« ・決して破壊されないエネルギーとしての魂 | トップページ | ・アヌンナキによる遺伝子操作が解明され、人間の奴隷志向のコドンが発見される! »

・量子場へ影響を及ぼす強い思考力を維持する

   「現実」(リアリティ)の性質としてよく分類されるものに、基本現実、並行現実、代替現実、多次元的現実がありますが、その性質について考察してみましょう。まず、知覚されたものの分類はすべて知覚者によって変わります。また科学を含め、すべての知識体系は常に更新されるものです。つまり、分類や体系とは知性の向上を推進すべきものであり、知性を後退させるものであってはなりません。
.
   3次元空間における身体を伴う人生は、あなたの現実の「基本」となるものです。これは人間の神経系が五感によって世界を把握するからです。よって、あなたの神経系は、あなたの身体が存在する特定の波動レベルに”同調”しています。そうでないならば、すぐに生物としての死に直結してしまうでしょう。知覚情報をふるい分ける最初のフィルターとして、人間の神経系には「生存」がしっかりと埋設されているのです。
.
   こうして神経系は、あなたがいる3次元の現実にあなたを固定し、あるいは束縛しているわけです。しかしながら人間の神経系には、生まれつきの生物的存在としての制約をはるかに超えた、別の次元や現実を体験する能力が備わっています。あなたは量子場を活動させるジェネレーターのようなものであり、精妙な次元の現実に影響を及ぼすのです。これはつまり、自分という存在の「基本」となる現実でとった行動が、原子や素粒子のレベルだけでなく、日常のより明白なレベルでも反響を引き起こすという意味です。
.
   これについてもう少し詳しくお話ししましょう。
   あなたが生活を根本的に変えるような決断をすると、多次元的な出来事が活動を開始します。たとえばどこかへ引っ越すことを決めたとしましょう。そうすると3次元的レベルでは、家財や荷物を新しい場所へと、時間と空間の中で重力場に逆らって移動させることになります。時間と空間と言ったのは、あなた方の経験では、物体を別の場所に移すためには空間の中を動かしていかなければならず、そしてそれには必然的に一定の時間がかかってしまうからです。
.
   これが、あなた方が3次元の現実と呼ぶ、第三レベルで身体を持った存在のニュートン的現実です。では、その表面の奥では何が起こっているのかを見ていきましょう。あなたが引っ越しを決めた時、あなたの思考はすでに創造を始めています。新しい家では何をどこへ置こうか、どう配置しようかと空想をふくらませます。新しく何かを購入しなくてはと決心するかもしれない。これを外側から眺めると、それは単なる創造的な空想に過ぎないとしても、「私たち」からは、量子場のジェネレーターとしてのあなたが、その意図と集中力によって量子の領域に作用しているのが見えます。
.
   もしあなたが強力な量子場のジェネレーターであれば、すべての人がそうとは言えないまでも、こうした創造的な空想を通じて、自分の持ち物を”現実の時間”(つまり時計時間)の中で移動させることを促すでしょう。引っ越しを決めたあなたは、新しい住まいについて創造的な考えに夢中になります。つまり、知らないうちに想念の力を使って新しい現実を形成しているのです。あなたは自分の想念が量子の世界にどう作用しているのか見えなくても、その結果を形で見ることができます。ただし、必ずしもその結果であるかどうかは断言できませんが。
.
   多くの人々にとって、引っ越しの荷物は物理的に自分で運ぶか、誰か他の人に運んでもらわなくてはなりません。でも、あなたがそれについてどのように考えるかで、その能率や恩恵など何がしかの影響をそれに及ぼすことができるのです。たとえば、新しい住まいでカウチソファが必要になったとします。あなたは心の中で、ガレージセールで気に入ったカウチソファを見つけるところを想像します。それとも、誰かがプレゼントしてくれたり、お店のバーゲンセールで売り出されている情景が思い浮かぶでしょうか。あるいは、結局いいものが見つからず、床に座っている自分のイメージが見えるでしょうか。
.
   私たちの見方では、こうした想像からはそれぞれに並行現実が生まれる可能性があります。「可能性」と言ったのは、漫然(漠然)とした思いからは並行現実は生まれないからです。しかし想念パターンに充分な強さがあれば、それは量子場に作用し、基本現実とともに同時進行している並行現実を持つことができるのです。
.
並行現実
.
   並行現実について考えるときに大事なのは、すべての思いから並行現実が生まれるわけではないということを、明確に理解しておくことです。”思い”というものは持ちこたえられ、増幅され、方向づけられなければなりません。なぜなら真の並行現実の創造には、この三つの課題がクリアされる必要があるのですが、ほとんどの人はこれができません。それは”やり方”を知らないのではなく、あなた方はそこに専念することをあまり好まない傾向があるようです。
.
   本書を読んでいるあなた方の多くが、今の人生で高次に進化した現実を生きることに関心を持っていることでしょう。もしそうであれば、実生活の中でこの課題にどう向き合うかが、あなたの人生の質と知的進化を決め、解放あるいは束縛をどれほど経験するかを決定づけることになります。これは人間に限らず、どのような存在であれ、この課題には自分自身で取り組まなくてはならないのです。
.
   あなた方の役に立つことを願いつつ、この課題にアルクトゥルス人がどのように取り組んでいるかをお話ししましょう。まず、私たちアルクトゥルス人は新奇な目新しいパワーというものを信じています。それはあらゆる行動の前提として、私たちの住む宇宙は奇妙で矛盾に満ちているという明確な認識があることです。

