« ・自虐教育が自国への嫌悪と無関心を生む ④ | トップページ | ・中・韓層に優しいマスコミ報道姿勢 ⑥ »

・学校教育を立て直す  ⑤

  日本の歴史をフラットに見れば、どう考えても「すごい!」となるでしょう。まず長い歴史がある。これだけでも、世界から見ればとてつもないことなのです。125代を数える皇室がある国なんて他にあるでしょうか? 歴史で滅びた国は数知れず、しかし日本は日本で有り続けました。
.
  日本の教科書では、なぜか建国のルーツではなく土器などを熱心に教えます。縄文土器やら弥生式土器やら、どこに遺跡があってとか、こういったことはとても熱心に教えます。もちろん大事なことではありますが、日本人は日本人なのに、なぜか日本の神話も知らなければ建国のルーツも知りません。
.
  この辺りは古事記や日本書記の記紀に求めるのが早いでしょう。現在は古事記も日本書記も教科書で名前が出るくらいで、知りたければ自分で読むしかありません。これも結局GHQの影響です。戦前は日本神話や建国のルーツも教えていました。当然といえば当然の話です。戦前は歴史のことを国史と言いましたが、その中でも出てきますし、戦後廃止になった修身に出てくるエピソードにも、日本のルーツが垣間見えます。
.
   日本の次世代を担う子供たちに、まずはワクワクするようなことから教育すべきではないでしょうか。幸い日本の歴史は、普通にそれを教えるだけでワクワクするものがあります。
.
 fullmoon  小学校3年生の時に南京大虐殺の写真を、これでもか!というくらいスライドで見せられた。それは生首写真のオンパレードで、女子生徒1人が保健室へ直行し、オレは気がついたら床で寝てた。あと先生たちが「教え子を二度と戦場に送るな!」と書かれたワッペンを付けて、授業していたのが印象的だった。もちろん日教組でしたけどね。
.
   我々の世代だと、戦前に軍需工場とかに動員された経験を持つ教師がギリギリいたが、だいたいは変な教師はその後の団塊世代以下に固まっていたという印象。高校1年の世界史の最初の授業で、今思えばその教師は団塊の全共闘世代で、その教師が突然、毛沢東が亡くなった時のことを語り出した。新聞の見出しが「巨星墜つ」だったそうで、それを皮切りに毛沢東がどんなにすごい人物だったかをしばらく語り続けた。さすがにみんな15~16歳だったので、その教師の印象も相まって、大方の感想は「なんかキモい」だったW
                                                                   TETSU 30代 大分県
.
   戦前世代よりむしろ、団塊の世代くらいからが偏向の本番です。本当の戦前派は戦前がどうだったかがわかっているので、あまり過激な教育者はいない印象です。しかし団塊の世代くらいはGHQの偏向教育をモロに受けてしまった人達なので、偏向の度合いもお察しです。ただ彼らもある意味被害者であり、そうした教育を受けざるを得ない状況にありました。ちなみに「巨星墜つ」の見出しは朝日新聞です。
.
 fullmoon 中学1年の頃、社会科を担当していた先生の話です。その先生は気さくで若く、冗談を良く言って生徒を笑わせる、生徒から好かれている先生でした。ある日の授業中、授業の流れから韓国の話題になりました。その時1人の男子生徒がいつものように冗談を言ってみんなを笑わせました。それは別に韓国を侮辱するとかではなく、全く無関係なものでした。ところがいつもはそんなことでは怒らない先生が「笑いごとじゃない!」と怒鳴りました。
.
   そしてこう言いました。「今は、日本が戦時中にひどい仕打ちをした隣の国の話をしているんだ。どんなことをしたと思う? 例えば当時の朝鮮の女性たちが日本軍に性のはけ口にされたのは、紛れもない事実であるとされている。僕がもし彼女たちの親ならば、間違いなくその日本兵たちを殺すだろうね。君たちはこれから日本を担っていく人として、韓国の人たちに当時の日本人が犯した罪を許してもらうまで、謝り続けなければいけないんだよ。」
.
