« ・自分が放ったエネルギーはすべて戻って来て自分に実現する | トップページ | 「LINE」は韓国ネイバー100%子会社 »

・内なる「平和、安らかさ」を生きる

   より高次のレベルから、内なる平和、安らかさを生み出すということは、心を開いているための学びです。それは自分の周りに起きることに焦点を当てるのではなく、感情的にも執着しないことを意味します。自分とは何者であるかを知り、自分の内なる安らかさの感覚がブレることなく、物事を流れるままにすることです。それにより、自身のエネルギーの中心から外の世界のエネルギーに触れ、影響を与える方法を学ぶことができます。これが内なる平安です。
.
   心を開いているとは、相手が何をしようと、何が起きようと、あるいは職場で何が起きていようともオープンでおり、そして愛に満ちた状態でいることを意味します。それは外の世界に何が見えようとも、人生において安らかさを感じることを意味しています。周りの人々が愛と優しさに満ちているとき、あなたが愛情深く、心を開いていることは容易(たやす)いことでしょう。 しかしチャレンジとなるのは、あなたの周りの人々が心を閉ざし、怖れを抱き、ネガティブであるときに愛に満ちた状態でいることです。
.
内なる安らかさとは外から来るものではない  
.
   あなた方の内なる安らかさが影響を受けるのは、融通のきかないあなた方の決まりきった価値観や概念が生み出すものであり、絶対に手放せずに執着していることや、決まりきった特定の方法のやり方しかないと感じたりするときに起こります。ですからまず目標は、内なる平安の感覚を、あなたの外の世界の隅々にまでもたらすことです。そして最初のステップは、まず内なる安らかさの感覚を「見つける」ことから始まります。
.
   「怖れ」はより低いエネルギーであり、光の少ない波動ですが、それを愛で変えることもできます。内なる平安を自分に保ち、それを身につけるためには、「怖れ」を癒すことが一つの目標になります。その怖れの中には、傷つけられたり、拒絶された、見捨てられた、自分から誰かが逃げて行ってしまうのではないか、あるいは世の中でうまく生きていけないという怖れかもしれない。外に出ると自分は失敗するかもしれないという怖れかもしれません。
.
   内なる安らかさ、平安とは、ハートにつながり、怖れをすすんで手放す姿勢です。自分を弁護し、常に他人に言い訳をしなければならないという思いを手放し、そのようなエネルギーにすすんで敏感になることによって、内なる平安を築くことができます。それは人に合わせるフリをするのではなく、本当の自分を通してすすんで光を放ち、自分は大丈夫だと知っていることです。
.
   内なる平安に生きるとは、自分に対する批判や疑いを手放すことを決心するという意味でもあります。人があなたについて言うことはすべて、あなた自身が自分に対して思っている声の反映です。もし誰かがあなたに対して批判的であるならば、まずあなた自身が「自分を批判している部分があるだろうか」と尋ねてください。自己批判を手放した分だけ、あなたに対する他人からの批判もそれに比例して少なくなるでしょう。
.
   人があなたに語ることは、あなた自身が何者であるかということの反映です。それはまた同時に、その人が世界をどのように見ているかということであり、自分自身に対して何を語っているのかを反映しているのだと覚えておきましょう。なぜなら誰かがあなたを批判するのは、まさにその人自身が自己批判をしているからに他ならないからです。人の行動や発言を、その人の価値観の表明として見ることです。そして、心を静めて自分自身の心の中心軸を保つことを学んでください。
.
   内なる平安は癒しをもたらします。
   「怖れ」を手放すために、自分の怖れに焦点を合わせる必要はありません。人生で直面するどのような状況に対しても、あなた自身の魂からやってくる新しいアイディアや解決法や答えに、心を開くだけでよいのです。内なる平安は、霊的な自己とのつながりです。身体をリラックスさせ、感情を鎮め、思考をより高い理想や性質に焦点を合わせることで、そうしたつながりが実現していきます。あなたがより進歩し、より高いレベルのエネルギーの体験を望むならば、内なる平安がその扉となります。
.
