« ・地球に張り巡らされた洗脳と記憶消去の「電磁波バリア」 ① | トップページ | ・シナイ山でモーゼに顕現した「ヤハウェ」の真相 ③ »

・地球は周辺銀河系の「ごみ捨て場」となってきた ②

    今から69年前の1947年7月、米国ニューメキシコ州ロズウェルの近くの農場にUFOが墜落した。米国政府は「空飛ぶ円盤」を回収したという報道を発表し、メディアの過熱報道を引き起こした。しかしその日の午後、現場を調査した米軍の少佐の発言は一転して、墜落したのは気象観測気球であり、その断片を回収したと述べた。事件の真相はその時以来、米国政府によって隠蔽されてしまった。しかし実は、墜落したUFOには死んだ何人かの乗組員の他に、1人だけ無傷の宇宙人がおり、米軍に保護されていたのである。
.
   以下に掲載する話は当時、米軍に看護師として勤務していたマチルダ・オードネル・マックエルロイという女性(当時23歳)が、保護された宇宙人の世話を命じられた際に、テレパシーを通じたコミュニケーションにおいて、その宇宙人から伝えられた驚くべき情報である。以来、米国政府はこの情報を「機密文書」扱いとし、現在も公開していない。

     マチルダ・オードネルは陸軍航空隊婦人部隊医療隊曹長を退役後、没収されずに持っていたこの情報文書をローレンス・R・スペンサーに託した。彼は2007年にその文書を受け取り、2008年に
出版した。日本国内では2015年に初版が出版されている。
.
.                                                             sun
.
       『私は個人的にあなたの言語(英語)に接触したことがなかったので、あなたの言語でコミュニケーションを取ることができなかった。しかし今や、あなたが私に与えてくれたさまざまな書物と資料を私がスキャンしたことで、その情報はこの領域の私たちの宇宙ステーションへと送られ、通信士官がコンピューターを通して処理した。それは私の言語に翻訳され、それを使って私が考えることのできる文脈で私に送り返されてきた。そして私たちのコンピューターに保存されていた英語に関する情報と、地球文明に関するドメインの記録を受け取った。
.
   私は今あなたに、非常に大きな価値があると感じている特定の情報を与える準備ができた。私はあなたに真実を与える。私はできるだけ誠実に、また正確に私の視点からの真実を、自分と自分の種族への誠実さの境界の中で、私が仕え、守ると誓った組織に対する責任に違反せずに、あなたに伝えたい。
.
   だが私は、あなたの言うギャラリー(状況を監視する人々)からの質問には答えない。
   私は、人類を構成している不死の霊的存在たちの幸福にとって有益であり、また地球の無数の生命体と環境保護を促進すると思う情報だけを与える。なぜなら私の使命の一部は、地球の保存を確保することだからだ。
.
   私は個人的に、すべての感覚を持つ存在たちは不死の霊的存在であるという信念を持っている。これには人間も含まれている。また私は正確性と単純さのために、話の中に自分の造語を用いる。それが「IS-BE」(is be)だ。なぜなら不死の存在の第一の性質とは、彼らが時間の無い「is(存在する)」という状態の中で生き、彼らの存在の唯一の理由は彼らが「be(そうなる)」ということを決めるからである。
.
   社会の中で、彼らの立場がいかに低いものであろうと、すべてのIS-BEは、私自身が他人から受けたいと思う敬意と待遇に値する。地球にいる1人1人の人間は、彼らがこの事実に気づいていようといまいと、IS-BEであり続ける。
.
物質的肉体は物質次元においてだけ必要なもの
.
   私が地球のこの領域にやって来た理由は、ニューメキシコ州で実験された核兵器の爆発を調査するために送られたからである。それは放射能の範囲とこれが環境にどのような被害を与える可能性があるか、それを測定するために大気から情報を集めることにあった。その途中、私たちの宇宙船は雷に打たれ、墜落する原因となった。
.
   私たちは地球のような密度の濃い物質界へ来るときは、「ドールボディ(人形体)」を使う。それは物質の世界で行動するために使われる、機械的な道具のようなものである。だから職務に就いていない時はこうした(仮の)体から「去り」、体を使わず(本来の霊的な姿で)行動し、考え、コミュニケーションを取り、移動し、存在している。

   これらの体は合成物質によって作られており、とても敏感な電気的な神経系が組み込まれている。1人1人のIS-BEはこれに自分を適応させるか、あるいは1人1人のIS-BEが発信する特有の波長、または振動数に適合させた電子波長に自分を「合わせる」。(略)

