« イエズス会 | トップページ | 「エデンの園」で生きることあなたはを望むか »

我々は地球と共に変容することを選択した

   人類はこれまで、社会という枠組みの中で二極のゲームに取り組んで来た。
   そしてあなた方が2012年といっているマヤ暦最後の日は、まさにこのゲームの終焉を告げている。私たちがこの次元でのゲームを終わらせ、次のフィールドに移行していくためには、今や最大限に広げられた両方の二極を統合し、中立なポイントに焦点を合わせる必要がある。そしてこの中立なポイントこそが、私たちのすべての原点である「ゼロポイント」につながり、次元上昇へと続く道の入り口になる。そしてこの作業を確実にクリアするために、セントラルマスターたちは綿密な計画を練ってきたが、それがこれから紹介する地球におけるアセンション(次元上昇)の筋書きである。

   この筋書きは、地球におけるもっとも密度の濃い重たい時間と、もっとも低い次元のゲームを終了させるものである。それは遊び終わった子どもが、一面に広げられたおもちゃを片づける作業であり、パズルはパズルの箱へ、ままごと道具はままごとセットの箱へと入れ、最後に大きなおもちゃ箱に片づけていくような作業だ。そしてこれらの作業を進めていくためには、高く積み上げられた積み木を崩し、ブロックで作られた乗り物などをバラバラにしたりする作業が必要であるように、一度、私たちの社会は崩壊という方向に向かわざるを得ないのである。

   それに向かうプロセスはあなた方の想像通りの混沌であり、それらが引き起こす不安や混乱が伴うことは言うまでもない。しかしながら、もしこのような崩壊が起きないとすれば、誰が今のような腐った社会を変えるリーダーシップをとることができ、誰が最後までこのリーダーに従っていくことができるだろうか。情報網の発達とともに拡大してきたこの地球社会を変革するには、もはや「誰か」の力では足りない。今や私たちの社会が必要としているのは、「必然」という力でしかない。しかもこれは地球だけの問題なのではなく、宇宙全体の霊的視点から見た計画なのだ。つまりこれから起きる変革は、地球人類や地球環境のためだけの変革ではないのである。このことを理解することは大切で、そうでなければ地球人類は無意識のうちに傲慢な方向へと突き進むことになる。

   地球は、これまで宇宙の創意を育んできた大切な星である。
   これから地球が体験することになるプロセスは、この星を守るために、今この地球上に人間として転生している人々の同意の上で皆が決定したことであり、あなた方は創造者の一人として今後の出来事を創造していく責任の一端を担っている。

   「何とかして防ぐ方法はないのか」「神はわれわれが苦しむことを望んでいるのだろうか」と、よく質問されることがあるが、そんな質問に私は次のように答える。「あなたは、新しい調和と平和に満ちた豊かな地球を創造するためにはそれが必要なプロセスであることを認め、賛同し、自分も体験することを選択した勇者なのです。あなたこそが創造者であり、美しい蝶がさなぎというプロセスを通過したように、キリストが磔(はりつけ)を引き受けたように、あなたもまた神として、この苦難を自ら引き受けた一人なのです」

   まず地球上の古い概念に立脚した社会を確実に崩壊させ、中立なポイントに収束させるために必要なことは、これまで人々の行動や言動のすべてを、特定のパターンに縛り付けてきた「コントロールされた「社会意識」が崩壊することである。それはゲームをするにあたってのルールを返上するようなことだ。現代社会は貨幣経済を中心とした金融システムで形成されており、それがいつのまにか私たちの純粋な生命活動と入れ替わった結果、人々は貨幣に依存するようになり、コントロールされた多くの社会意識を生み出してきた。よって、社会および社会意識の崩壊の一歩は、まずコントロールされた貨幣経済の崩壊からスタートすることになる。しかもすでにその一端が見えてきている現在、ゲームの「お片づけ」がスタートしていることが理解できるだろう。


 one 経済の崩壊による大きな意識革命
     
すでに始まっている「経済の崩壊」を、一時的なもので回復の兆しが見えているとする専門家もいる。しかしこの大不況はむしろ始まったばかりで、これから起きるさまざまな天変地異とともにじわじわとあらゆる分野に広がることになる。私はあなた方の不安を煽ろうとしているのではない。この経済の崩壊によって多くの社会意識が崩壊し、やがて大きな意識革命が起きてくるだろう。

