« 「LINE」は韓国ネイバー100%子会社 | トップページ | 「あなたは自由ですか?」 »

・大東亜戦争(太平洋戦争)の真実

KSM  WORLD  NEWS さんから転載させて頂きました
.
.
世界は日本をどう見ているか   
大東亜戦争の真実 
   (太平洋戦争ともいう。1941年12月8日、イギリス・アメリカ・オランダ・フランス・中国などの連合国と日本との間に発生した戦争)
.
英霊たちに捧ぐ
.
   我々日本人は、これまで真実とは違う歴史を教え込まれてきた。
   それはGHQのWGIP(War Guilt Information Program)という洗脳計画により、正しい歴史から目隠しされてきたのである。それが自虐史観であり、「日本は戦争で卑劣な事をした酷い国である」として、日本人は学校でそのように教わることになった。
.
   しかし現代という、正しい情報がインターネットで手に入る時代となり、それによって今や多くの日本人が目覚め初めている。もはや、これを止めようとしても無駄である。なぜなら真実は変わることがないからだ。これまで大きく歪められてきた真実が、自然の蘇生力とともに本来の正しい方向に向かうのは必然だからである。
.
   その蘇生力を早めたのがインターネットであり、今や目覚めた人々による情報発信が基となって、加速度的に真実が拡散され続けている。もう、止めることは不可能だ。私たちは自分の力で真実を見つけようではないか。
.
   ただ残念なことは、現在の日本には信頼できるメディアがほとんどないという事実であり、それらは日本を貶める勢力によって抑えられ、乗っ取られている。しかしメディアもこの流れから逃れるのは不可能である。なぜなら真実を報道しないならば、淘汰されるのは必然だからである。
.
   さあ、真実を自分の手で見つけよう。
   この情報がその一助となることを、私は願っている。
.
<マレーシア>  #%-・ダト・ノンチック元上院議員
.
   日本軍は長い間、各国植民地を支配していた西欧の勢力を追い払い、とても白人には勝てないと諦(あきら)めていたアジア民族に、感動と自信を与えてくれました。長い間眠っていた、「自分たちの祖国を自分たちの国にしよう」という心を目覚めさせてくれたのです。
.
ミニッツ元帥 太平洋艦隊司令長官
.
   この島を訪れるもろもろの国の旅人たちよ、故郷に帰ったら伝えてほしい。この島を守るために、日本軍人は全員玉砕して果てたと。その壮絶極まる勇気と、祖国を思う心根を!
.
<イギリス>  スリム中将 イギリス第14軍司令官
.
   叩かれ、弱められ、疲れても、自身を脱出させる目的でなく、本来の攻撃の目的をもって、かかる猛烈な攻撃を行なった日本の第33師団の如きは、史上にその例をほとんど見ないであろう。
.
<韓国> 朴 鉄柱 韓日文化研究所
.
   現在の日本の自信喪失は、敗戦に起因しているが、そもそも大東亜戦争は決して日本から仕掛けたものではなかった。日本は平和的外交交渉によって事態を打開しようと、最後まで取り組んだのである。
.
   それまで日本はアジアの希望であり、誇り高き民族であった。
   日本の武士道は、西欧の植民地支配勢力に捨て身の一撃を与えた。それは大東亜戦争だけでなく、日露戦争もそうであった。
.
   日露戦争と大東亜戦争。この2つの日本の捨て身の戦争が歴史を転換し、アジア諸国民の独立をもたらした。この意義は、いくら強調しても強調し過ぎることはない。
.
   大東亜戦争で日本は敗けたというが、敗けたのはむしろイギリスをはじめとする植民地を持つ欧米諸国であった。彼らはこの戦争によってアジアの植民地をすべて失ったのである。
.
   日本は戦闘に敗れたが、戦争目的を達成した。
   つまり日本こそが勝ったのであり、日本の戦争こそが「聖なる戦争」であった。
.
   ある人は敗戦によって日本の国土が破壊されたというが、こんなものはすぐに回復できたのである。確かに二百数十万人の戦死者は帰っては来ないが、しかし彼らは英霊として靖国神社や護国神社に永遠に生きて、国民尊崇の対象となるのである。
.
<マレーシア>  ガザリー・シャフェー元外務大臣
.
   日本がどんな悪い事をしたというのか。
   大東亜戦争において、マレー半島を南下した時の日本軍は凄かった。わずか3ヵ月でシンガポールを陥落させ、我々にはとてもかなわないと思っていたイギリスを屈服させたのだ。私はその時まだ若かったが、あの時は神の軍隊がやって来たと思っていた。日本は敗れたが、しかしイギリス軍は再び植民地を取り返すことができず、マレーシアは独立したのだ。
.
   なぜ日本が謝る必要があるのでしょうか。
   あの対戦で、マレーシア人と同じ小柄な日本人が、大きな体のイギリス人を追い払ってくれたのではないか。日本なくして、東南アジアの独立はあり得なかった。この日本が支払った尊い犠牲を否定するということは、バックミラーだけを見ているようなものだ。
.
<オランダ> サンティン アムステルダム市長
.
   本当に悪いのは、アジアを侵略して権力を振るった西欧の人々なのである。日本は敗戦したが、その東亜の解放は実現した。その結果、アジア諸民族はそれぞれが独立を達成したのである。
.
   日本の功績は偉大であり、血を流して戦ったあなた方日本人こそ最高の功労者です。日本人は自分を蔑(さげす)むことを止め、その誇りを取り戻すべきであります。
.
<タイ>  タナット・コーマン元副首相
.