   当時、まだ慰安婦問題について知らなかったのでよくわからなかったけれど、彼が日本のことを悪く言っているのはわかりました。またこの先生にはもう一つエピソードがあります。クラスに1人、軍事オタクの子がいました。彼をA君とします。ある日の授業で、そのことを知った先生はA君のことを、なんと「右翼」と呼び始めたのです。授業中にA君をあてる時もそう呼びました。
.
   当時、先生は右翼について、「天皇万歳の戦争をしたがる人達」と授業中に言っていました。A君自身があまり気にするような子ではなかったので、そのことが学校であまり問題にはなりませんでした。ですが今思い返してみると、その先生のやっていたことや言っていたことは、反日に近いものがありました。今は自分で調べて考えて正しいことを見極めることが、少しづつできるようにはなりましたが、当時の義務教育の頃に、自虐史観を植え付けられていたと考えるとゾッとします。
                                    ひふみ 10代 長野県 T中学校
.
   「僕がもし彼女の親たちならば、間違いなくその日本兵を殺すだろうね」と教師が言う下りがあります。おそらく慰安婦のことを言っているのでしょうが、しかし当時そういうことが実際にあったならば、連行されようとしている女性たちの家族や男たちはこの教師と同じく、黙って見ていたはずがありません。しかしそうした騒ぎや暴動が起きていないことから、結局、プロパガンダ(宣伝)されているような性奴隷などではなく、実は金儲けの売春であったと言っているようなものです。
.
 fullmoon 僕の学校の社会の先生は、「南京事件(大虐殺)」の話になった時、「これは証拠がないから、一応そういう意見があるっていうことで聞いてくれ」と言いました。その先生とは、よくKAZUYAさんが動画で言っていた教育勅語に関することも、「あれはいい! 人として大切なことを学ばせてくれる」とか、「あれを軍国主義を作り出す教えと思うのは、受け取る側がそう思っているからだ」とか、結構KAZUYAさんの意見と合致することもあります。
.
   あと自分が靖国神社に参拝することを言ったら、「いいなあ、オレも一緒に行きたいな」とか、「遊就館には花嫁人形があって、それは結婚できずに死んで行った人のためにあるんだよ」と。僕はあの先生に出会えてよかったです。
                            tominax419 10代 愛知県
.
   こういう先生に巡り合えることはとても幸運です。
   ヒステリックに日本軍の蛮行(という虚構)を熱弁する教師は、基本的にイデオロギーに染まっているので、まず反対の意見を聞く余裕がありません。いくら証拠がないと言っても、話をすり替えてくるのがオチです。
.
  そんな中でtominax419さんの先生は、多角的に物事を見ているようです。教育勅語にしても、しっかり中身を見れば軍国主義云々などとは言えないはずです。「親は大切」にしましょう」「兄弟仲良くしましょう」「法律を守りましょう」など、当たり前のことが書いてあるのが教育勅語です。
.
   それは天皇陛下からの一方的な推しつけなどではなく、天皇陛下自身が「私も実践しますので、皆さんも実践しましょう」というものなのです。教育勅語が軍国主義などと言う教師は、中身を見ないで言っています。まずは中身を見ることを強くお勧めします。
.
偏向サイコ狂師
.
 fullmoon 小学校3年生の道徳の時間に、毎週はだしのゲンのビデオを見せられた。あまりにも凄惨な内容だったので、私は感想文に「先生はなぜこのような気持ち悪いものを鑑賞させるのですか?」と素直に書いてしまった。
.
   お昼休みにそれを読んだ(女の)担任は、凄まじい剣幕で私に近寄ると、鬼の形相で私の右耳を掴んで教室中を引きずり回し、投げ飛ばして教室を出て行った。私の右耳からはとめどなく血が出て腫れ上がり、保健室で応急処置をしてもらうと2㎝ほど裂けていたので、すぐ病院へ行くためにその日は早退した。
.
   これを行き過ぎと判断した両親は翌日、教育委員会へ連絡して大騒ぎしたが、これが逆に担任の神経を逆撫でした。それからというもの担任からの身体的、精神的虐待が酷くなった。朝のホームルームや帰りのホームルームでは色々な理由をこじつけては、それから約2年間にわたり毎日のように暴力を振るわれた。
.
