« ・学校教育を立て直す  ⑤ | トップページ | ・びっくりするほど自己中心的な人たち  ⑦ »

・中・韓層に優しいマスコミ報道姿勢 ⑥

   2014年8月5日と6日、朝日新聞がある検証記事を発表しました。それは、これまで朝日新聞が報道してきた慰安婦問題についての記事が、誤りであったというものでした。  
.
   かつて朝日新聞は吉田清治という男の証言をたびたび紹介してきました。内容はというと、「自分は朝鮮人の女を奴隷狩りのように強制連行していた」というものです。しかし吉田が強制連行を行なったという韓国済州島で現地の人々に話しを聞くと、そんなことは無かったと言います。当然です。そんなことをやっていれば暴動が起きていたでしょう。
.
   吉田の証言は虚偽だったのです。そんな吉田の証言を朝日は、確認できただけでも16回掲載しています。大阪本社版朝刊に初めて掲載されたのは、1982年9月2日です。つまり32年も経ってようやく訂正したのです。
.
   吉田証言が虚偽であるというのは、なにも最近になって分かった新事実ではありません。20年以上も前にすでに完全否定されていたものを、今さら訂正したことが問題なのです。そして、この朝日の新聞がきっかけとなり、慰安婦問題は国際問題と化したのです。その発端となった朝日新聞が32年の時を経た(2014年の)今になってこんなことを言うのです。
.
   ■読者のみなさまへ
   吉田氏が済州島で慰安婦を強制連行したとする証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します。当時、虚偽の証言を見抜けませんでした。済州島を再取材しましたが、証言を裏付ける話は得られませんでした。研究者への取材でも証言の確信部分についての矛盾がいくつも明らかになりました。
.
   原因は研究の乏しさにあった。当時、慰安婦を研究する専門家はほとんどなく、歴史の掘り起こしが十分ではなかった。朝日新聞は、国内の工場で働いた日本人の下、挺身隊員を記事で取り上げたことはあったが、朝鮮半島の挺身隊の研究は進んでいなかった。
                           朝日新聞 2014年8月5日朝刊より
.
   今さら遅いのです。他にも挺身隊誤用問題があります。
.
      慰安婦問題がクローズアップされた1991年当時、朝日新聞は朝鮮半島出身の慰安婦について、「第二次大戦直前から『女子挺身隊』などの名で前線に動員され、慰安所で日本軍人相手に売春させられた」(1991年12月10日朝刊)、「太平洋戦争に入ると、種として朝鮮人女性を挺身隊の名で強制連行した。その人数は8万とも20万ともいわれる」(1992年1月11日朝刊)と書くなど両社を混同した。
.
    「女子挺身隊」とは戦時下の日本内地の朝鮮・台湾で、女性を労働力として動員するために組織された「女子勤労挺身隊」を指す。1944年8月の「女子挺身勤労令」で国歌総動員法に基づく制度となったが、それまでも学校や地域で組織されていた。朝鮮では終戦までに、国民学校や高等女学校の生徒ら多くて4千人が内地の軍需工場などに動員されたとされる。目的は労働力の利用であり、将兵の性の相手をさせられた慰安婦とは別だ。
. 
   ちなみに挺身隊の誤用ですが、韓国では未だに使っている団体があります。慰安婦と関係ない挺身隊をあえて誤用し、当時は研究が乏しかったなどと言い訳する姿に、怒りを覚えた国民は多いでしょう。他にも言い訳のオンパレードです。しかも紙面には謝罪の言葉は一つもありません。言い訳だけです。
.
   しかし朝日新聞が慰安婦問題で記事を取り消すなど、思いもしないことでした。8月5日は私は広島にいたのでよく覚えていますが、一歩前進したなと思ったと同時に、紙面のあまりの言い訳っぷりに怒りが湧いてきました。普段、日本政府に対して「誠意ある説明を」などと求めるくせに、自分たちがいざ問われる側に立つと、このザマです。
.
マスメディアの火薬庫 朝日新聞
.
   ネットを日常的に使う人であれば、朝日新聞が非常に偏った新聞であることを知る人は多いでしょう。しかしネットに触れないような人たちは、朝日新聞がまさか嘘をついているとは思いもしなかったことでしょう。年齢層が高くなればなるほど新聞を盲目的に信じる人も多いようですが、新聞には誤報もあれば意図的な捏造もあり、特に朝日新聞は極端な報道を行ないます。それもほとんどが日本を貶める方向の報道なのです。
.