   自分は内なる平安を生み出すといったん決心すると、平安でいるというあなたの決心に挑戦してくるような出来事が、次々と起きて来ることに気づくでしょう。するとあなた方は、「この出来事がなければ私は平静でいられるのに」と思うかもしれない。宇宙があなた方に、そのような例外と見なしたい出来事を送ってくるのは、あなたが心を乱すことが目的ではなく、平安でいるための新しい反応を生み出すためのチャンスとしてなのです。
.
   では、どのようにすれば内なる安らかさを形にして、それを安定して保つことができるのでしょうか。それにはまず、あなたが内なる安らかさを感じていることを認識し、その気持ちに自分の意識を合わせるところから始まります。それを身につけるという意志と意図をしっかり抱いてください。それがどのように感じられるかを想像力を使って思い浮かべることもできるし、それについて考えることもできます。自分の思考を向けるところには、どこにでもその体験をもたらすことができるのです。
.
外の世界から影響されるのをやめ、あなたの平安が外の世界に影響を与える
.
   日々どんなことが起ころうとも、自分は安らかさと癒し、愛を放射すると決心してください。たとえ予期せぬ請求書が届こうとも、周りの誰かの気分が変化しようと、また過去に自分の心や体の健全さが破壊されるような、どのような出来事により酷い目に遭ったことがあろうとも、そうすると決心します。
.
   あなたを取り巻く世界は、あなた自身が外に放つエネルギーでつくり出されている幻想です。ですからどのようなことでも可能なのです。あなたが今自分に見ている限界は、あなたの一部が語る「これは絶対にできない」という思考が実現しているからに過ぎません。あなたはそれを必ず変えることができます。あなたは自分自身の安らかさを通して、魂の光の反映を外の世界につくり出すことができるのです。
.
   内なる平安さを形にするということは、起きて来る出来事にただ反応するのではなく、積極的に行動することを意味しています。それは自分の立ち位置であり、取り組む姿勢であり、あなたが外の世界に放つエネルギーです。それはより高次の魂のレベルで宇宙とつながることを意味します。

周囲に存在する多くのエネルギーの流れを選択する
.
   あなたの周囲には、数多くのエネルギーの流れがあると想像してください。そして実際にそうなのです。あなたが願うならその一つの流れを選択し、そこに自分を置いて働きかけることができます。たとえばその選択の一つとして、求めるものを手に入れるために大変な仕事をしながら、いわゆる苦労、苦しみと呼ばれるものを選ぶこともできます。同じく、喜びという別のエネルギーによる流れを選択することも可能です。
.
   不安であったり心配したり、怖れたり緊張したりしている時は、あなたは前者の流れ、つまり苦労して手に入れるという流れの中にいるのです。ですがたとえ一瞬であっても、あなたが内なる安らかさを見出すことができるならば、自動的により高次のエネルギーである後者の流れ、つまり喜びの流れに乗ることができます。
.
   今、地上に生きている人々の中で、創造性と平和と光のエネルギーの流れをつくり出し、それを体験している大勢の人々がいます。そして、あなたが内なる安らかさに至るたびにこうした人々とつながることができ、より高いエネルギーをつくり出しているすべての人々とつながることになります。するとあなたの中で、アイディアが生まれ始めることでしょう。ですからこの内なる平安さという場所から、あなたが必要とするどのようなことでも、自分の中に引き入れることが可能なのです。
.
ハートをオープンにする
.
   その安らかさ、平安を手に入れるためには、ハートをすすんでオープンにする必要があります。自分を弁護したり、言い訳したくなったり、こころを閉ざしたいと感じるようなことが起きた時、あるいはいつもの自分なら身を引いたり、傷つけられたと感じる選択をする時でも、あなたには常にそれとは違う別の選択があるのです。いつもの反応の代わりに、少しだけ自分の心を開き、ほんの少しでも相手に対して慈愛と理解をすすんで抱くことで、相手に愛を送り、安らかな気持ちになっている自分に気づくことができます。
.
   あなたはこう言うかもしれない。「その通りです。これが私の人生であり、これが現実です。もし状況が変わってもっとお金が手に入り、あるいはこの人が私をイライラさせなければ、私は内なる安らかさを見出すことができます」と。繰り返して言いますが、あなたが現実だと思って体験していることのすべては、あなたの価値観や心の反映に過ぎません。いずれにしても、あなたが内なる安らかさを体験するという決心とその選択をするならば、今あなたが現実として体験しているすべてのことを変えることができます。つまり、より高い、よいやり方で、新しいアイディアや価値観を手にすることができるのです。
.
