« ・アセンションに共通するのは、自分の体験が完了したと知っていること | トップページ | ・キリスト教と魔女 »

・「目覚め」の第二段階

   あなたが目覚めの第二段階に入ると、とても興味深いことが起こります。
   つまり、そのすべてがこれまでのあなたの構造を取り壊してしまうということです。それはとても痛い! そしてあなた方の多くがそこへ行き、それをやり遂げ、今もその副作用を感じています。

   あなたはアセンションする準備ができており、今や賢明で霊的な人になろうとしています。すると何かが起きてきて、あなたの人生は崩壊します。あなたはこれまでの構造をすべて取り壊してしまうのです。

   それを不運なこと、気の毒なことと私は言うつもりはありません。
   なぜならそれはおそらく、必要なことだからです。しかしそこまで痛みを伴う必要はないし、破壊体験である必要はありません。それが起きる理由は、この領域であなたが自分だと思っていたものが、これまで内に抱えていたあらゆる信念がすべて崩壊し始めるからです。

   それは実は、変容のプロセスなのです。
   すべてが崩壊しているように見えるだけなのです。とはいえ、まるで粉々に砕けているような気分です。それはまるで地震で古い建物が崩れるように感じられます。人間のアスペクト(表面意識)は悲鳴をあげます、「いったい、私の人生に何が起きているんだ!」と。

   さて、あなたはこの途方もない矛盾の真っ只中にいます。
   あなたはスピリチュアルな人のはずなのに、今や人生が崩壊しているように思えます。自分がどれほどすごい人になるかを、あなたは常々他人に言ってきましたが、今あなたはクズ同然です。彼らは陰で笑い、目の前で笑うこともあります。

   あなたは仕事を失います。
   それだけでなく伴侶を、健康を、そして心を見失っていきます。あらゆるものが崩壊し、あなたはこれまでの構造を取り壊していきます。

   さあ、祝杯を上げてください!
   あなたはいま、目覚めを経験する段階にきています。これまでのすべての古い価値が変化し始めます。あなたが信じてきた古い信念体系のすべてが、今、取り壊されるのです。

   あなた方の実に多くの人々が、この人生で成功するためのアスペクト(別の可能性)を持っています。良い仕事に就き、良い家庭を持ち、自分を誇りに思ってくれる人たちが周りにいて、誇りに思う子どもたちがいる・・・。しかし必ずしもそうはなりませんでした。

   そのアスペクト(可能性、欲望))は、ちなみにまだとどまっています。
   まだそこにいてこう言っています。「フーン、君はこの、まともとは思えないスピリチュアルの道に入ったけど、私が与える可能性の人生を見てごらんよ」 そのアスペクトは、別にあなたの人生を気にかけているわけではありません。そのアスペクトはただ自分の満足感を得たいだけなのです。つまり、めでたしめでたしの人生を望んでいるだけで、必ずしも霊的な人生を望んでいるわけではないのです。

   突如としてあらゆるものが崩壊し、あなたは自分がおかしくなったと思います。
   あなたは精神的にだけでなく、肉体的、金銭的、霊的にバランスを失い、もはや何一つ、つじつまが合いません。

   そして、ここが、あなたのすべてのアスペクト(可能性、欲望)たちにとってのパーティ・タイム、一堂に集う時間です。彼らはここで戻って来て、多くの生涯で音信不通だったアスペクトたちが戻って来ます。彼らは別の領域に行っていたのです。それはあなたを信頼していなかったからですが、ふいにあなたの元へ帰らなければという衝動に駆られます。彼らもあなたが聞いたのと同じ呼びかけを聞いたのです。

   彼らもまた何かに掻き回されているかのように感じます。
   そして彼らはあなたの元に戻り、あなたを乗っ取る時なのか、取り仕切る時なのかどうかを確かめます。あなたに今何が起きているのか、好奇心を抱いている者もいます。「ひょっとすると、私たちは本当に故郷に帰れるかもしれない!」 それから彼らは笑います。「あり得ない、あり得ない」。

   あなたのアスペクトたちが戻って来ます。
   中にはあなたを毛嫌いしている者もいれば、バカだと思っている者もいます。権力とコントロールが欲しいアスペクトもいます。そしてこの時期は、あなたにとってもアスペクトたちにとっても、非常に困難な時期なのです。あなたがくぐり抜けようとしているこの時期は壊れやすく、しかも極めて重要な段階なのです。

   覚えておいてください。
   でもあなたは大丈夫なのです。あなたはすでにアセンションしており、今はただ時間を遡り、その到達過程をたどっているだけなのです。唯一後悔するとすれば、大丈夫だということにあなたが気づかなかったことです。それであなたは、自分を大丈夫にするために格闘したことです。大丈夫だと、あなたが信じなかったことです。そしてこの驚くべきプロセス全体を通してあなたが後悔するのは、「しまった! もっと楽しめばよかった」ということです。

   親愛なる私の友人たち、この「目覚めのゾーン」ではすべてが崩壊し始めます。
   それは陰鬱で暗く、あなたはその中で途方に暮れるでしょう。それは肉体の死も含めると、あなたが直面したものの中で最も強烈な死のプロセスともなるものです。

   肉体の死というのはこれに比べれば、まるで天気のいい日に公園を散歩するようなものでしかありません。なぜならそれはただ、肉体のアスペクトを手放すだけのことだからです。一般的に死ぬ何日も前に、肉体から意識が離れていきます。あなたは肉体との繋がりをなくし、ただ次の世界へ行くだけです。

   しかし「セルフ」の死はこれよりもっと困難です。
   それはあなたがいくつもの生涯をかけて入念に構築し、デザインされ、操作してきたセルフです。このセルフはあなたが自分を不滅にするためにデザインしたものですが、突然、あなたはそれが不滅ではないことを発見します。

   私が話しているのは肉体のことではなく、それは人間のアイデンティティ(個性、自分らしさ、支え、慰め)のことです。それは「完成された人間」のようなプログラムです。つまり美しい身体、魅力的な容貌、申し分のない服装のセンス、豊かなお金、優れた知性などです。こうした人間のアスペクト(要素)は、あなたが限りなく地球上に転生することで入念にデザインされ、プログラムされたものです。そして今、それが大きな幻想であったことをあなたは発見しました。

   あなたの思う「完璧な人間」の状態に到達することは決してありません。
   なぜならこのような「完璧な人間」になってしまうと、この惑星を離れられなくなってしまうのを、あなたの内なる何かが知っているからです。よってあなたの魂は、いつかは「帰る」時が来るのを知っています。

   これまでの構造を取り壊す期間は、速い人でだいたい10年から15年続きます。
   もっとのんびりした人なら3つ、4つの生涯をかけるでしょう。途方もなく堆積し、積み重なったあらゆる信念や思い込み、幻想、怒り、傷などの山を考えてみてください。これだけのものを積み重ねながら、あなたというアイデンティティを持つ人間になるために、どのくらい時間がかかったかを考えてみてください。そのすべてを解き放つために、いったいどのくらいの時間が必要でしょうか?


     アダマス・セント・ジャーメインからのメッセージ
 book 『神性を生きる』 ジェフリー・ホップ、リンダ・ホップ著                                                                                                        ナチュラルスピリット


                                抜粋

« ・アセンションに共通するのは、自分の体験が完了したと知っていること | トップページ | ・キリスト教と魔女 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ・アセンションに共通するのは、自分の体験が完了したと知っていること | トップページ | ・キリスト教と魔女 »