« あなたはどちらを選択するのか | トップページ | 憎しみと復讐の神 エホバの改心 »

人類は絶滅するような生命体ではない

   2012年1月21日に正式に地球ロゴスとして立たれた意識体は、実際には新しい「意識のグリッド」を完成させるために、2011年11月11日には地球に降りていた。グリッドとは網目状に広がるネットワークのことで、私たちは地球を覆うエネルギーのネットワークに個人的につながっており、そのおかげで、それぞれの生命体が地球につながることで生命活動が維持されている。それはちょうど母親の胎内にいる胎児のように、胎盤からへその緒を通して栄養を補給されて育つように、人間だけでなくあらゆる生命体はこの胎盤と同じような役割を持つグリッドからエネルギーを受け取っている。

   このエネルギーは同時に情報でもあり、あなた方が直感的に危機感を覚える時や、「なんとなく不安」といった根拠のない感情的な情報を受け取るのもこのグリッドからなのだ。このグリッドはさらに細かく網目状にタイプ別に分かれており、たとえば人間には人間のグリッド、昆虫には昆虫の、植物には植物のためのエネルギーグリッドがあり、さらに人間の中でも白人や黒人、黄色人というようなグリッドもあり、文化別に異なったグリッドもある。このように地球には、それぞれの意識活動に合わせて実に豊かで多くのグリッドがあり、そのおかげでさまざまな考えや価値感を持つ人間たちが同時にここに存在することができる。これは地球の持つ大きな特徴でありチャレンジでもある。

   しかしこれまで、地球のグリッドが大きくバランスを崩すような損傷を受けていたことが原因で、人類の意識レベルをこれ以上進化させることができなかった。その結果さまざまな二極性はアンバランスな状態で、自然界や人間の社会に不調和と不均衡を生み出し続けてきた。つまり今のままのグリッドでは、その状態を修正し進化させることは不可能であったのだ。

   私たちがこの先無事に、宇宙の「セントラル」と呼ばれるブラックホールに似た場所を通過して新しい次元に突入するためには、まず古い価値感や考え方などの古いグリッドから外れてバランスと調和を取り戻し、この新しく高い振動数のエネルギーで構成されたグリッドにつながる必要がある。

   私たちはこれまでの転生で何度もこのプロセスに挑戦してきているにもかかわらず、なぜ再び今、進化した地球に行かずにここに存在しているのかと考えるとき、自分の取り組みが足りなかったような劣等感や罪悪感で気が滅入ってしまう人も多いかもしれない。しかし先に魂の説明で述べたように、あなたの過去はあなただけの過去ではないので、そのような思いはきっぱりと捨てることである。また私たちは一人で進化し、一人で次元上昇しようとしているわけではないことを忘れてはいけない。この大きな宇宙のイベントは、魂の巨大グループも含めてあらゆる意識が進化上昇し、まったく新しい世界を創造するというものなのだ。

   そのためには個人的な取り組みも大切ではあるが、それ以上に地球上のすべての生命との調和やバランスを作ることがより重要なことである。私が知る限りでは、この地球という惑星のように沢山の植物や動物、昆虫などの多くの種類が存在する星は、他に未だ見たことも聞いたこともない。それだけにすべての調和をとることは非常に難しいことには違いないが、この豊かな多様性を可能にしているのは、地球という母なる惑星が多くのグリッドを機能させる力と受容力を持ち、彼女の意識の周波数帯域が非常に広いからに他ならない。

   しかしながら今地球は、その幅広い周波数帯域を徐々に狭めていっているところである。なぜなら地球が次元上昇のために「セントラル」を通過するには、二極の統合と、同時にこの周波数帯域の幅を集約させる必要があるからだ。そのために、地球で生きられなくなったたくさんの生物たちが絶滅している。つまり、毎日のように増え続ける動物たちの絶滅の原因が、すべて環境汚染にあるわけではない。環境汚染は私たち人間の「付け」だと思わされているところがあるが、実は決してそれだけではないのだ。

   資源が足りないという状況は必然的に資源の価値を上げることになるので、それによって利益を得ようとする者たちは、当然有り余る資源を望まない。そしてそのような組織は、意図的に環境破壊や環境汚染を行なって資源となるものを潰すのである。今後起きてくる天変地異のプロセスにおいて、もっと多くの生き物たちが今の地球から去っていくだろう。なかにはクジラやイルカのように一足先に、進化した形をとって新しい地球へ移っていくものもおり、そうでないものもいる。このような状況の中で残っていく動物や植物の遺伝子は非常に生命力が強く、しかも知性的なので、この後新しい地球に移っていく人類と同じように彼らも進化し、何らかの変容を起こしているはずである。

   私たち人類は幸いに、淘汰されて絶滅するような生命体ではない。
   そして宇宙の叡智を持つ多くの高次の存在や意識体が、2011年3月以降、積極的に人類を「残して」進化させるために救済活動を初めている。なぜなら、ホモ・サピエンスである今の地球人類にはまだまだたくさんの可能性が秘められており、宇宙の生命体の中でも最も優れた脳と肉体を持っているからなのだ。私たちは今のところ、どのような状況にあろうと、脳を完全に機能させることはほとんどない。しかし特別な訓練を受けて脳を90%以上使うようになると脳はまったく違った機能を果たすようになり、まるで魔法使いのように物理的次元を生きるようになる。このように人間の脳や肉体は、宇宙の生命体の形の中でも最も高度で精密に設計されており、その可能性がどれほどのものなのか、実はまだ誰も知らないのである。

