ」と信じさせてきました。「聖書の黙示録」は彼らのために存在するのであり、そのゆえに黙示録こそが彼らの「生きる糧」なのです。そのために彼ら自ら引き起こした暴力のあるところに現れては、それらの意味することや人類の運命について黙示録を語り、人類の理想にすり替えているのです。

   しかし彼らは、あなた方人類がいかに不穏な静寂を破り、緊急に迅速に行動することができるかについてあなた方を侮(あなど)ってしまったのです。そしてそれと同時に彼らは、あらゆる次元や時空を超えて存在する普遍的な愛と、闇そのものをも超えて広がる愛情という栄光を、またもや自ら拒否したのです。

   地球の周りの神聖な外部空間を、電磁波や電磁指令システムで包んでしまおうとする彼らの計画には、彼らの権力に従う監視人を生み出すというメリットよりも、はるかに意図的な悪意があるということを認識してください。戦略的防衛が改善されたといっていますがそれは偽装工作であり、それらがあなた方に知らされることはありません。今では地球外部に設置されたその装置から、ある周波数が雨のように降り注いでおり、それがあなた方の身体の一つ一つである細胞の意識に、どのような反応や変化を引き起こすかを観察しています。あなた方によく考えてほしいことは、なぜ彼らがそれらを観察したり、耳をそばだてることに執着するのかということです。

   それは、あなた方がまだ拒否する術(すべ)を学んでいないからなのです。
   つまり、それの意味することは、あなたがた人間がそれらを認識することで意識的に彼らの企みを拒否するならば、彼らアヌンナキの子孫たちはあなた方人間を支配することはできないということなのです。

   世界各国の政府というものは通常、あなた方の個人的な会話を傍受し、文書を複写し、Eメールを盗み読んでいます。あなた方が知らないだけで、誰でも、そしていつでも好きなだけスパイ行為をすることができるのです。そしてこれらのことは「国家安全保障」の名のもとに、世界中のテロリストや敵対者、および「ならず者国家」を抑制する手段として正当化されています。

   2005年に米国で立ち上げられた新世代の偵察衛星には注意してください。
   このシステムは、世界中の軍の情報コミュニティによって地球の周りの「敵」の動きだけでなく、地球上のどんな個人活動に関する情報も、いつでも、どこでも得ることができます。これは明らかなテロ行為ではないでしょうか。それともあなた方の主権の侵害が、もっとも邪悪な行為であるとは考えられていないのでしょうか?

   アヌンナキの末裔(えい)たちの秘密政府の総本部であるアメリカ合衆国は、NASAの「略奪目的の事業計画」を隠し、宇宙空間において比較的自由に活動しています。新たな兵器システムである対弾道ミサイルシステムの当初の説明は、もっぱら地球の平和を乱すものに対する抑止力として働くというものですが、それは実はありとあらゆる対象を選び出して攻撃することができます。「平和維持」国家であるアメリカが、「平和」のために日本に原子爆弾を投下した当時の核攻撃に劣らない不吉(ふきつ)さを、その力が感じさせるはずです。

   あなた方の世界情勢に対する認識は、彼ら秘密政府のために働くメディアによって管理され、操作された情報に基づいています。しかしそれにしても当時の「やらせ事件」であった真珠湾攻撃と、それに対する「正当な」核爆弾の報復に対して、あなた方地球上の人々がわずかな記憶しか持っていないということは、私たちにとっては信じがたいことです。同じ者たちの手によるはるかに破壊力を持つ武器である、宇宙からのテスラ粒子ビームの殺人光線や、スカラー電子についてよく考えてみてください。それらを銀河系の防衛システムとして認識するようにと人々に言われているものは、いったい何なのでしょうか?




     「シリウスの超叡智3」
     「
あなたはいまスターシードとして目覚める」 パトリシア・コーリ著 徳間書店

                          抜粋したもの



@@@@@@:*****@@@@@@******@@@@@@@@**@@@@@@@**@@@@@@@******@@@@@@@




« 監視されている人類 | トップページ | 全世界の個人に割り振られるバーコード »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 監視されている人類 | トップページ | 全世界の個人に割り振られるバーコード »