   朝日新聞の前科は余りにも多いのです。今回の慰安婦問題の焚き付けだけでなく、靖国問題、南京の問題も朝日が焚き付けたものです。問題をたどれば大体が朝日に行き着くのではないかというほどです。この姿勢はまさに報道界の火薬庫の名にふさわしいでしょう。(中略)朝日新聞が批判される理由は簡単で、自分たちの意見で国民を扇動するためなら、捏造もいとわないという姿勢のためです。報道は多様であっていいし、そうでないと世論は偏るおそれがあります。しかし嘘はダメでしょうということです。
.
情報を独占できなくなったマスコミ
.
   今はインターネットの時代です。TwitterやFacebookなどのSNSの発達も大きく、今や誰もが情報を発信できる時代になりました。個人がメディアになれる時代なのです。これにより、今まで一部の人だけが持っていた情報が、多くの人にシェアされるようになったのです。マスコミは情報を独占できなくなり、誤報や捏造記事に対しては、これまでになかった強い批判を浴びるようになりました。それでも朝日新聞は放置して来たのです。
.
   国会では慰安婦問題の追及が激しくなり、「河野談話」も韓国と談合して作られたものであることが明らかとなりました。それで朝日はもう逃げ場がなくなり、ようやく記事の取り消しに至ったのです。ここで勘違いしてはいけない点として、朝日が自主的に取り消したということではなく、社会が朝日の捏造記事の放置を許さなくなった結果、仕方なく取り下げたということです。
.
   32年間意図的に放置してきた慰安婦記事に対し、単独の謝罪会見は行われなかった。しかし福島原発に関連する吉田調書捏造問題では珍しく会見を開き、そこで「ついでに」慰安婦問題について謝罪の言葉が出ました。ですがここで行われたのは「朝日新聞読者」に対する謝罪であって、自分たちが捏造記事で散々貶(おとし)めてきた日本国民に対しての謝罪ではなかったのです。
.
   それは何も朝日新聞に限った話ではなく、日本の新聞、テレビであるはずなのに、日本を貶めるものがとても多いです。それは地方紙も同じで、私が住む北海道にある北海道新聞も朝日に負けず劣らずの偏向新聞だし、沖縄の沖縄タイムズ、琉球新報などはまるで中国の機関紙かと疑うほどです。
.
はじめに結論ありき
.
   (略)それにしても回答者のほとんどが、今のマスコミの報道姿勢に怒りや不満を持っているのがわかります。
.
   fullmoon特定の意見を国民全体の意見として押し付けている。一つ問題があったら、メリット、デメリット、賛成、反対の意見を聞いて判断したいが、させてくれない。それ以前に前提としてあるのが、国を大切にする気持ちがない報道が目立つ。まあ、その理由もわかる。国を大事に思う気持ちがあることが前提だが、賛成、反対などの意見を出し合える報道機関であってほしい。
                                             北海道 はる 30代
.
  情報というのは結局は、自分で考えるための道具に過ぎません。しかしその情報が偏っていると、考え方もおかしくなります。情報にある程度の偏りが出るのは仕方ないとしても、あまりにも一方的な考え方しか提示しないのが日本のマスコミの問題です。よって盲目的に一紙だけを信じてはいけないのです。
.
.     fullmoon通名報道、と言うより通名を使う人々の起こす事件自体が、テレビではほとんど放送されていない気がする。NHKの受信料の高さは一体何なのか。取材の際、横暴な態度のメディアが多いが、取材先の迷惑を考えていないようだ。しかも取材内容を改変してメディアに都合よく報道する。私も経験があるが、私の回答は全く違う内容になっていたことがある。友人も同じ体験をしたそうで、それを読んで誤解した親戚から怒られたという。
.
   日本人が犯罪を犯すと、当然、実名で報道されます。しかし在日韓国朝鮮人や中国人が日本で犯罪を犯すと、なぜか日本人風の通名で報道されることが多々あります。一体、何に配慮しているのでしょうか? むしろ通名で報道することこそ差別ではないでしょうか。結構な時間を使って取材を受けたのに、自分の主張が改変されて使われていたという事例は他にも報告があります。紙面などの都合があるとしても、あまりに横柄な態度です。
.
   朝日新聞。それしか読んでいないので他はわかりませんが、「特定秘密保護法は絶対になくすべきだ~」とか「慰安婦は~」とか「尖閣諸島は~」とか、呼吸をするように言っています。正直、13歳の私でも、バカなんじゃないかな、と思います。天下の朝日様のおかげで、私の母の脳みそはすっかり朝日思考です。
                                          東京都 アレクサ 10代 
.
