« ・今ここに生きる霊的な意味 | トップページ | ・目標を書くと実現する! »

・すべては「自分次第」

頑張らない。何よりもまず自分
.
  (略)...そのビジネスは当然、断られることも多いのでしょうが、自尊心の低い人が活動すると、「断られる自分は価値がない」と思い込んでしまいます。そうやってもともとない自尊心が、断られ続けることでますます低下し、そのうちに疲弊して辞めてしまいます。
.
  一方、自尊心の高い人だと、「断られても断られなくても、私は価値がある」が前提なので、自尊心は傷つかず、ちょっとした「技術(コツ)」を学び、「行動(努力)」を淡々と繰り返すことで、結果は後から追いかけてきます。
.
  つまりこうなります。
〇あなたがOKでもNOでも私は価値がある=自尊心が高い
〇あなたがOKなら私は価値があるが、NOだと価値がない=自尊心が低い
.
  ここでのOKとは「承認される」で、NOは「承認されない」を意味します。お会いしたトップのお2人は、すでに成功されていることもあるでしょうが、頑張っている雰囲気が全く感じられず、それは生活全般に渡っていました。
.
  ここで、「頑張る」を定義します。
  「頑張る」とは「他人から承認を求めて無理して行動する」となります。基本的に他人は思い通りになりません。その思い通りにならないものを、思い通りにしようとするから頑張りが必要になるのです。
.
  しかし、思い通りになるものもあります。
  それはいうまでもなく「自分」です。たとえ断られても、そもそも思い通りにならない物だから仕方がない。だけどその事実を受けて「明るく」次に進む」か、あるいは「落ち込んで動かない」か、の選択だけは自分の思い通りになります。
.
  自尊心は「自己評価」と「自己選択」によって成り立っています。他人の評価や承認は一切関係ありません。思い通りにならないものを、思い通りにしようとするから頑張りが必要となり疲れるのです。なのでまずは、自分で自分を最大限に評価することです。そしてどんなことが起ころうとも、唯一自由になる自分の心だけは自分で選択してください。
.
  「他人の評価は関係ない。評価するのはいつも自分だ」(自己評価)
  「自分のココロの中まで他人には決めさせない。選択するのはいつも自分だ」(自己選択)
.
  この2つの言葉を常に思い出し、「自己評価」と「自己選択」の軸が、宇宙から1本の細い柱として伸び、頭のてっぺんから身体を通って足から抜けて地球の中心まで届くイメージをしてください。この状態を保てば、他人の承認を求めたり、自由を手渡したりなどのブレは生じません。
.
  ネットワークビジネスのような過酷な仕事であっても、他人の承認も批判も関係ありません。その軸に立った人だけが成功できるわけで、それはどんな仕事でも同じです。まずは自分の中心を通る軸を意識する。それが自尊心を高める最初の一歩です。
.
無意識に任せない
.
  「あるがまま。宇宙にお任せ。直感で生きる。流れに乗って。何もしない」。これはいわゆるスピリチュアル系でよく見られる言葉ですが、一定層にはとてもウケがよいようです。確かに高次元の視点から見ると、この世の中は起こることが起きており、すべてが宇宙の必然であることは間違いないでしょう。その意味で、「お任せ、直感、あるがまま...」が真理において間違っているわけではありません。
.
  しかしここは地球であり、3次元です。
  さらに私たちは人間です。言葉と自由意志を持った人間です。その与えられた人間としての役割を放棄して、ただ「あるがまま」を無為に生きるだけでいいのでしょうか? 
.
  Cランクにある人の多くは、自分で考えることが苦手かもしれません。考えることはリスクを伴います。なぜなら、考えると必ず「変化」が起きるので、脳が莫大なエネルギーを要求し、身体全体に負荷がかかります。さらに考えたことを言葉として表現したり、行動に移したりすると、周囲や人間関係に大なり小なり変化が起きます。そして変化は危険を伴う。ゆえに考えることはリスクなのです。だからこそ人に考えることを要求しない無為、つまり「あるがまま、お任せ...」は、特にCレベルの人に安らぎを与えるのです。
.
