« ・無意識に受け入れてきた観念を見直し、嘘を手放す | トップページ | ・地球に張り巡らされた洗脳と記憶消去の「電磁波バリア」 ① »

・私たちはけっして一人ぼっちではない

   あなた方の銀河系でも特に地球は、双対性という二元性について学ぶのに最適な学校の一つとして機能しています。ですから、あなた方がここにいるのはそれが理由なのです。つまり、善か悪か、白か黒か、正しいか正しくないか、といったようなことにおける多くの課題を終了することで、双対性、二元性のない4次元密度へと進化することができます。
.
   ですが魂によっては、破壊的な闇の波動に影響されることなく、光の波動を伴う思考や感情、動機や行ないができるようになるために、わずか数回の転生で済むこともあれば、そうではない場合、何百回もの転生が必要になるかもしれません。
.
一つの人生が終了すると、私たちは全人生の「見直し」と「反省」を行なう
.
   魂は、終えたばかりの人生の見直しにおいて、その人生におけるあらゆる瞬間を再体験する中で、そのとき感じた「自分のあらゆる感情」だけでなく、自分が関わった「他人が感じた感情のすべて」を感じることになります。それは自分と相手との「生前の合意」にどれだけ忠実であったかにもよりますが、この見直し作業はまさに、宗教的表現でいうところの、「天国」と「地獄」にたとえられるほどのものになるでしょう。
.
   しかしこの見直しは、カルマと同じように懲らしめでも罰でもありません。
   その目的とするものは、本来の魂の視点から自分を見直して評価することなのです。それが弱点を強化することであり、足りない理解を補い、歪んだ傾きを直し、そのために何が必要であるかを自覚するためのものです。すべての魂の目的は霊的な進化なので、遅れているものは「先輩の魂」から援助を受けたり、転生の見直しにおいては経験豊かな魂たちから指導を受けることができます。
.
   魂たちは転生を始める際に、人生の展開に先立ち、他の魂たちと同意を交わすのですが、それには霊的な成長に必要な経験を相手に与えるために「悪役」を引き受けることも含まれます。魂たちは根源においては一つのものでありながら、転生においては独立して機能しますが、最終的には一人の進化は全員の進化に貢献するのです。しかしその反対も同様に起こり得るわけで、逆進化つまり退化もあります。ですからお互いに助け合うということが魂たちにとって大切なことです。
.
転生時に、「富と支配」の誘惑と引き換えに力を譲り渡してしまう魂がいる
.
   ほとんどの場合、魂たちは転生を始めるときにはそれほど愛に満ち溢れているのに、転生してしまうとどうして闇にはまってしまうのだろう、と不思議に思うかもしれません。それは「富と支配」という報酬と引き換えに、それを差し出す存在に自らの意志薄弱さのゆえに、本来の神の力を譲り渡してしまうからです。
.
   それこそが「闇の勢力」として知られている存在であり、彼らのネガティブな破壊的思考形態が作り出している、巨大な「力の場」なのです。そのような「見返り」に誘惑される魂は、自分の思考や行動をそれらに同調させるようになるので、転生前の光の中にあったときの「始まりのとき」の状態から堕落して、闇の中へと沈んで行くのです。
.
   魂は転生において、遺伝的、文化的、環境的な理由で両親を選ぶことから始めます。また技能や才能、興味、個性など、他とは異なるユニークさを選びます。そして人生を共有することになる、他のすべての魂たちとの関わりにおける合意のもとに、新しい転生の魂の契約をします。それが生前の合意です。
.
   新生児はこの合意事項をまだ覚えており、すべて知っています。
   しかし赤ん坊が重い密度の肉体に適応し、親の条件付けに順応するにつれて、それらの記憶は消えていきます。子供は成長するにつれて、仲間や先生、そして他の権威ある大人たちからの影響が人生に入り込んできます。もはや魂が合意したはずのすべてのことは記憶から消え失せ、親となった人たちの方針や、他人の決めた基準や要求に沿うようにと目に見えない圧力がかかります。
.