.
宇宙船は思考エネルギーによって操作される
.
   宇宙船もまたドールボディとほとんど同じように作られている。
   それは1人1人のIS-BE乗組員の特定の振動数に適応している。そのためその宇宙船は、1人のIS-BEによって放射される「思考」あるいはエネルギーによって操作することができる。それは実際には非常に単純な直接制御システムであり、そのためにこの宇宙船の中には複雑なコントロール機器やナビゲーション計器などはない。それらはIS-BEの拡張として機能する。ドールボディはIS-BEにとりラジオ受信機のような役割を果たしており、全く同じ2つの振動数やドールボディというものはない。
.
   私たちは「ドメイン」と称するスペース・オペラ文明の一部である。
   この文明は、物理的な全宇宙の約4分の1を占める宇宙空間にある膨大な数の銀河、星系、月と小惑星群を支配している! 私たちの組織の永続的な使命は、「ドメインの領地と資源を確保、管理、拡大」することにある。
.
      その行動は、あなた方人間が「新世界、新大陸」を発見したとし、神の名においてスペインやポルトガル、また後にオランダやイギリス、フランスの王が自分たちのものだと主張したように、ヨーロッパの探検家たちのしたことと多くの面で似ている。西洋人たちは、行く先々の原住民から獲得した資産によって利益を得、しかも原住民に何の相談もなく、より一層の領土と富を手に入れるために兵士や司祭を送り込んだ。
..
   ドメインによる地球獲得の場合、ドメインの指導者たちは今後自分たちの存在を明らかにすることが、私たちの利益にそぐうかどうかがはっきりする時点までは、地球の住民たちには公けに明らかにしないことを選択した。そして実際、現在(1947年)に至るまでそうしたことは積極的に隠されてきた。
.
   地球の近くにある小惑星帯は、宇宙のこの領域におけるドメインの非常に小さいけれども重要な場所になっている。それは私たちが太陽系の中の「宇宙ステーション」として利用するために、物体のいくつかが低重力であることから大いに価値がある。私たちが最も興味を持っているのは、この太陽系の中の低重力の衛星であり、それらのほとんどは月の裏側や、何十億年も前に破壊された惑星の(欠けらから出来ている)小惑星帯にあり、それよりも程度は低いが火星や金星にもある。ドメイン部隊の地下基地を建設するのは簡単であり、それは石膏から合成されたドーム型建造物で、電磁波バリアによって覆われている。
.
   宇宙の領域が一度ドメインによって獲得され、統治下の一部になると、ドメインの「所有物」として扱われる。地球近くの私たちの宇宙ステーションが重要なのは、単にそれが天の川銀河系の中心であり、さらにその先へのドメインの拡張経路の道筋の上にあるからである。当然、ドメインの全員がこのことを知っている。地球の人々だけがそれを知らない。(略)
.
ドメイン遠征軍により「旧帝国」勢力は破壊された
.
   ドメイン遠征軍は西暦1150年に、この太陽系の中にある「旧帝国」の宇宙艦隊の残存勢力を破壊し、それ以後の西洋社会の科学と文化の復活を観察してきた。だが「旧帝国」が構築した遠隔操作による催眠術オペレーションの影響力はそのあとの時代から多少は軽減したが、(1947年現在)未だにそのほとんどは効力が残っている。
.
   「旧帝国」の遠隔マインドコントロール・オペレーションに我々は少し損害を与えたようであり、それが彼らのこの装置の効力を低下させる結果となった。その結果、記憶を消去されていたIS-BEたちは、地球に来る前に持っていた記憶のテクノロジーのいくつかを思い出し始めた。その後、ヨーロッパの「暗黒時代」と呼ばれる知識の弾圧はその時代からは減少し始めた。
.
   その時から物理と電気の基本法則の知識が、一晩で地球の文化に革命をもたらした。西暦1150年以前のような強い弾圧がなくなった時、地球のIS-BEの住民の中にいる天才たちの多くが、テクノロジーを思い出す能力を部分的に回復した。こうした科学を「思い出した」男たちは地球に送られる前からそれらをすでに知っていたのだ。なぜなら、普通はこうした観察や発見は数百の人生を費やして行われるものであり、幾つもの文明が何十億年を費やして得たものなのだ! 