   私の親の職業(土建屋)や私が東北からの転校生であること、ならびにさまざまな事件をでっち挙げられては、ハイヒールで殴られる、バインダーで顔面を殴られる等の暴力は当たり前だった。さらに罵られ、ことあるごとにクラス全員に私の感想文を書かせた。
.
   結局、私は小学校4年が終るまでの2年間、地獄の日々を送ったが、中学校2年生の時の反抗期が来るまでには、相当な内向的性格になってしまった。大学では私は法学部に進み、その教師を調べたところ、その女教師は共産党系の同和団体の全解連(全国解放連合)所属の人間であることがわかった。
.
   以来、現在に至るまで、私は教師というものが特亜と左翼と並び、この世で最も忌み嫌う一つとなっている。私もいい歳になり、良い教師も中にはいるという事も理解できるが、イザ追い込まれたら彼らも教育者である前に、生活を抱えるサラリーマンでしかないと思う。
.
   教育委員会の調査なんか適当なアンケートを実施して体裁を繕い、先生たちは我が身可愛さに臭い物には蓋をして観て見ぬふりをする。情熱ある先生とか、自分を殺して皆のため公けのために考えて行動するような先生が、今とても少ないと思いませんか?
                          junus01 30代 埼玉県 A小学校
.
   これは偏向というより、もはやサイコパス(精神病気質)と言ったほうがいいかもしれません。おそらく歴史認識について、逆の意味で熱い思いを持っている人なのでしょう。しかしそれが仇(あだ)となって教育者ではなく、まるでカルト宗教の教祖のように、自分以外の意見を受け入れられなくなっているのでしょう。道徳の授業なのに、教師がこれでは何も伝わりません。一生もののトラウマを植え付ける狂師は一刻も早く退場してほしいものです。
.
素晴らしい教師もいる
.
   これまで、さんざん偏向した教師をご紹介してきました。しかし勘違いしてはいけません。彼は狂っているので目立ちますが、その陰で立派に職務を全うする教師がたくさんいるのです。ここからはそうした事例を紹介して行きます。
.
 fullmoon 私には君が代に関してある記憶があります。小学校の時、卒業式で君が代を歌うことになり、練習をすることになりました。音楽の先生は普段は優しいおばちゃんでしたが、君が代練習の時は鬼のように熱心に教えてくれました。
.
      「国歌が歌えない人が、国際社会に出られますか!」 その時、私は笑ってしまいましたが、後々、そのことを痛感しました。今では、君が代の持つ意味で、女の子を口説けますWWW  国歌において、これほど他者を敬う歌はありません。子供たちには是非とも、君が代の意味を知ってほしいです。
                                    ZIAM  20代 千葉県 G小学校
.
   「国歌が歌えない人が国際社会に出られますか!」 まさにその通りです。私の友人は海外に行った時、いろいろな国の方と交流した際、自分の国の国歌を紹介することになったのですが、友人は国歌が歌えなかったのです。なぜなら知らなかったからです。
.
 fullmoon 偏向・・・ではなかったけど、小学校2年生の時、当時としてはかなり「右より」に見えたであろう先生に教わった。先生曰く、「自宅に国旗のない者は日本人ではない!」
. ↓                   
   父母が集まった時に先生は説教を垂れたらしく、クラス中の父兄が国旗を買いに走る事態になる。電話連絡網で「国旗ってどこに売ってるの?」「ホームセンターにあったわよ」、なんて会話が飛び交っていた。それから3年間くらいは、祝日には忘れずに国旗を立てていたな。当然、教室の先生の机の後ろにはドドンと国旗がありました。先生曰く、「食べる時は」感謝の気持ちを忘れずに」 
  ↓
   給食時間のたびに、「一滴の水にも天地の惠みがこもっております。一粒のコメにも万人の苦労がこもっております。ありがたくいただきます」と言ってから食べた。大人になってから、それが四国遍路の食事作法だと知った。国語の教科書全文写しとかいう、何だかよくわからない宿題とかあったけど、今思えば、良い時期に日本人の基本を叩きこまれたと、ありがたく思っていますよ、T先生!
