« ・人類は地球での「輪廻転生」レベルを超えられるか | トップページ | ・世界に構わないでいなさい。その代りに自分自身を変容させなさい。 »

・次元上昇は魂(意識)と肉体が一体化して行われる

   私たちの脳裏に浮かんだ疑問を、サン・ジェルマンも即座に理解したようだった。「地球の内部に人がいるだって? それはいったいどんな人々なんだ?」 次々と疑問が湧いてくる。サンジェルマンにしては珍しく、しばし考え込んだのちに、「では説明することにしよう。あなた方の真実を知りたいという欲求が大きいようだからね」と話し始めた。
.
  『自意識を持った人間、つまり自分が自由意志を持つ創造主と同じものであることを知り、それを自覚している者にとっては、自分が望めば、宇宙のどんな所でも行くことが出来ない場所や、何が起きているのか理解できないことなど何もない。宇宙の生命の真理を学んでいるあなた方は、そのことをぜひ忘れないでほしい。
.
  地球の核が火の塊(マグマ)だけであるという説は、実は根本的に間違っている。地球の内部のある一定の深さまではマグマが活動しているが、地球の核内部のある領域には自意識を持った生命体が住んでいる。彼らは途方もなく長い周期にわたり努力を重ねた結果、ある種の力を獲得した存在たちだと言える。神の計画を果たすべく、彼らは地球の内部で平和に暮らしているが、彼らの中には地上で活動している者もいる。
.
  このようにアセンディッド・マスターたちが、外界におけるあらゆるレベルの生命活動を援助していることを覚えておいてほしい。つまり地上だけでなく、地球内部においても、地球を超えて太陽系や他の惑星でもマスターたちが活動している。
.
  神の偉大な計画や無限性を思えば、これらは少しも不自然でナンセンスな話ではない。不自然でナンセンスなのは、むしろ人間の無知や愚かさ、了見の狭さである。自分が理解できないとなれば、すぐに宇宙の驚異に心を閉ざし、「そんなことはあり得ない。嘘だ。信じられない」と繰り返すばかりだ。
.
  人間が何かを不可能だと思うのは、まさに無知と無教養の成せる業だ。創造の偉大なエネルギーの源を心から受け入れる光の学習者たちは、我々が日々創造の素晴らしさに直面していること、それが驚嘆に値するものであることを知っている。
.
  人間たちは原子の神秘は理解しても、太陽の神秘には疑問を呈する。こんなことはとても、思慮分別のある者ならしないはずだ。(地球内部に人が住んでいることを聞き、)彼らのことを自分が知らないからといって、それが彼らが存在しない証明にはなり得ない。
.
  人類はもう少し、この宇宙に住む他の存在たちについて学ばなければならない。人間の無知や疑念、頑なさによって、宇宙の真理が損なわれることなどあり得ない。それは雲が一時的に太陽を覆い隠せても、太陽の存在自体を消すことができないのと同じだ。地球上には昔も今も、無知の雲が厚く真理を覆っているが、その雲を光が貫く時が到来する。それが今であり、この時代である!
.
  これまで人々が囚われ続けてきた概念の間違いが、真理の光に照らされて純化する。やがて無知は忘却の海に消え去り、内なる”大いなる私は在る”の光に取って代わることになるだろう。では続いて、今夜の本題に入る』
.
  そう言うと、サン・ジェルマンは先ほど紹介した白髪の男性を示した。ここでは彼の名を仮にデビッドと呼ぶことにする。
.
  『我が兄弟デビッドのアセンション(次元上昇)の時が来た。彼はこれまで数々の転生を経て、生命の流れとの調和を成し遂げ、さらなる活動の領域に入れるようになった。これは人間としての意識における最終段階ともいうべきものだ。今回の転生においてそこまで自身を高めることができた彼だからこそ、我々も喜んで援助することができる。詳しいことは実験室に行ってから説明しよう』
.
.    実験室のドアを開けると、室内全体が白い光でまばゆく輝いている。電子加速器に近づくと、生命のエッセンスが蓄積されているのがわかる。だが残念ながら現時点では、この装置についての詳しい描写は禁じられている。伝えられることは、次元上昇する者が座る椅子が純金のような物質で出来ていたことだけである。サン・ジェルマンの説明では、それは金といくつかの物質を融合させたもので、まだ地球上では知られていないものだという。
.
  サン・ジェルマンはデビッドに椅子に座るように指示し、彼が腰を下ろすと、椅子の内部から光が輝き始めた。デビッドはくつろいだ様子で両肘をひじ掛けに載せ、背もたれに身を預けた。それは座り心地の良さそうな豪華な椅子だが、その周囲には機械らしきものは何もついていない。準備の間、見ている誰もが得も言えぬ興奮に包まれていた。
..
  用意が整ったところで、一同は静まり返って次の展開を待った。
  やがて絶大なパワーと輝きを伴いながら、アセンディッド・マスターが宙から姿を現した。そしてそこに居合わせる者たち1人ひとりの光を見定めると、椅子を囲むようにそれぞれを配置し、手をつないで円陣を作った。宙から現れたマスターがデビッドの正面に、サン・ジェルマンが背後に立った。そしてマスターがみなに指示をした。
.
  『全員目を閉じて、各自の内にある”大いなる私は在る”の力に全ての意識を集中しなさい。そのうえでデビッドの肉体が神の完全性へと上昇するのを喜びを持って称えてほしい。彼は今、宇宙のエネルギーの源である神が授けた本来の自由と支配力を、完全に受け入れられる状態にある』