   朝日新聞の場合、最初から反対という結論ありきになっています。しかも露骨すぎて、朝日新聞は隣国の工作機関かと疑うほどです。それほど偏向した主張をしています。
.
.     fullmoon 高校でたびたび行われる進学説明会に、マスコミ関係の仕事をしている人が来たことがある。最初はある新聞社に勤めていたが、方針に疑問を抱いてやめてしまったという。その方針とは、取材や調査によって結論を出すのではなく、予(あらかじ)め用意してある結論に合致するよう取材を行なうというものだったという。その話を聞いて以来、私はマスコミの情報を信頼できなくなった。事実、一部のマスコミは明らかな偏向報道を繰り返している。もっとしっかりしろ、マスコミ!
                                               兵庫県 Cさん 10代
.
.     fullmoon自称ミリオタの自分から言わせてもらうと、オスプレイの報道が印象に残っている。テレビでは「オスプレイは危険だ」「オスプレイ反対」という報道しかなく、賛成派の意見はまったく無視で、事実と異なる報道にウンザリした。毎回流されるオスプレイ墜落映像も、あれは試験段階の墜落映像に過ぎず、「テスト試験で墜ちた機体などいくらでもあるのに・・・」と毎回思った。ちなみにオスプレイは幾度もの改良を受けて、現在は事故率がかなり低下している。しかしマスコミはなぜかこの事実を伝えていない。
                                            広島県 OKADA 10代
.
   「オスプレイは危険」という結論ありきの報道が目立ちます。そこには「米軍のオスプレイを排除」という根本思想があるので、オスプレイが活躍したニュースは報道されません。昨年(2013年)に発生した台風で、フィリピンは甚大な被害を受けました。その際にオスプレイが救援物資を搭載して救助活動しています。それも報道しないのは、こうした人道支援でイメージアップすると困るからでしょう。もし名前を出すとしても、「MV -22B」などと型式で呼んでオスプレイと呼びません。
.
   ちなみにオスプレイは垂直離着陸可能で、航続距離も長く、騒音もこれまでより少なく、事故率も平均以下です。それなのにプロ市民たちが騒ぐのが不思議です。そのオスプレイが沖縄に配備されて困る、あるいは面白くないのは誰でしょうか? それは中国です。つまり中国側に立って考えてみると、そんな最新機が沖縄にあるのは脅威です。だからオスプレイ、オスプレイと騒ぐわけで、やはりそこには意図があるとしか思えません。
.
マスコミの特定勢力への肩入れ 
.
.      fullmoon私は大学卒業後、新卒で左翼マスコミ系のローカル局に勤務した。内勤の部署だったが、所用で報道や番組制作の部屋へ行くといつも思ったことは、「違う人種なんだな」と。それは毎日、怒号が飛び交い、全員ピリピリしていて、アゴで使われ、見下したようなことを言われたりした。
.
   報道内容については、「これがニュースなのか」というようなものもあった。ローカル局のメインは夕方のニュース番組だが、ニュースとは名ばかりで、実際には出稿がらみの「季節の準備」や「今ブーム!」と名打ち、商品の紹介や店舗からの生中継などが半分以上を占めていた。こうやって「南トンスルブーム」も造られたんだろうなと。
.
   ローカル局においても出稿差配は「電博」(電通・博報堂)が握っている。私がいた局ではないが、地元で国税6億円(うろ覚え)等を投入しての、三つ目のシネコンを作るという問題が起きた。結局、開館して工事完了のニュースで男性キャスターが「楽しみですね」という薄っぺらいコメントを言った。出稿の関係で思ったことを言えないという面もあったようだ。
.
   私の地元には、全紙発行部数の8割から9割を占める巨大地方紙がある。そこでは社員全員で社の全株を保有している。今回の特定秘密保護法関係でも、社説が朝日・道新と同様だった。
.
   学生時代にゼミ担当教授が、「地方紙の社説は共同(通信)の添削を受けている」と言っており、共同の配信内容からして当然といえば当然。この教授は毎日新聞NY特派員、論説委員をやっていたそうだが、ゼミ中に天皇陛下のことを「天ちゃん」と言っていた。そしてまもなく、同じゼミの女子学生に手を出して・・・(以下自粛)。まさに毎日変態新聞を地で行くような人だった。
.
   その頃の私はレフト、左寄りで、天皇制廃止、自衛隊廃止、9条教だったので、特に変だとは思わなかったというオチ。
                                                 照國大明神 40代
.
   「電博」とは大手広告代理店の「電通」と「博報堂」のことです。マスコミは、広告代理店や芸能事務所に絶対に文句を言えません。なぜならマスコミにとってこのどちらもないことには、特にテレビは成り立たないからです。
.