  ただし「お任せ」が宇宙的真理である一方で、物理的には別の法則が働いています。いわゆる熱力学で言うところの「エントロピー増大の法則」がそれです。これは、「自然は秩序から無秩序に向かう」という物理の原理ですが、「部屋は片付けなければ次第に乱雑になる」などの比喩で説明されます。つまり、「何もしなければ、どんどん悪くなる」というのが物理空間における絶対法則であり、言い換えると、人は意識的に生きなければどんどん不幸になるのです。
.
  一般的に言われているのは、「糖類・糖質」は習慣性があります。
  疲れた時の飴やチョコレートは実においしいですが、普段から砂糖菓子を食べる習慣のある人は、特別な時でなくても砂糖を欲しています。その要求は「無意識」のしわざなので、放置しているとどんどん体内に糖類・糖質が蓄積され、肥満やその他生活習慣病を誘発します。
.
  ではそのような不本意な結果を避けるにはどうすればいいか。まずは「意識的に生きる」ことです。炭水化物取り過ぎで肥満になると知れば、どこか1食は減らしてみる。今までコンビニに入ると習慣的、つまり無意識的にチョコレートを買っていたが、一度買わずに出てみる。ちょっと意識するだけで、いろいろな変化を起こせるはずです。
.
  「引き寄せの法則」においても重要なのは、「決める」ことです。
  「引き寄せの法則」の真意は、都合よく楽に望みを叶えようなどというものではなく、良いことも悪いことも自分が決めた結果であると知るところにあります。
.
  「無意識(潜在意識)」は安心・安全を第一の目的とするので、変化することを極度に嫌います。「月収100万」とか「イケメンとの結婚」など、頭で考えて望ましいことであっても、それが現状から見た「変化」である以上、無意識はそれを避けようとします。その結果、いつまでも現状維持が続き、望ましい人生が実現できないのです。
.
  例えば「月収100万円」になると決めたとします。
  そこで手始めに第1章でご紹介した「お金持ちになる本」を読むことから始めます。しかしいつもの無意識は「こんなの読んでも変わらないよ~、漫画の方が面白いよ~」とささやきます。無意識は変化を嫌うのでそのような動きを抑制するために、必ずそんなことを言って来ます。
.
  しかし、決めました。
  決めたのです。収入をアップするためには、まずは『人を動かす』を読破しましょう。それまでは別の本を読まない。そして『人を動かす』を読んだ結果、読んだ自分と読まなかった自分が、今や全く別人になっていることがわかるのです。こうして「決める」ことで、人生は大きく動き始めます。
.
  「引き寄せの法則」の「心地よい感情を得る」ことにおいても、自分が本当に」欲しいものは「100円の板チョコ」なのか、「1500円のタルト」なのかが、金額やいつものパターンに流されず、意識的に選択できるのです。
.
  これからは「無意識」にお任せするのはもう卒業しましょう。
  最初はそのことを意識しないと「意識」できませんが、それもまず一歩です。意図的にする「意識」の積み重ねによって、自分に軸を取り戻すのです。つまり、自尊心を取り戻すのです。
.
「すべては自分次第」
.
  10年ほど前、アメリカのセールスコーチのセミナー音声(日本語)を聞き流していた時、突然、猛烈に耳を奪われる話が始まりました。絶対売れるための、成功するための最強の「呪文」を教えようというのです。それは2つありました。一つは「自分が好き」、そしてもう一つは「すべては自分次第」というものでした。「自分が好き」はわかるのですが、「すべては自分次第」にやたらザワザワしたのを憶えています。
.
  それは自分が独立したばかりで、収入もほとんどない状況にあって、責任を強く感じていた頃です。収入がないのは確かに、自分の能力や根性のなさだとの自覚はありましたが、そうはいっても日本経済がもっとよければ、仕事がもっとたくさんあれば、みたいな気持ちも少しはあったからです。
.