   しかし魂本来の意識には、良心や直感、インスピレーションや願望などがあり、それらが転生後の人格を刺激し、生前の合意の方向へと引っ張るのです。しかも人格の自由意志を表現したいという望みは非常に強いものなので、そこに「二元性の課題」が生じてくることになります。それは転生した人格の興味と目標がどの方向に向いているのか、それは光に向けて、あるいは闇なのかということです。
.
心に刺激され引き起こされる「不快な感情」が自分へのメッセージ
.
   あなた方の母なる地球は、三次元密度を離れる選択をしました。
   その理由は、地上に住む人類が生み出し続ける否定的な力である破壊的エネルギーのために、余りにも弱ってしまったからです。彼女だけではそれができないので全宇宙へ向けて助けを求めました。その声をキャッチし、それに応じた宇宙からの援助の一つは、女神のエネルギーの注入です。地球のネガテビティの原因は、永い間支配的であった男性エネルギーなので、それとバランスを取るためにそのことが行なわれています。
.
   その混合エネルギーのために、あなた方のあらゆる感情と特質が強くなっており、光か闇かといった傾きの違いがますます明らかに、顕著になってきています。この、すべてが入り混じった善悪正邪の混沌とした状態は、あなた方が自分自身の姿をはっきりと見るように助けており、それがすなわち他人の行動を通してあなたが映し出される鏡となっていることです。
.
地球の次元上昇のタイムリミット
.
   地球の次元上昇には宇宙におけるタイムリミットがあります。
   母なる地球が時間通りに目的地に到達するのは確かです。しかしあなた方が地球の上昇に合わせ肉体とともに一緒に行くことを望むのであれば、自分が魂の合意で選んだ3次元密度における、自らのカルマの償いを終えていなければなりません。
.
   魂本来の意識はあなたの意識に、転生前に行なったその「合意」に気づくようにそっと合図を送っています。そのことを思い出すならば、その信号、合図とはすなわち、「自分自身についての何か不快な感情」が重要なメッセージであることが分かるでしょう。その意味することは、もはや自分を嫌い、気に入らないなどの自分の態度や行動を、ただ知っていればいいという時ではなく、今はすでに、自分を愛して受け入れ、自分と和解し、そのように自分を変える期限付きの「時期」にあるということです。
.
   この惑星が次元上昇するといっても、そこにいるあなた方が自動的に、3次元密度から4次元密度へ自動的に進化するわけではありません。あなた方の進化は唯一、あなたの合意に沿って、自分本来の魂が自分のために用意している良心や直感、そして叡智に従うことで起こります。
.
   それは内省すること、自尊心を持って行動すること、自然のあらゆる共存する生命を大切にすること、嘘と真理を見分けること、尊敬する人を崇めたり、真似するのではなく、見習うこと、そして、他人を裁かないことです。生活における恵みに気づき、感謝し、そして自分を許し、不正をしていると思われる他人を許すことです。それが、あなた方の魂の中心である、心でありハートで生きることなのです。
.
私たちは決して一人ぼっちではない
.
   自己発見と進化の旅に、あなた方がひとりぼっちであることは決してありません。
   一人ひとりを決して見過ごすことのない、創造主の愛とエネルギーが常にあなたと共にあります。
.
.
     「マシュー君のメッセージ」 スザンヌ・ワード著
                   「玄のリモ農園ダイアリー」から引用
.
                                                        抜粋
.
   多くの方々の著書から掲載させて頂いています。
   私は基本的に、隠されている、公けにされていない、あるいは「誰もが知るべき真実」は、まだ知らない人々に伝えなければならないと考えています。その意味で、新たな情報、真実と考える物を掲載させて頂いています。著作権利侵害とお考えの際は、いつでも削除しますので、コメント欄にてお知らせください。ありがとうございます。
.
連絡方法; トップページのバックナンバーから、2014年7月26日「”zeraniumの掲示板”について」へ行ってください。コメント欄から連絡できます。
 
 

« ・無意識に受け入れてきた観念を見直し、嘘を手放す | トップページ | ・地球に張り巡らされた洗脳と記憶消去の「電磁波バリア」 ① »