.   fullmoon右→右翼団体
   左→市民団体 をはじめとして保守に対してレッテルを貼り、左派が真っ当な市民であるかのごとく報道し、自身を正当化し続けている。
                                               宮城県 通名 30代
.
   これは完全に印象操作です。市民団体と聞くとかなり柔らかい表現に聞こえますが、右翼団体と聞くとどこか怖い感覚があります。特定秘密保護法案成立の直前には毎日のように、国会前や議員会館前でも活動が行われていました。その中には革マル派などの極左暴力集団も多く混じっていました。しかしこれが報道される時には「市民団体」となります。
.
   極左暴力集団はかつて多くの暴力殺傷事件を引き起こしています。その残党を野放しにしていていいものでしょうか? そしてそれを市民団体と報道していいものでしょうか?
.
.    fullmoon以前の職が配達員だったのですが、どこの販売店にも必ず「押し紙」というのがあった。そして新聞社は販売店に必要以上の部数を押し付けておいて、「何万部売れた!」とかやってるわけで、すごくおかしい。販売店は新聞社から新聞を買い取って販売しているので、押し紙の余分なお金も払わねばならないわけで、売れ残りの新聞ゴミはかなりの量になる。エコが聞いてあきれるWWWWW
                                         宮崎県 とうかい 20代
.
   新聞社は広告が大きな収入になりますが、その収入は発行部数によって左右されます。押し紙というのは、販売店に実際の販売数よりも多く押し付けることをいいます。これによって新聞社は(売れた)部数の水増しを行なっているのです。
.
異常だった特定秘密保護法の報道
.
   fullmoon特定秘密保護法案のニュースを見ていると、反対派の意見ばかり報道されていて、賛成派の意見が全く報道されていない気がする。以前、朝日新聞デジタルが行なっていたアンケートの結果が賛成派が多かったためか、まったくこの事をニュースにしないのはおかしくないか。自社の新聞の論調と異なった結果が出たのなら、そのことも報道しなければ『公平な報道』とは呼べないと思う。
                                            兵庫県 yochun 20代
.
   ここで言われている朝日新聞のアンケートというのは、画像のように縦と横の軸で仕切られた自分が考えるマス目に、自分の意見を投稿する形式になっているのですが、見てわかるように賛成意見があまりにも多く、賛成がいつの間にか画面の下の方に追いやられ、なかったことにされています。もちろん朝日は反対派だったので、こういう都合の悪いアンケートは報道しません。結局、公平性なんてなかったんや・・・。
.
   産経新聞や読売新聞などは特定秘密保護法に好意的でしたが、朝日新聞や毎日新聞は反対派だったので、毎日毎日反対の意見を紙面に載せていました。「市民の多くは反対している」と朝日は連日書いていましたが、アンケート結果は無視する都合のいい思考回路をしています。一体知る権利はどこに行ったのでしょう。
.
   集団的自衛権の時も同様でした。朝日は集団的自衛権に反対の立場でしたから、さんざんネガティブキャンペーンを行なっています。市民団体と称する謎の人たちも盛んにデモを行ないました。彼らの主張は毎回同じです。50年前から何も変わっていないのです。
.
   安保→戦争になるぞ!
   PKO→戦争になるぞ!
   特定秘密保護法→戦争になるぞ!
   集団的自衛権→戦争になるぞ!
 .
   大体なんでも戦争になると言って騒ぎます。こんなに戦争戦争と言うのは、逆に戦争したいのかと思ってしまうほどです。しかし基本的に戦争を防ぐための政策ですから、戦争は遠ざかっていきます。
.
中・韓層に優しい報道姿勢
.
   fullmoon政治・中韓の話題になると反日報道ばかりになるので、ココがおかしいと思います。最近だと特定秘密保護法案成立後の安倍首相の会見が、きちんと最後まで放映されないとかもあったし、慰安婦像のこともそうですが、一体どこの国の報道機関なのかと思います。あげくにNHKまでが反日的な報道ばかりで、テレビの情報は全く信用できません。自分で調べない人はきっと騙されているんでしょうね・・・。
                                     東京都 通名報道反対 20代
.
   日本のマスコミはなぜか日本を貶めるような報道をします。そして中国や韓国に異常に優しく、歴史関連の話になると事実うんぬんよりもまず日本が悪くて、中国・韓国に謝らなければという論調です。フィギュアスケートで日本の選手が優勝しても、表彰式及び国旗掲揚を放送せず、韓国の選手が優勝した時にはバッチリ表彰式まで放送するという、不可解な出来事もありました。
.