   私たちは行動派ですから、まず何らかの行動をとることが基本となります。そして最初の行動は常に、状況をできるだけ多くの視点から理性的に見定めることから始めます。それには二つの理由があるのですが、一つは可能な限り効果的かつ包括的に理解するためであり、もう一つは自分勝手な迷妄に陥らないようにするためです。
.
アルクトゥルス人の計画達成へのプロセス
.
   きわめて気づきの高い存在を除いて、どのような存在であれ世界は自分たちの選択を中心に回っていると考えがちです。そうならないために、私たちはできるだけ多くの視点から自身の行動を精細に検討し、計画の実現性と不備をよく見るようにしています。

   アルクトゥルス人は取るべき行動を素早く見極めます。ですがすべての選択肢を検討し終えるまでは、行動しないというわけでもありません。選択が行なわれれば、それは任務となり、私たちは望みを実現させるためにすべてを投じ、事態を観察し、必要に応じて調整を図り、達成へと導き、それらを臨機応変に組み合わせていきます。
.
   そのプロセス全体がいかに長期に渡ろうとも、常に別の角度から見直して熟慮を重ねます。その場になって新たな情報が入り、行動を変えることもあります。私たちは任務への専心集中の力を、量子の領域へ作用させられることを知っているのです。ですから気が変わったり、迷いが生じたりすることはまずありません。たとえアプローチの方法を変えたとしても、それは意志を曲げたわけではなく、熟慮の結果です。
.
   新しい現実や結果を創造する試みがうまくいかないことについて、私からあなた方地球人に向けて忠告できることがあるとしたら、それは結果を見るまで行動し続けるという持続性に欠けることです。これを量子力学の面から言えば、望む結果を支えるだけの磁性を帯びた思考を維持することができないということになります。
.
代替現実
.
   人間にはたくさんの”自分”が存在します。
   肯定的な自分もいれば、かなり否定的な自分もいるでしょう。ちょっと考えてみてほしいのですが、あなた方は、いい一日を過ごすと明るい気分になり、周囲もそうした色に染まります。それはあなたが世界をどのように見るかにも影響し、周りとどう関わり、どう行動するかをも決定づけます。
.
   一方、うまくいかなかった一日であった場合、暗い気分になるでしょう。あなたが鬱々としているときには、周りに広がる世界はまったく異なって感じられます。実際には世界は何も変わってはいないのに、あなたの感情のフィルターが入れ替わったのです。自分の感情とそのフィルターをどのように扱うかは、人間の成長にとって重要な分水嶺(物事の方向性が決まる分かれ目)と言えるでしょう。
.
   こうして眺めてみると、数多くの「私」が存在しています。
   どの「私」にもそれぞれの感情の色調と波動があり、それが思考と感情の現実をつくりだしています。そしてその思考と感情の現実は、あなたがどのように知覚するかに影響を及ぼし、どんな行動をとるかにも影響し、究極的にはここで「基本現実」と呼ぶものに影響を及ぼすのです。
.
   感情のフィルターは、学習して身につけた習慣です。
   しかしこのレベルにある存在が習得すべきことは、”あなたが望む世界を体験できるフィルターを選択すること”にあります。こうした感情のフィルターや気分を「馬」にたとえてみましょう。馬車を引く馬たちがバラバラな方向に進もうとするならば、馬車は遠くまでは行けません。ですが馬たちを一つに調和した波動に束ねるならば、馬車は力強く前進して行けます。その時、あなたの力は現実に影響を及ぼすことができるのです。
.
多次元的的現実
.
   現実における最後のカテゴリーは多次元的現実です。
   多次元性とは単に、自分が生きているすべての次元の総和にすぎません。そして人類にとってのこの課題を、私たちは「チャンス」と呼びたいのですが、それが自分自身の多次元的現実に気づくことです。しかし皮肉なことに、実はあなた方はすでに多次元の現実の中にあるのです。つまり、あなたには本来、多次元的な性質があるにもかかわらず、3次元だけが唯一の現実だと信じ込むように知覚を訓練され、そこに縛られてきました。
.
   それがたとえ誰かにそそのかされたにせよ、肉体的な生命がすべてであるとか、死後の生命は崇高な支配者の意志によって決められるなどと信じ込まされているとすれば、それがあなた自身の多次元的な知覚を覆い隠し、遮断しているということです。人間としてのあなたの生命は地球に根差していると同時に、あなたは宇宙的な存在でもあります。つまりあなたは本来、宇宙全体にアクセスできるだけでなく、そのすべてをも超越する存在なのです。
.
   それは実に壮大な現実であり、それがあなたの多次元的性質であり、あなたそのものです。ほとんどの人にとって最初の一歩になるのは、これまで聞かされてきたあらゆる”嘘”から抜け出すことです。そして次なる一歩は、自分自身の多次元性を直に体験することです。そうすれば、それは信仰の問題などではなく、あなたの知性と確信の問題だとわかるでしょう。
.
     天の川銀河を守る高次元存在たちからのメッセージ
 『アルクトゥルス人より地球人へ』トム・ケニオン&ジュディ・シオン著
.             ナチュラルスピリット

       
.
   多くの方々の著書や文章から掲載させて頂いています。
   私は基本的に、隠されている、公けにされていない、あるいは「誰もが知るべき真実」は、まだ知らない人々に伝えなければならないと考えています。その意味で、新たな情報、真実と考える物を掲載させて頂いています。著作権利侵害とお考えの際は、いつでも削除しますので、コメント欄にてお知らせください。ありがとうございます。
.
 連絡方法; トップページのバックナンバーから、2014年7月26日「”zeraniumの掲示板”について」へ行ってください。コメント欄から連絡できます。
 

« ・決して破壊されないエネルギーとしての魂 | トップページ | ・アヌンナキによる遺伝子操作が解明され、人間の奴隷志向のコドンが発見される! »