« 「エキュメニカル」とは世界統一支配に向けた運動 | トップページ | テレビを観るのをやめられない人は洗脳されている »

本来のユダヤ人は白人ではない

ベンジャミン  僕は勝ち負けという考え方はしたくない。
         だって人類のルーツをさかのぼっていけば元は同じファミリーなんです。科学的に言うなら白人が白いのは、北ヨーロッパの森に住んでいると日光が足りないから、白い肌で日光を吸収しやすく変化したということで、青い目は明るいところではまぶしいけど、暗いところではよく見えるわけで、そういうふうに環境に合わせて変化した。

   僕は子どもの頃南米に住んでいたことがあって、現地の純血種のインディオからは僕は遺伝子異常だと思われていた。それはアルビーノといって白人意外の人種にも突然変異で肌の白い人が生まれることがある。それで僕はそのアルビーノだと思われていたんです。一般的にそういった人は太陽のまぶしさに絶えられなかったりして目が見えなかったり、日焼けすると皮膚病になったりするので、日差しの強烈な地域では自然淘汰されてしまう。だけど北欧のような地域ではそのほうが有利なんです。

   肌の色というのはただそれだけの違いであって、どの人種が勝ってどの人種が負けるとかといったことじゃないと僕は思う。

飛鳥  科学的にはそれが正解ね。
     だから自分たちに一番合う環境に移動したとも考えられる。そしてもちろん、インドのアーリア人のように、白人種なのに色が黒くなったというような後天的な変化もあるし、先天的なものもある。つまり、白人の祖や黄色人種の祖、黒人の祖がいて、そこから世界に広がっていったとも考えられるわけです。

   しかしここで問題なのは、ユダヤ人は白人だと思われていることなんだ。
   今の日本人はほとんどがそう思っている。それにテレビなどで見るユダヤ人もほとんどは白人です。しかし正確に言うならば彼らは本来のユダヤ人とは違う、アシュケナジーといわれる白人系ユダヤ人なんです。そして本来のユダヤ人でスファラディという黒い髪で黒い瞳のユダヤ人がいる。だから直系はどちらかというと、本来ユダヤ人はセム系で、セム系というのはアジア系なので、そこから出ている以上は白人系ユダヤ人というのはあり得ないわけです。

ベンジャミン  その白人系ユダヤ人は、ハザール王国にその出自がある。

飛鳥  そう。つまり現在言われている白人系ユダヤ人というのは、まったく異なった出自であるハザール国出身なんだ。9世紀頃に、黒海とカスピ海との間にいた民族が彼らの祖先で、キリスト教国家のビザンチン、つまり東ローマ帝国からの圧力と、イスラム教国家つまりササン朝ペルシアからの圧力の狭間に彼らは置かれていた。そこで彼らは生き延びるために当時の人々の聖典であった旧約聖書に基づいて、ユダヤ教に改宗した。

ベンジャミン  僕は「旧約聖書」で洗脳され、奴隷化された民族がユダヤ人だと考えている。「旧約聖書」というのは、あくまでも一つの民族の歴史が書かれただけのものです。その点については考古学などでも証明することができるはずです。ですからそれと同じ視点で、これからはインドや中国などにあるそれよりももっと古い神話や歴史に注目する必要があると思うのです。実際、もう白人だけのストーリーは聞き飽きているんです。ハリウッドなんかももう、飽き飽きだよ!

飛鳥  そうだねー。
     もういい加減、白人一本やりは飽きたね(笑)。 しかし欧米人がそういう「白人ストーリー」を意識して支配を進めてきている以上、そこのところは無視できないけどね。

ベンジャミン  それでももう、「白人ストーリー」は終わりつつあるよ。
         たとえば今、アメリカでは脱ロックフェラーの動きが起きています。大親分が変わると、その下にぶら下がっている連中も全部変わるわけで、ロックフェラーがロスチャイルドと提携したということも背水の陣で、そうせざるを得なくて団結したということなんです。これまでは彼らは原子力利権と石油利権で対立していて、たとえばBPのメキシコ湾原油流出事故はロックフェラーとロスチャイルドの戦いだったけど、もうそれどころではないから団結しようとしている。そして今、インドネシアで双方の代表が交渉に入っている。

   それから最近、ブラジルのリオデジャネイロで開催された地球サミット(リオ+20)は、日本や欧米の新聞では「大失敗に終わった」と報道されているけれど、事実はまったく逆なんですよ。実はそこで、5000億ドルが貧困対策や環境対策に充てられることが約束された。そしてその代わりに、二酸化炭素税がどうのこうのという話がピタッとなくなった。それは、作られた地球温暖化の話がまったくなくなったわけで、つまりは世界の権力構造が裏で変わったんです。それはもう、隠し切れないところまで来ていて、世界は確実に変わりつつある。未だに旧体制が居座っているのは、日本とヨーロッパとアメリカなんです。しかも旧体制側は資金面でも負けている。