.
   しかしT先生はあまりに強烈なキャラクターだったためか、数年後にPTAから吊るし上げをくって頭を下げたという話を聞いた時、時代が変わったことを痛感した。
                                        MT 30代 山口県 H小学校
.
   確かに国旗の扱いがあまりにもひどいので、どこに売っているのかわからないことがあると思います。私自身どこに売っているのかわからず、ネットで注文しました。ですが本文にもあるようにホームセンターに売っていることにも気づきます。日本人であれば日本の国旗の1枚くらいは持っておきたいものです。持っていない人はホームセンターへ急げ!
.
 fullmoon  授業の内容は基本的に、日本が悪いみたいな内容でしたが、社会の先生が「これは個人的な意見だから親や他の先生には言うなよ」と口止めして、「この教科書は嘘ばかりだ。日本は悪くない」っていう話をしていました。その時、「古舘(ふるたち)が出てる某報道番組を見るとバカになるから見るな」とギャグを入れていたのですごく印象に残っています。当時は、そんなこと言っちゃだめじゃん、とクラスメイトと笑っていましたが、今となっては本当だったなと思います。
.
   その先生は3学期になると、ついに教科書は使わずに授業をするようになり、自分でプリントを作製し、授業のたびに新しいプリントを配って授業していました。韓国や中国寄りの教師が多いと言われてるけど、こんな先生も少なからずいるようです。
                                                   匿名 20代 愛知県
.
偏向なき地道な教育者
.
 fullmoon 自分は現在、現役の高校生ですが、前もって歴史歪曲などの学習をした上で日本史や世界史の授業を受けています。そして不満な点があれば直ぐに喰いついてやろうと目を光らせています。しかし幸運なことに、自分の学校の教師はそういうことに対して正しい認識を持った方でした。アンケートの意図とは異なりますが、まっとうな教育をする教師もいるという実例として、参考にしてもらいたいと思います。
.
   世界史の先生は、それはもう元気はつらつな良い教師で、ある時授業の課程で「南京大虐殺」の項目に入りました。「まさか、事実とでも言う気ではあるまいな」と身構えていましたが、その先生は「これは事実ではない」と断言したのです。というのも、先生の祖父が実際にその戦地に赴(おもむ)いており、先生はそのお爺さんから、「そんなことは絶対にない」ということを聞いたからだそうです。
.
   同級生の1人が、「日本は悪いことをしたんでしょ?」とあいまいに追求したのですが、先生は最後までしっかりそれを否定していました。ですがしっかりといっても、さすがに教師という立場上、多少遠回しな言い方ではありました。自分は南京大虐殺の犠牲者数の矛盾について事前に学んでいたので、そうした考えを持った先生が身近にいることを誇りに思っています。
                                         SY 10代 岐阜県 N高校
.
 fullmoon 私の小学校5・6年の担任は教師としては完璧でした。つまり授業では教科書通りの授業を、カリキュラム通りにやったわけで、当然教科書に書いてある偏見授業そのままです。ですが私立ではなく、公務員である以上、公務を全うするのが正しいわけで、私情を一切挟まず授業を改変しなかった点は、公務員としてはむしろ尊敬されるべきことかと思います。
.
   その代わりに余った時間を使って、いかに日本人が残虐な行為を行なったかではなく、いかに日本人が残虐な行為をされたかに着目した内容を教えてもらいました。たとえば、今では原爆投下が故意的な人体実験であったことが常識となりつつありますが、その担任は証拠付きで、小学生だった私たちにそのことを教えてくれました。 
.
   それは広島、長崎の原爆投下予定地が実験のために地形が適していたこと、広島の原爆は本来別の場所に投下される予定だったこと、原爆投下予定地は大規模な空襲に遭っていない場所であること、その理由が原爆の正確な威力を測定するためであったこと。
.