  さらにその2、3年後頃に、知人のビジネスセミナーに参加した時、講師の一倉定さんという経営コンサルタントが発したと言われる次の言葉を紹介しました。
 「電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも社長の責任である」
.
  一倉さんは非常に厳しい、カリスマ的なコンサルタントであったと伝説化されていますが、「電信柱が~」のひと言は特に知られた言葉のようです。それは、とかく従業員のせい、顧客のせい、日本経済のせい、法改正のせい、と何でも他人が悪くて責任転嫁ばかりする社長に向けられた叱責なのだそうです。つまり、これもまさに「自分次第」なのです。
.
  ただ、Cランクにいる人に対して、「すべては自分次第」という言葉は非常に厳しく突き刺さるかもしれません。あるいは罪悪感ばかり増幅させてしまうかもしれません。しかし本当の意味で、「すべては自分次第」を受け入れた時、その瞬間から人生は大きく変わります。なぜなら、この言葉の真意は「究極の自由」だからです。
.
  例えば次の2つの言葉の違いがわかるでしょうか。
  美味しいものを食べる
  美味しく物を食べる。
.
  違いは1字だけですが、意味は全く正反対になります。
  つまり自分が美味しい思いをするためには、「美味しいもの」が実際にあるかどうかに左右されるのです。
.
  せっかくの旅行なのに雨が降っている。
  天候ばかりは自分のせいじゃないのはわかりますが、雨でも楽しめるかどうかは自分にかかっています。晴れでないと楽しくないのは不自由ですが、晴れでも雨でも楽しめることは究極の自由です。
.
  勤めていた会社が急に倒産したのは、普通に考えて自分のせいではありません。しかし会社がなくなって自分は不幸だと思うのは不自由ですが、そこから「新たな人生に向けた前向きなスタートだ」と思うのは自分次第です。
.
  今度結婚する彼氏は収入もそんなに多くないし、背も低いし、頭髪も薄い。でも自分にとって世界一の旦那だと思うのは自由です。仮に収入が多く、イケメンでも、それらがいつまで続くかどうかはわかりません。収入や容姿がよくないと幸せでなくなるのは、やっぱり不自由です。
.
  つまり、私たちにとって大切なものは、外側にいいものを探し続けることではなくて、自分の住む世界が最高になることです。そして幸せかどうかは常に自分で選択できます。「すべては自分次第」とは、罪悪感や被害者意識を持ちましょうということではもちろんなく、いつでもこの瞬間から、自分次第で幸せになれるんだという「自由」を持つことを意味します。
.
  自尊心の低い人は他人や外側に軸を置いているので、自分に自由はありません。自尊心の高い人は常に自分に軸を置いているので、いつでも自由です。何があっても「すべては自分次第」を念頭に置いてせ生活しましょう。
.
  私自身も仕事や人間関係でうまくいかないことや、面白くないことも少しくらいはあります。しかし、そんな時こそ「すべては自分次第」に立ち戻ると、新たな方法や解決策が見えてくるものです。
.
  「他人や外部がOKでなければ、私は幸せではない」ではなく、「他人や外部がOKでもNOでも、私は幸せだ」で生きて行きましょう。そう心掛けることで、自尊心はみるみる回復し、願いが叶う体質へと変化して行きます。
.
             『「言葉」が人生を変えるしくみ その最終結論。』
                             石田久二著  Clover
.
                       抜粋
.
.
.
――多くの方々の著書や文章から掲載させて頂いています。
   私は基本的に、隠されている、あまり知られていない、あるいは「誰もが知るべき真実」は、まだ知らない人々に伝えなければならないと考えています。その意味で、新たな情報、真実と考える物を掲載させて頂いています。削除をご希望の際は、コメント欄にてお知らせください。いつでも削除致します。掲載させて頂き、ありがとうございます。

« ・今ここに生きる霊的な意味 | トップページ | ・目標を書くと実現する! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ・今ここに生きる霊的な意味 | トップページ | ・目標を書くと実現する! »