飛鳥  確かに日本の政治は旧態依然としているね。
     劇場型選挙というのが小泉のときに一度あったけど、ああいうやり方は日本では必ず成功するんだよ。

ベンジャミン  小泉のときは「刺客」だとか何とかいう話にみんな騙された。
        報道番組には中立性の点で厳しいルールがあるので、小泉のときにはすごい予算を組んでバラエティ番組を作った。そしてその中で、刺客がどうのこうのとやったわけだけど、しかし同じ手で2度も国民を騙せないと思うんですよ。

飛鳥  いやいや、いやいや、日本人は2度も、3度も、4度も、5度も騙されるんです!(笑)


ベンジャミン  日本人に限らずだけどね(笑)

飛鳥  この民族は特にそうなんです。
    ほんと、懲りないから。何度も、何度も為政者に騙される。


    さっきの「数字にはトリックがある」という話なんだけど、数字はウソをつくという典型的な例が、日本人の寿命が世界一という話なんだよ。ここにはすごいトリックがあってね、日本は新生児の死亡率がすごく低いんだけど、結局、新生児が死なないということは数字上では平均寿命が延びることになるわけ。ただそれだけの話なわけです。そして実際には、江戸時代だって70歳や80歳のご隠居はたくさんいたんだよ。

ベンジャミン  つまり、20歳以上で計算すると平均寿命の延びはそれほどでもないと。

飛鳥  そう、ほとんど寿命は延びてはいないんだ。このように数字はウソをつく。

ベンジャミン  もう一つ大きな数字のウソがある。
        たとえば100人すべての人間の年収を計算するとして、その合計額を平均するよね。でもその中にビル・ゲイツが入っていたらどうなる? その場合、平均値はすごく高くなる。だから99人は貧しくても、実際の平均値はビル・ゲイツのおかげで高くなるわけ。このような平均のことを英語で「アベレージ」という。

   ところが100人のうち50人が平均値以下で、残りの50人が平均値以上の所得になるような平均のとり方があるんだ。そしてそれが本当の平均収入ということになるはずです。この平均は英語で「ミーン」と言います。つまり人数で平均をとる方法なんです。でも現在のところ、国民の平均GDPを出すような場合には、前者のアベレージのほうを使っている。つまり、そうすることで格差を隠しているんです。でも本来なら、政治の場の数字にはミーンを使うべきで、そうすると本当の平均値が出てきます。

   それは失業率も同じことで、今アメリカの失業率は35%です。
   しかしこれも統計のトリックで、クリントン政権時代に失業率の計算方法が変わり、1年以上仕事を見つけられないと失業者としてカウントしなくなった。しかしそういう人もきちんとカウントすると、失業率は17%になり、さらに高級取りだった人がアルバイトに転落したような場合も入れると35%になる。

飛鳥  なるほど、35%というのはそういうことなのか。

ベンジャミン  もう一つの大きな恐ろしいごまかしは、インフレの計算方法なんです。
        日本でもそうだけど、インフレ率を割り出すときには、中央銀行の人間がいろんな店に行って物の価格を調べます。30品目程度の商品ジャンルで指数を出すわけですが、アメリカではその商品を入れ替えるんです。たとえば牛肉が高騰しそうだと、それに代えて豚肉を入れる。その豚肉も高騰しそうだと、それを豆に代える。そういうことをやって出したアメリカのデータというのは、当然まったくのインチキなわけです。

飛鳥  全部、アメリカの都合がいいように書き換えていくわけだな。

ベンジャミン  だから日本の役所はまだいいほうですよ。

飛鳥  まあ、アメリカのやり方は大胆だが、しかし日本のやり方はせこいよ。
     たとえば食料自給率は本当は20数パーセントしかないのに、40%以上あることになっている。なぜこういうことになるかというと、どこかに小さく「カロリーベース」と書いてある。つまり、カロリー換算すると40%の自給率になるということ。でもね、カロリーで物を買う人間がどこにいるのかという話だよ(笑) さらに重要な国の「穀物自給率」は、やはり先進国最低レベルの28%(2010年)しかなく、カロリーベースはそれを隠すためのごまかしなんだよ。

ベンジャミン  農林水産省の試算では、明日から食料の輸入が止まっても、週1回肉を食べ、週1回魚を食べ、朝は芋、昼はご飯と味噌汁・・・というような食事にすると餓死はしないということになっている。まあ、僕的にはそれでもいいけど(笑)。

飛鳥  まあ、メタボは減るだろうね!

ベンジャミン  もう一つ。
        僕が10年前に日本国家の借金を調べたときは、1000兆円でした。で、実は毎年40兆円ずつ増えているのに、なぜか今も1000兆円のままなんです。じゃあ、本来なら増えてるはずの借金の400兆円はどこへ行ったのかというと、政府保証の銀行ローンに姿を変えていて、国家の借金ではなくなっていて計上されてはいない。こんな数字のトリックが平気で行なわれているという現実があります。


     book 「八咫烏と闇の世界権力の真実」 飛鳥昭雄×ベンジャミン・フルフォード
                         Gakken

                          抜粋

          

« 「エキュメニカル」とは世界統一支配に向けた運動 | トップページ | テレビを観るのをやめられない人は洗脳されている »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「エキュメニカル」とは世界統一支配に向けた運動 | トップページ | テレビを観るのをやめられない人は洗脳されている »