   他にも、日本の木造家屋を破壊するために米軍が故意に焼夷弾を使用したこと、また高松大空襲をはじめ、全国の大空襲でアメリカは日本の市民を完全に虐殺、根絶やしにしようとしたこと、そのために先ず焼夷弾で退路を断ったことなどを高松大空襲の記録を元に、遠回しに教えてもらいました。なので「原爆は人体実験が目的だった」とか「空襲は戦略的価値はなく、ただの虐殺だった」という話を聞いて驚く人々を見て、私はこの人たちは小学校の授業もまともに受けていないのかと勘違いしていました。
.
   また同和教育に関しても熱心な指導を受けました。同和にヤクザが絡んでいるとか在日が絡んでいるとかは、当時は公安が未発表だったのでさすがにその指導はなかったですが、ただ「逆差別」をするなとは言われました。「歴史を知り理解しなさい。ただし同情してはいけない」こんな感じの内容でした。かつて同和地区で差別されていた人は、可哀想だから仕事を与えよう、入学を楽にさせよう、特権を与えようというのは、むしろ彼らにとって失礼にあたるという解釈です。
.
   後に高校で、いかに同和の人が可哀想か、そういう所ばかり強調された胡散臭い授業を受けてからというもの、小学校での同和教育がどんなに素晴らしかったかを痛感しました。中学校では特に何もなく、とりあえず与えられた職を全うするだけの先生方でした。
                         おうどん 10代 香川県 K小学校
.
   同和についての教育が熱心だったというのは、特に関西圏でそうで、中でも大阪や兵庫に多く見られました。回答にあったように、可哀想だから仕事をあげようとか優遇してあげようというのは、それこそ彼らを愚弄する行為です。しかし残念なことにそこで得た優遇や特権にしがみつく人がいる限り、この問題は終わりません。今の子供は同和問題など知りません。それなのにあえて教える必要があるのか? 私には疑問です。
.
 fullmoon 中学校の頃の、今でも尊敬している数学の教師がいるのですが、彼はよく授業中に海外での体験を話してくれました。その中でもとても印象に残っているのが、彼が東南アジアへ行った時の話です。それは現地の人から「なぜ日本人はいつも謝るのか。日本人は先の戦争で何も悪いことをしてはいないし、私たちは日本人に感謝している。それなのにいつも日本人は謝ってばかりで、アメリカや西洋諸国ばかり見ている。もっと自国に誇りを持つべきだ」と言われたそうです。
.
   先生はその後、「1回戦争に負けたくらいで、それまでの誇りを捨てるべきではない」というような話をしてくれました。ですが正直、それまでは日本は戦争で悪いことをしてきたと教わって来ていたので、先生の言うことに違和感を感じていましたが、今になって本当に心から尊敬すべき先生だったと思います。
.
   最近では教師の中にも海外に留学したりして、さまざまな価値観を身に付けて、改めて「愛国心とは何か?」と考え、教えたりしている若い先生も増えてきたように思います。「愛国心」と聞くと、今迄学校などではタブー視されており、アレルギー反応を示すような人もいますが、もっとこういったテーマの授業が受け入れられる社会づくりが必要ではないかと思います。
                       hiroking 20代 千葉県 K第二中学校
.
   海外に行くと国歌を意識するようになるというのは本当です。私も海外に行くと実感します。海外に行くと、脳内で自分が普段住んでいるところとの比較が始まります。「日本ではこうだ。でもこの国ではこうなんだ」と。すると否応なく、自分が日本人であることを意識するようになります。日本を今後も発展させていくためには、やはり自然な愛国心は必要です。ただ愛国心とは言っても、教えられて身についたりわかるものではなく、自分の国を知ると自然と芽生えるものではないでしょうか。だからこそ、これでもかと日本を貶(おとし)める自虐史観は害悪なのです。
.
 fullmoon 悪い事例ではありません。昨年、中国が南京事件でいろいろと騒いだ時に、数学の教師が授業で通州事件に関するプリントを配り、「非難している中国だってこういうことをしたんだ」と教えてくれました。今年は授業で韓国併合に関して、併合で韓国の生活水準がどんなに上がったかをまとめたプリントを使い、色々説明してくれました。そしてなおかつ、「こういう意見もあるわけで、何が良い、何が悪いと断言しているわけではない。皆さんはメディアとかの情報を鵜呑みにせず自分で考えて、考えを確立してもらいたい」と言い、とても良い内容でした。
                                汎用戦士 10代 京都府 K高校
.