   これまでコントロールされてきた貨幣経済は、まるで見えないカーテンでそれぞれの部分が仕切られているように、経済社会の全体的な仕組みが見通せないようになっている。しかし貨幣への依存が薄れてくることで、これらの全貌がすべて露呈することになる。そしてすべてを知った人々は新しい枠組みを考えざるを得ない状況に迫られ、必然的に「マネーフリー」というパラダイム(枠組み)が発生することになる。

 two 太陽活動の活発化による被害と意識の覚醒
     
これに関してはすでに始まっていることだが、太陽の活動による温暖化がもたらす災害の一つは寒冷化である。海洋の大循環が停止することで起きる寒冷化は非常に厳しい現実を引き起こし、旱魃(かんばつ)や気圧差が引き起こす激しい風も予測しなければならない。太陽は人類が多くの恩恵を得ている一番身近な星であるのにもかかわらず、地球人の太陽への認識が非常に低いのには驚くとともに、危機感も薄い。これまで太陽についての正しい情報はコントロールされ一般にはほとんど伝えられてこなかったが、今後は情報が伝えられるようになり、あなた方は個人的にも太陽に意識を向けるようになっていくだろう。

   太陽は今、多くのエネルギーを蓄積した状態であり、次なる大きな究極の時期を迎えようとしており、それは時限つきの原子爆弾を眺めているような状態である。そしてこのような情報が流れるにつれて、人々の意識は次第に新しい次元に進みあるいは、今の時間帯の延長線上の次元にこのまま残るかの、二者択一を迫られることになる。しかしながらそれを決めるのはエゴ意識ではない。そして太陽からの信号を脳の松果体という受信機がキャッチすることで、人間の意識に変化が起き始める。

 three 生物兵器や人工的な気象操作による災害
     
それを行うのは、経済崩壊によって窮地に陥る寸前のある闇のグループ(イルミナティ)が仕組むことになる。それが生物兵器であり、人工的な気象操作による災害である。生物兵器はそれほど大きな範囲には及ばないが、おそらく政治的な謀略により、動物や有色人種を狙うだろう。特に南米やインド、東南アジアの国々がターゲットになる可能性が高い。なぜなら彼らが最もコントロールしにくいのがこれらの異文化圏であり、そこには古くからの智慧が残されているからである。

   自然災害に見せかけた人工的な台風や、地震、津波などはすでにこれまでもあったことだが、これから起こされる人為的台風や地震などは地軸の変動の影響を受けて、予想以上に大きな災害となっていく可能性もあり、これらが世界規模の食糧難に突入するきっかけとなるだろう。これらの災害は一般の人々には自然災害と捉えられるので、今までこのような話を聞いても聞く耳を持たなかった人たちがようやく危機感を持つようになる。だから今この情報を得ているあなた方は、そのような人々に先駆けて、できることから準備をしておくことを勧める。大勢の人々が一斉に危機感を持つことは必要ではあるが、同時に非常に危険なことでもあり、大きなパニックが起きかねない。そうなる前に、人々がまだ冷静さを保っていられる間に淡々と準備をしておこう。

 four 地軸変動を引き起こす自然災害
     
さて、ここから地球全土を巻き込む、地軸の変動による自然災害がスタートする。
     昨年から何度も起きているような大きな地震や火山の噴火などは、すでにその動きが少しずつ始まっていることを示している。しかしこれから先のプロセスは、私たちすべての魂が待ち望んだプロセスであり、自分の奥深くに存在する「神である自分自身」の意志であることを思い出さなければならない。その試練を通過することにより新しい次元の壁を突きぬけ、チャレンジするために転生してきた魂がこの時点まで生き残り、そしてそれが、これから先に起きる惑星地球の変容のプロセスを体験する魂のグループでもある。そしてここまで来ると、多くの人々が今まで発揮したことのない本来の能力を発揮するようになり、奇蹟は奇蹟でなくなる。つまりそこから先の、たくさんの災難に思えることは必ずしも災難ではないのである。

   あなた方はこれまで一度も、宇宙において切り離されて、孤独であったことはない。
   ここに至るまで常に宇宙からサポートされ、あなた方が特定の意識レベルにシフトできるように助けが与えられてきた。つまりすべては必然的に起きるようにサポートされているのだ。だからあなた方は怖れることなく、目の前で起きている現実に真摯に取り組み、自らの内なる魂に耳を傾け、そして心を大きく開いていくことが重要である。


      「アセンションの超しくみ」 サアラ著 (Saarahatワンダラー) ヒカルランド

                          抜粋


  

« イエズス会 | トップページ | 「エデンの園」で生きることあなたはを望むか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イエズス会 | トップページ | 「エデンの園」で生きることあなたはを望むか »