   あの戦争によって世界のいたる所で、植民地支配が打破されました。そしてこれは、日本が勇戦してくれたお蔭なのです。それにより多くの独立国が、火の中から不死鳥のように姿を現しました。誰に感謝を捧げるべきかは、あまりにも明白です。
.
<インドネシア>  モハメッド・ナチール元首相
.
   アジアの希望は、植民地体制の粉砕でした。
   そして大東亜戦争は、私たちアジア人の戦争を日本が代表して敢行したものです。大東亜戦争とは、本来ならば私たちインドネシア人が独立のために戦うべき戦争であったと思います。
.
   もしあの時、私たちに軍事力があったならば、私たちは植民地主義者と戦ったはずです。大東亜戦争とはそういう戦いであったのです。
.
.<インドネシア>  サンパス元復員軍人省長官
.
   特にインドネシアが感謝することは、戦争が終わってから日本軍人約1000人が帰国せず、インドネシア国軍とともにオランダと戦い、インドネシアの独立に貢献してくれたことである。
.
   日本の戦死者は国軍墓地に祀り、功績を讃え、殊勲賞を贈っているが、それだけで済むものではない。
.
<インドネシア>  ブン・トモ元情報相
.
   日本軍が、米国・オランダ・フランスを、我々の面前で徹底的に打ちのめしてくれた。我々は白人の弱体と醜態ぶりを見て、アジア人全体が自信を持ち、独立は近いと知った。
.
   そもそも大東亜戦争は我々の戦争であり、我々がやるべきことであった。そして実は、我々の手でやりたかったのだ。
.
<インド>  ネール初代インド首相
.
   彼ら(日本)が我々に謝罪する必要などない。
   ゆえにインドは、サンフランシスコ講和会議には参加せず、講和条約にも調印しない。
.
<インド>  グラバイ・デサイ インド弁護士会会長
.
   インドは程なく独立する。
   その独立の契機を与えてくれたのは日本である。インドの独立は、日本のおかげで30年早まった。この恩は忘れてはならない。
.
   これはインドだけではなく、インドネシアやベトナムをはじめ、東亜民族はみな同じである。インド国民はこれを心に深く刻み、日本の復興には惜しみなく協力しよう。
.
<ビルマ>(現ミャンマー) バー・モウ元首相
.
   日本ほどアジアを白人支配から離脱させることに貢献した国はない。
   しかしまた、日本ほど誤解を受けている国はない。
.
<ビルマ>(現ミャンマー) 
     チャンドラ・ボーズ デリーインド国民軍事裁判主席弁護人 
.
   日本軍の勝利はアジアのインド人に感銘を与え、自由獲得の戦いに参加することを可能にした。
.
<タイ>  ククリット・プラモード元首相
.
   日本のおかげで、アジア諸国はすべて独立することができた。
   日本という「お母さん」は、難産をして母体を損なったが、生まれた子どもはスクスクと育っている。今日、東南アジアの諸国民が米英と対等に話ができるのは、いったい誰のおかげなのか。それは身を殺して仁を為した、日本という「お母さん」があったからである。
.
   12月8日は、我々にこの重大な思想を示してくれた「お母さん」が、一身を賭して重大決意をされた日である。更に8月15日は、我々の大切な「お母さん」が病の床に臥した日である。我々はこの2つの日を忘れてはならない。
.
<アメリカ> ベン・ブルース・ブレークニー東京裁判弁護士
.
   原子爆弾という、国際法で禁止されている残虐な武器を使用して、多数の一般市民を殺した連合国側が、捕虜虐待について日本に責任を問う資格があるのか。
.
<インド>  パール判事 極東国際軍事裁判判事 東京裁判判事
.
   私の判決文を読めば、欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であることがわかるはずである。それなのにあなた方は、自分たちの子弟には「日本は犯罪を犯した」「日本は侵略の暴挙を敢えて犯した」と教えているではないか。満州事変から大東亜戦争に至る真実の歴史を、どうか私の判決文を通して十分に研究していただきたい。
.
   日本の子弟が、歪められた罪悪感を背負い、卑屈、頽廃に流されていくのを、私は平然と見過ごすわけにはいかない。
.
.
石碑に刻まれたラダ・ビノード・パール判事の文(要約)
.
   日本が熱狂と偏見をくぐり抜け、その苦しみを自ら和らげた暁(あかつき)には、また世界の理性が、信じてきた虚偽の仮面を自らはぎ取った暁(あかつき)には、その時こそ正義の女神はその秤(はかり)を平衡に保ちながら、過去に起きたもろもろの多くの賞罰を、正しい裁きとともに変えるよう要求するだろう。
.
.  
.
    多くの方々の著書や文章から掲載させて頂いています。
   私は基本的に、隠されている、公けにされていない、あるいは「誰もが知るべき真実」は、まだ知らない人々に伝えなければならないと考えています。その意味で、新たな情報、真実と考える物を掲載させて頂いています。侵害とお考えの際は、いつでも削除しますので、コメント欄にてお知らせください。ありがとうございます。
.
  連絡方法; トップページのバックナンバーから、2014年7月26日「”zeraniumの掲示板”について」へ行ってください。コメント欄から連絡できます。
 
 
 

« 「LINE」は韓国ネイバー100%子会社 | トップページ | 「あなたは自由ですか?」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「LINE」は韓国ネイバー100%子会社 | トップページ | 「あなたは自由ですか?」 »