   2013年12月26日に安倍首相が靖国神社に参拝しましたが、この時も烈火の如く反靖国キャンペーンを行ないました。唯一産経新聞は参拝を評価するとしましたが、他の主要新聞は社説で反対論を展開しています。中国や韓国が日本を批判するのは年中行事なのでどうでもいいのですが、中国・韓国以上に日本のマスコミは異常です。彼らには日本という主体が全くありません。
.
   いつまでも『A級戦犯が――』と、すでに国内法上で名誉回復されて、すでに存在しないはずのA級戦犯について固執しています。一体どこの国の報道機関なのでしょうか? ちなみに時系列で見ると、靖国問題も朝日新聞が作ったことがわかります。今言われているのは「A級戦犯が問題」ということです。しかし、いわゆるA級戦犯が靖国神社に合祀されたのは1978年で、合祀が公表されたのが1979年です。本当に問題だと言うならば、合祀された時点で抗議するはずでしょう。

         しかしその時点では中国からも韓国からも何の抗議もなかったのです。
ではいつから問題になったのかというと、1985年に朝日新聞が騒ぎ出してからです。そしてそれに便乗するように中国が騒ぎ、韓国まで騒ぎ出したのです。
.
.      fullmoon主義主張は構わないが、中立を装って片方に肩入れする(おもに中・韓)ところに最大の問題がある。本来報道とは事実をありのままに伝える役割であるにも関わらず、自分たちが世論を作る、ブームを作る、作れるんだと勘違いしている。まあ、紫BBAみたいなのが、未だにテレビに出続けてるっていうのが謎。
                                             奈良県 たまむし 40代
.
   紫BBAというのはあえて説明する必要もないでしょうが、エコノミストの浜矩子さんのことです。アベノミクスを「アホノミクス」と言ったり、「円は50円まで行くのが正しい道」などと珍説を述べる、経済評論家とは思えない面白い人です。
.
マスコミは変わらないから自分が変わろう
.
   マスコミはどんなに批判されようが、今のところ変わることはありません。なので今求められているのは、マスコミを変えることよりも、自分自身がメディアリテラシー(必要な情報を引き出し、応用する能力)を持ち、自から情報を選択して考える力を養うことです。
.
   今回朝日新聞の記事取り消しから、世の流れは一斉に朝日バッシングになりました。そうであっても特に偏向の著しいテレビ番組等はほぼこの問題には触れず、報道しない自由を行使しています。結局、テレビも新聞も利益を追求する一企業に過ぎません。だからこそ内容が偏るのもある意味当然なのです。日本人の信じやすさは騙されやすさにも通じるので、注意する必要がありそうです。
.
   ですから抜本的な方策として、まず「マスコミは公平な報道をする」という幻想を捨てましょう。そして情報の受け手である私たちが「どのように情報を取捨選択するか」を考える必要があります。今後はネットメディアがもっともっと盛んになるでしょう。(略)ネットの可能性は無限大です。とはいえ今後もテレビや新聞もある程度は生き残ると思われます。私も電子書籍をたまに買ったりしますが、やはり読書をするなら紙で読みたい派です。なので新聞も減っていくにしても、ある程度一定の需要はあるでしょう。
.
   私個人の考えとしては、マスコミが変わらないならば、これから自分たちで新しい勢力を作ろうということです。その勢力はネットから作るしかないと考えています。何度も言いますが、現在のマスコミに変化を求めるのは困難で確実性に乏しいことです。なぜなら彼らは自身をコントロールできないからです。ならば新しい勢力をネットから作り、無視できない規模にしていくのが良いと考えています。課題は多いですが、自分なりに出来ることをやるしかない、そう思っています。
.
          『反日日本人』 KAZUYA著 青林堂
.
                    抜粋
.
.   
.
――多くの方々の著書や文章から掲載させて頂いています。
   私は基本的に「誰もが知るべき真実」は、まだ知らない人々に伝えなければならないと考えています。その意味で、新たな情報、真実と考えるものを掲載させて頂いています。削除をお望みの際は、コメント欄にてお知らせください。いつでも削除致します。掲載させて頂き、ありがとうございます。
.
   ここからコピーして掲載される場合は、「著書名・著者名・出版社名」を明記し、省略しないようお願いします。
.                                                          zeranium

« ・学校教育を立て直す  ⑤ | トップページ | ・びっくりするほど自己中心的な人たち  ⑦ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ・学校教育を立て直す  ⑤ | トップページ | ・びっくりするほど自己中心的な人たち  ⑦ »