   しかし人類がそのような資質を持っているとしても、私たちが自分自身の意識を高め、新しいグリッドに意識を同調させることができなければ、セントラルに突入することはできない。そして一人ひとりの選択はそれぞれに異なる。新しいグリッドに意識を同調させることに成功して新しい地球を選ぶ人もいれば、これまでの地球に再び転生して生きることを選択する人々もいる。もっと細かく言うと、それ以外の選択肢がある可能性もある。そして宇宙は最後の一人が古い輪廻転生の輪から解放されるその時まで、何度も魂の情報を組み替えながらチャレンジし続ける。地球はそのためにあえて、同じ時代を繰り返せる挑戦の場を与えてくれるのだ。

   2011年までには何とか次元上昇できるようにと頑張っていた人々も、今年に入ってあまりに時間がなさ過ぎることを実感し、少し諦めている人もいるかもしれない。しかしあなた方が持っている時間の概念は、時間の本質ではない。そのことについては後に話すが、今はただ「間に合う」という概念を捨てて、「今という瞬間をやり尽くすことで必ず達成する」という概念に切り替えることが、結果を変えていくことになる。

   まずは新しく準備された高い振動数のグリッドに、安定した状態で確実につながることを当面の目標に設定することである。先述したように、従来のグリッドからあなた方はエネルギーや情報を受け取ってきたが、新しいグリッドは今までよりも高い振動数で構成されているために、それにつながるあなた方の脳機能は変化せずにはいない。その結果、あなた方の意識や思考、感情や感覚だけでなく、いままで思い出せずにいた魂の記憶が顕在化することで、多くの人々が宇宙的な感覚を取り戻すことになる。これはは自分の高次の意識と統合された状態であり、それぞれの魂が持ち運んできた自分の課題を思い出し、その課題を一つ一つ確実にクリアしていくことができるようになる。

   また脳機能の変化は肉体的な機能にも変化を起こさせ、松果体の中のマスターセル(細胞)が活性化し、さらにマスターセルの中にあるマスターDNAは、人間の進化に向けて変容をもたらす。それらマスターセルとその中にあるマスターDNAに変化が起きると、それがひな型になってすべての細胞やDNAに同様の変化が起きる仕組みになっている。そしてもし地球上の環境が大きく変化し、懸念されているような地球の寒冷化や酸素濃度、宇宙線の増加に伴う変化に対して、充分対応できるような肉体に順応する変化を引き起こすのである。

   しかしこのグリッドは、非常にバランスのとれた中にすべてが循環している状態なので、もしあなた方の意識や思考において相反する二つの要素が対立していたり、葛藤するアンバランスな要素を持っているならば、ここにつながることは難しいと言わねばならない。そこで新しいロゴスは、私たちが新しいグリッドに確実につながるように早急に二極のバランスをとる必要があった。

   今まで私たち人類がつながれていたグリッドは、「完全にバランスが失われた状態に破壊されていた」とマスターたちが教えてくれた。その結果、両極のバランスを失った人間たちは、自分にとって有害なことであっても無意識にそれを行なっている状態だというのだ。確かに考えてみると人間たちが正常な意識状態であれば、これほどの夥(おびただ)しい原子力発電所を地球上に作ったりはしなかったはずだ。そしてこんなに不均衡な暴力的な社会をこれほど長い間続けたり、あらゆる病気を作り出したり、支配するために戦争して殺しあったりすることはなかったはずなのだ。

   あるアメリカの製薬会社に関する機密文書には、驚くべき事実が記録されていた。
   「血友病患者のために作られたある薬は、確実にエイズウイルスに感染していることがわかっていたのでアメリカの市場からは撤退させたが、その後フランスをはじめとするヨーロッパやアジア、ラテンアメリカで販売された。アメリカはこのことを知っていたにもかかわらず見て見ぬふりをし、FDA(米国食品医薬品局)はこの事実を承諾していた。そして血友病患者はエイズウイルスによって何千人も死亡した。その会社は薬が確実にエイズウイルスに感染したことを知っていたが、この災害を利益に変えるために行なった。」

   こんなことがまかり通るほど、私たちの社会は腐敗している。
   そしてこのような社会を長い間継続できたのは、そのような不均衡と不健全な思考を生み出す、破壊されたバランスのグリッドが働いていたことも原因の一つと言えるのだ。


       book 「宇宙パラレルワールドの超しくみ」
        サアラ著 Saarahat(E・T ソウル/宇宙連合メンバー) ヒカルランド

                           抜粋



        

« あなたはどちらを選択するのか | トップページ | 憎しみと復讐の神 エホバの改心 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あなたはどちらを選択するのか | トップページ | 憎しみと復讐の神 エホバの改心 »