.
    次いでマスターは、私(著者)に向かって言った。
 「あなただけは、目を開けてこの場面をよく観察するように」と。それで私は指示された通り目を開け、一部始終を見守ることにした。
.
  光が非常に強くなっていたので、最初はまぶしくてデビッドの姿がよく見えなかったが、自分も光と一緒に上昇するような感じがしたかと思うと、急に視界が晴れわたった。すると不意に驚くべき現象を目にした。それは白髪で年老いていたデビッドの容貌がみるみる若返っていくではないか! 白髪が濃い栗色に変わり、顔のしわが消えていき、肌の血色が良くなり、顎の白いひげもいつの間にかなくなっていた。
.
    だがそれ以上の観察は不可能になった。光はさらに強度を増し、光以外何も見えなくなったからだった。光がデビッドを包み込んでいることだけはわかったが、その異様な輝きは私たちをも包んだ。もう体の輪郭が完全に見えなくなったところで、私は自然と目を閉じた。それがどのくらいの時間だったかはわからない。しばらくするとサン・ジェルマンが全員に向かって言った。
.
  『デビッドの肉体は完全な電子体へと上昇し、我が光の兄弟の大マスターに導かれ、ひとまず光の王国に運ばれた。肉体が永遠の光の体へと変わったことでそれが可能になった。彼はいつの日か、次元上昇を果たした姿で、神々の指示のもとに、人類に奉仕すべく戻って来るだろう』
.
   サン・ジェルマンの後について「水晶の間」へ向かった。
  サン・ジェルマンは上座に座ると、正面にダニエル・レイボーンを座らせ、全員が着席したところで驚くべきことを言った。
.
  『明日の晩、今日デビッドがしたことをダニエル、あなたにもやってもらう。ただしあなたの場合は今日のような最終的な仕上げの段階ではなく、体内の原子構造を向上させ、来たるべき時に備えるためだ。それは一般的には「死」と呼ばれるものを経て達成されるが、あなたの場合はそうではなく、必要な援助を受けながら、肉体を衰退させる前に完全な状態へと上昇させることになる』
.
  そう語ると、次に(ダニエル・レイボーンの娘と息子の)ナダとレックスに向かって言った。
.
  『以前あなた方に、父親が死ぬことになっても嘆く必要はないと言ったことがあるが、今その意味が理解できたことと思う。我々が”死と呼ばれる刈り入れ人”から解放される手段が「これ」なのだ。この方法を使い意識を失うことなく、神の永遠の遺産である光、完全なる生命と一体化する。
.
  この段階に達するために多くの者たちが(繰り返す転生という)長い期間を要するが、いずれにせよどこかの時点でその道のりを歩み始めなければならず、しかも最後までやり遂げ、達成しなければならない。人間の体験におけるこの上昇の部分については、長い間人類には知られておらず、理解することはおろか、それが可能であることさえ考えられたことはなかった。
.
  しかし2千年前にマスター・イエスが上昇について説明し、自ら完璧な手本を示してくれた。(タボール山での変容)  だが人類はその意味を理解せず、長い歳月の末にそれは人間には不可能だという結論を下した。イエスと同じことをする必要はないが、しかし誰もがどこかの時点で、体の原子構造を不完全なものから不朽の電子体に上昇させる必要はある。
.
  今のこの時代に転生している人間の中には、我々が協力することで意識的に上昇できる者たちもおり、あるいはその可能性のある者も多い。そのために援助できることは我々にとっても大きな喜びだ。原子加速器はその目的のために作られたもので、人類に恩恵をもたらすこれ以上の発明はない。
.
  デビッドの肉体がどうなったか、あなた方も現実の出来事として目(ま)の当たりにしたわけだが、この装置が強力な媒介となって肉体を上昇させると同時に、それを不朽のものに回復できることを十分理解したと思う。
.
  この原子加速器は当然、脳にも作用を及ぼし、人間の心や精神活動のバランスを完全にすることで、あらゆる不誠実な行為や犯罪行為も回避することができる。この装置は、アトランティス文明でも使用されていたが、当時はここまで完璧なものではなかった』
.
         『マジック・プレゼンス』 ゴッドフリー・レイ・キング著
                  ナチュラルスピリット 
.
                       抜粋
.
.
.
――多くの方々の文章や著書から掲載させて頂いています。
   私は基本的に「誰もが知るべき真実」は、まだ知らない人に伝えなければならないと考えています。その意味で、新たな情報、真実と考える物を掲載させて頂いています。削除をお望みの際は、コメント欄にてお知らせください。いつでも削除致します。掲載させて頂き、ありがとうございます。
.
  ここからコピーして掲載される方は、「著書名・著者名・出版社名」を明記し、省略しないようお願いします。
                                   zeranium

« ・人類は地球での「輪廻転生」レベルを超えられるか | トップページ | ・世界に構わないでいなさい。その代りに自分自身を変容させなさい。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ・人類は地球での「輪廻転生」レベルを超えられるか | トップページ | ・世界に構わないでいなさい。その代りに自分自身を変容させなさい。 »