人間たちの記憶が少し戻り始めた
.
   地球のIS-BEたちは、宇宙の至るところで存在しているあらゆるテクノロジーの小さな断片を思い出し始めたばかりである。だから理屈としては、地球に対して用いられている「記憶喪失装置」を完全に破壊することができれば、IS-BE(人間)たちは自分の記憶のすべてを思い出すことになる! 
.
   だが残念ながら、人間は自らの人間性に関してはそうした進化の形跡が見られない。
なぜなら地球のIS-BEたちは、お互いに対して非常に冷酷な振る舞いをし続けているからだ。だがこうした態度は、転生と転生とのはざまにおいて、それぞれのIS-BE(魂)に与えられている「催眠暗示」に非常に大きく影響されていると言える。
.
   そして地球に住む「囚人たち」のとても異常な組み合わせであるところの、多くの犯罪者・芸術家・革命家・天才たちの「地球送り」は、地球に住むIS-BEたちの非常に落ち着かない騒然とした環境を生み出す原因となっている。牢獄惑星の目的は、IS-BE(魂)を永遠に地球に閉じ込めることにある。そのために無知や迷信と、IS-BE間の戦争を促進させることが、囚人たちを障害者とし電磁波バリアの壁の内側に、彼らを捕らえられたままにするのに役に立つ。
.
   この銀河系だけでなく、隣接する銀河やさまざまな惑星から、つまり「旧帝国」中の惑星から、自分たちにとって「厄介者」のIS-BEたちがこれまで地球に捨てられてきた。これらのIS-BEたちは、40万年以上前から地球に来ていてアトランティスとレムリアの文明を築いた、地球の住人たちの中に一緒に混じっている。これらの文明は、現在の「監獄」の囚人たちが到着し始める何千年も前に、惑星の「ポールシフト」が引き起こした津波の下に消えた。それらの星系からのIS-BEたちは、オーストラリアを起源とした、地球の原初の東洋人の人種だったようだ。
.
地球でも「王族」たちにより、残忍な全体主義体制が敷かれた
.
    「旧帝国」の牢獄システムによって地球に築かれた文明は、「旧帝国」が他の銀河のIS-BEたちにより核兵器で征服された時とは異なり、それ以前から存在していた銀河文明の複合体である原子力スペース・オペラである「旧帝国」の文明とは大きく違ったものだった。つまり、かつての「旧帝国」を支配していた官僚機構は、古代の他の銀河のIS-BEたちのスペース・オペラ文明からきたものであり、自分たち「王族」の君主により、残忍な社会的・政治的階層によって管理された、全体主義体制の「惑星政府連盟」のことである。
.
   市民が自立せず、個人的な責任を放棄した惑星では、このような政府は繰り返し出現することになる。そして他のIS-BEたちは、自分たちが支配されるか、滅ぼされるかのどちらかであるという圧倒的な偏執症を患う狂ったIS-BEたちにより、彼らはしばしば自由を失うことになる。彼らが愛して大切にしている友人や協力者は、そうした狂ったIS-BEたちにより文字通り「死ぬほど愛される」(つまり殺される)のである。
.
   そのようなIS-BEたちが存在しているために、我々ドメインが学んだことは、自由とは勝ち取るものであり、永続的な警戒と自衛力を行使して保たなければならないということである。
.
      その結果、我々ドメインはもうすでに「旧帝国」の統治惑星を征服するに至っている。
   ドメインによる「旧帝国」の中心惑星の征服は、「電子カノン砲」で戦われた。「旧帝国」の政府の中枢を形成している惑星の市民たちは不潔で堕落した、自分で考えることのない愚かな納税義務のある労働者の奴隷社会であり、共食いの習慣がある。彼らの唯一の娯楽は、暴力的な自動車レースと、血みどろなローマの闘技場型の楽しみや気晴らしである。
.
   「旧帝国」の惑星を征服するために、核兵器を使うどのような正当な理由があったにせよ、ドメインは原始的な放射能の力を用いた武器を使用することで、それらの惑星の資源を台無しにしてしまうような無謀なことはしないよう注意している。
.
   ドメインが征服する前の「旧帝国」の政府は、あなた方地球人のつい最近の世界大戦(第二次世界大戦)の枢軸国に非常に似た、とても臆病な知性を持った存在たちによって構成されていた。その存在たちの態度は、彼らを地球に永遠に監禁するために追放した銀河系政府の者たちと全く同じ振る舞いを示した。それは、IS-BEは多くの場合、「他人から受けた扱いをそのまま表現する」という古き格言を、身の毛もよだつ形で思い起こさせるものだった。つまり、優しさは優しさを育むが、残忍さは残忍さを生み出すのだ。
.
   人は力を持ち、それを使うことを躊躇(ちゅうちょ)せずいとわない姿勢が必要だが、無実な者に危害を加えることのないように自分を知性で抑制しなければならない。しかし残忍性が動機となった悪意に圧倒されず、効果的に残虐さを防ぐためには、並大抵ではない理解と自制、それに勇気が必要である。
.
   「論理」または「科学」を使い、あらゆる問題の「最終的解決」が、「すべての芸術家や天才、才能ある発明家たちを殺し、彼らの記憶を永遠に消し去り、一つの銀河全体の政府の敵や殺人者、泥棒、変質者と障害を持った存在たちを、一緒に牢獄惑星(地球)に放り込むことだ」、と考えつくのは、悪魔のような独善的な政府だけである!』
.
.
    マチルダ・オードネル・マックエルロイが提供した文書に基づいて
 『エイリアンインタヴュー』 ローレンス・R・スペンサー編集 Lulu.com
.
                         抜粋
.
.
   .
   多くの方々の著書から掲載させて頂いています。
   私は基本的に、隠されている、公けにされていない、あるいは「誰もが知るべき真実」は、まだ知らない人々に伝えなければならないと考えています。その意味で、新たな情報、真実と考える物を掲載させて頂いています。著作権利侵害とお考えの際は、いつでも削除しますので、コメント欄にてお知らせください。ありがとうございます。
.
連絡方法; トップページのバックナンバーから、2014年7月26日「”zeraniumの掲示板”について」へ行ってください。コメント欄から連絡できます。
 

« ・地球に張り巡らされた洗脳と記憶消去の「電磁波バリア」 ① | トップページ | ・シナイ山でモーゼに顕現した「ヤハウェ」の真相 ③ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ・地球に張り巡らされた洗脳と記憶消去の「電磁波バリア」 ① | トップページ | ・シナイ山でモーゼに顕現した「ヤハウェ」の真相 ③ »