人を許し、執着を手放す
.
   許しは、内なる平安を実現するために不可欠のものです。
   もし過去における恨みやネガティブな感情を持っているなら、ほんのわずかの時間で、相手を許して癒し、その重荷を手放すことができます。もしあなたのした電話や手紙の返事を返さない人がいたり、あなたにした借りを返さず、あなたをひどく傷つけた人がいれば、それを許し、手放し、執着しないことで、あなたのエネルギーを浄化することができます。
.
   内なる安らかさとは、たとえどのような出来事、物事に対する執着であろうと、それを手放すことを意味しています。それには、自分が望むように相手が振る舞って欲しいとか、世の中周囲が自分の期待どおりに動いて欲しいというようなことも含まれています。
.
  そしてあなたがそうした執着を手放すとき、物事はあなたが期待していたり、計画していた以上に、人生はずっとうまく運び始めることに気づくでしょう。それは、自分の人生に対するコントロールを決してあきらめるのではなく、常に自分の内なる中心の静けさに基づいているということを意味しているのです。
.
.自分を許す
.
   内なる安らかさはまた、自分を許すということを意味しています。
   自分を愛することを覚えておいてください。それは、自分はよい人間であり、常に自分にできる範囲でベストを尽くし、瞬間瞬間にそれを行なうことができる人間だと知っておくことです。自分のことを許すとき、他者を許すことも楽にできるようになります。なぜならその人々もまた、その人なりに知っている出来る限りのベストを尽くしたのであり、その時に自分に出来ることをしたのだという理解により、人を許すことが可能になるからです。
.
   今ここで、自分の人生に内なる安らかさをもたらすことを決意してください。そしてさらに心を開き、さらに慈愛と理解を深め、さらに愛に満ちて、自分を含むすべて人々をさらに愛するのだと決めてください。心の中で、これからの1週間の自分を思い描いてください。あなたが全く新しいレベルの安らかさで人々に接しているのを想像してください。あなたの顔には微笑みがあり、心には安らかさと喜びがあるでしょう。
.
   あなたが重く感じていて、安らかさを感じたいと願っていることを一つ思い出してください。それはあなたがそのように反応してきた物事です。さあ、これまでそのように反応してきた物事を解放し、許し、手放すことを通じて、この問題に対して安らかさを見出すと想像してください。自分の内なる心に安らかさをもたらせるのは自分だけです。その安らかさという内なるスペースから体験する外の世界は、内なる安らかさを反映していることに気づくでしょう。
.
   そのために他の人や出来事、状況が、あなたの引き金を引く必要はありません。その代わりに、あなた自身が自らの内なる穏やかさの中心を保つとき、いつもあなたを悩ませ、心を乱されていた出来事さえも変えられるようになるのです。たとえ、それ自体が変わらなかったとしても、もはやそれらの出来事があなたの内なる幸福感に介入することはなくなるでしょう。自分の内なる中心の安らかさや、魂の光という内なる存在が、あなたが体験する世界に反映され、繰り広げられる様子をあなたは発見するようになるのです。 
.  
.
               『リヴィング・ウィズ・ジョイ』サネヤ・ロウマン著
                           ナチュラルスピリット
.
                                  抜粋
.
.
.
   多くの方々の著書や文章から掲載させて頂いています。
   私は基本的に、隠されている、公けにされていない、あるいは「誰もが知るべき真実」は、まだ知らない人々に伝えなければならないと考えています。その意味で、新たな情報、真実と考える物を掲載させて頂いています。侵害とお考えの際は、いつでも削除しますので、コメント欄にてお知らせください。ありがとうございます。
.
 連絡方法; トップページのバックナンバーから、2014年7月26日「”zeraniumの掲示板”について」へ行ってください。コメント欄から連絡できます。
 

« ・自分が放ったエネルギーはすべて戻って来て自分に実現する | トップページ | 「LINE」は韓国ネイバー100%子会社 »