« ・今回の人生における自分の使命・課題を見つける | トップページ | ・日本は、欧米の植民地だったアジアの開放のために戦った ② »

・日本人の「洗脳」  ①

  日本人に「日本という国を好きですか?」と尋ねると、大抵の日本人は好きと答えるでしょう。私は100%の確信を持って断言できますが、では「愛国心を持っているのですね?」と尋ねると、「う~ん、愛国心ですか・・・」と、現代の日本人は「愛国心」という言葉に対して、何らかの抵抗感を持っています。これを読む人の中にも、子供の頃からずっと「私は国を愛しています」と言ってきた日本人が何人いるでしょうか。
.
  ちなみに一般的な家庭で健全に育った米国人であれば、ほぼ全員がこれらの質問に対して、「私は子供の時からずっと米国に愛国心を持っています」と即答するはずです。そして私も、極めてそのような一般的な考えを抱いている米国人の1人です。ゆえに日本人の愛国心への抵抗感を見ると、とても奇異に映るのです。そう言うと、「いや、もちろん私だって日本は好きですよ」と言う日本人は多いでしょう。ではそういう人に重ねて聞きますが、では「日本を好き」なのと、「祖国を愛している」との違いは何ですか? 
.
  これはかなり難しい質問かもしれません。
  それに対する一つの答えは「マインドコントロール」です。戦後の日本では、日本人が愛国心を持つことに抵抗感を抱かせるような学校教育と、マスコミによる意図的な報道や放送が行われてきました。しかもそれは現在進行形であり、今、この瞬間にも行われています。つまり、日本人の皆さんは一種の洗脳を受け続けているのです。
.
  「マスコミや学校教育を通して日本人が洗脳されているだなんて、そんなバカなことが!」と思ったあなたは、残念ながら見事にマインドコントロールされてしまった人です。オウムの事件を引き合いに出すまでもなく、洗脳された人は、自分が洗脳されている事実になかなか気づきません。うすうす気づいてはいても、容易にその事実を認めようとはしないものです。なぜなら長年かけて築いた価値観が、根底から覆(くつがえ)ってしまうからです。
.
  戦後、この洗脳を教育機関やマスコミを操作して行わせた陰の主犯は、GHQ(連合国軍最高司令官司令部」でした。それは米国政府が仕組んだと言っても間違いなく、アメリカ合衆国の占領政策による謀略でした。これは「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」(WGIP)というものです。これの目的は要するに、日本人の心に、先の戦争についての罪悪感や嫌悪感を植えつけて、日本を二度と軍事的に立ち上がれない国にしようというものでした。米国政府がそこまでやった理由は、米国が日本や日本人を極端に恐れたことが原因です。この件については後で詳しく述べます。
.
  日本を「好き」であっても「愛国心」という言葉をなかなか言えない原因のもう一つは、「日本人が日本のことを知らない」ことにあります。誰も「知らないものを愛することはできません。その点では、明らかに日本人は自分の国のことを「十分には」知らないように思います。たとえば何ヵ国かの人々が集まるパーティのような席では、まずたいていは各自の「お国自慢」から始まり、それぞれが自国の文化や伝統、歴史について語り、相手国について質問したりします。そのような場で、自国の歴史や文化を語れない人は「無教養な人」と思われてしまいます。
.
  その点で日本人はどうでしょうか?
  (日本人は海外で、自国のことを自信を持って語れない人が多く)、海外で活躍している有能な人ほど、(語れないのは、自国のことをあまり知らないことに原因があると気づいているので)、「もっと自国のことを知る必要がある」と言うことが多く、おそらく普通に大学を出た程度では知識が足りないと思うようです。そして、その知識不足の大きな原因も、やはりGHQの「WGIP」にあります。
.
  しかも戦後日本では、天皇についての歴史や文化伝統を学ぶことは一種のタブーになっていました。それは日本人が作り上げた公式の歴史書の『古事記』や『日本書記』に書かれたことさえ、学校で教えることができなかったのです。八世紀に編纂されたこれらの書物は「神代」(かみよ)の時代の話などで、それなら「神話」として教えればいいのですが、それさえ行われなくなったと聞いて、私は非常に驚きました。
.
  (略)神話の時代から現代に至るまで、ずっと天皇とともに続いてきている国だからこそ、世界の人々は日本という国に憧れ、敬意を抱いているのです。ですが一方で日本人は天皇についてあえて無関心、あるいは斜めに構えて、敬いながらも遠ざけるような考え方を持っているように見えます。
.
  それも無理からぬことで、「天皇」と「愛国心」を一緒に論じることは、戦後の日本ではある意味非常に危険なことでもありました。しかし戦争が終わって70年以上経った今日においてもいまだ、愛国心を語ることはすなわち軍国主義であると考えられています。そして、それこそが「WGIP」が日本人に植え付けることを目指した世界観だったのです。
.
  (略)アメリカ人である私の理解が及んでいない部分も多々あると思うし、誤解もあるかもしれません。しかし外からの視点を率直に紹介することで、日本の人々にとってある種の「鏡」の役割が果たせるかもしれないと思っています。本書を最後まで読んでも、「自分はどうしても日本への愛国心が持てない」という日本人がいれば、ぜひ、自分が一番好きな国に移住したり帰化することをお勧めします。
.
       『ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人』
           ケント・ギルバート著 PHP新書1107(840)
.
                       抜粋
.
.
.
――多くの方々の著書や文章から掲載させて頂いています。
   私は基本的に、隠されている、公けにされていない、あるいは「誰もが知るべき真実」は、まだ知らない人々に伝えなければならないと考えています。その意味で、新たな情報、真実と考える物を掲載させて頂いています。侵害とお考えの際は、いつでも削除しますので、コメント欄にてお知らせください。ありがとうございます。

« ・今回の人生における自分の使命・課題を見つける | トップページ | ・日本は、欧米の植民地だったアジアの開放のために戦った ② »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ・今回の人生における自分の使命・課題を見つける | トップページ | ・日本は、欧米の植民地だったアジアの開放のために戦った ② »