教育をどうするか
.
   大学を卒業してすぐに教職員になった方達は、どうも世間の感覚とズレている人がいたりします。偏向教育等もそうなのかもしれません。これまでの事例で見て来たように、バランス感覚がまるでない人たちがいます。バランス感覚がないと言うよりも、確信犯的に教師のイデオロギーを刷り込もうとしているのではないでしょうか。
.
   偏向した教育を正すにはどのようにするのがいいでしょうか? まず一手は教科書です。今回の事例では過激な偏向教師の例が多かったのですが、大半の教師は淡々と教科書に沿った授業をするでしょう。ですがその流れの中で南京だったり、慰安婦だったり、日本悪玉史観などが自然と教科書に入り込んでいますから、特に偏向することなく普通に授業をやっているだけで、自分の国に対する自信を失わせてしまうのです。
.
   教科書については先に述べましたが、竹島や尖閣も日本固有の領土と記述する等、少しづつですが改善の方向性が見えてきました。しかし教科書の問題の解決には、まだまだ時間が必要です。
.
   教育基本法が改正されたのが、第一次安倍政権の2006年。改正された教育基本法の第二条の5には、「伝統と文化を尊重し、それらを育んできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと。」とあります。この部分はGHQが日本を占領していた1947年の制定以来、改正されて来なかった旧教育基本法にはない概念です。この流れが時間を経て、教科書にまで波及しているのではないでしょうか。
.
   教科書が変わっても、偏向教師が減ることはないでしょう。しかし教科書変更で重要なのは、淡々と授業をする多くの教師の下で育つ生徒は、過度な自虐史観には陥らないであろうという点です。では一部の偏向教師から教育を取り戻すには、どうしたらいいでしょうか。ここにはやはり政治主導と親の結束が必要だと考えます。
.
「日の丸」「君が代」に対する教師の態度を見る
.
   とても不敬なことではあるのですが、ある意味「日の丸・君が代」というのは偏向教師をあぶり出すために最適です。自分が子を持つ親なら、子どもの入学式の国歌斉唱で教師席を見るといいでしょう。坐っているか立っているか、歌っているか歌っていないか。これだけでも見えてきます。親同士も結束して、君が代を歌わなければいけません。
.
   子供の受ける教育内容も逐一確認が必要です。これは子供とのコミュニケーションという観点からも有効です。教育は学校に押し付けるものではなく、親がまず積極的に関わる必要があります。学校にすべてを押し付けて自分は何もせず、ちょっと何かあったらすぐ学校に過度な文句を言うモンスター・ペアレントになってはいけません。まずは親自身が自分を見直す必要があります。しかし、偏向教育には声を挙げなければいけません。これも単体で行くと潰される可能性があるので、親同士の横の繋がりも必要になってくるでしょう。
.
   まず考えるべきは、子どもたちと日本の未来です。教師も、まずは教育基本法にあるように「我が国と郷土を愛する」を実践して頂きたいものです。政治が主導し、親達が支えるシステムを作る必要がありそうです。
.
   頂いた声を読んで感じたのは、どの地域にもいい教師がいて、どの地域にも偏向した教師がいるということです。自分が住んでいるので不名誉ではありますが、ただやはり北海道や広島、大分の事例は、さすがH2Oと妙に納得してしまうところがあります。その他で個人的に印象深かったのは、東京、大阪、兵庫、福岡、沖縄などでしょうか。
.
   結局、その教師がどういう人かによるのです。教育を受ける生徒は偏向教師に当たっても、なかなか自分の発言ができません。基本的に教師の言うことは受け入れざるを得ないこともあり、おかしいとわかっていても教師から報復の可能性がありますから、指摘しづらいのです。ですからやはり大人が何とかするしかありません。そのためにも政治主導による教育改革の必要性と、その教育改革を支える日本社会の見識が問われているのです。
.
            『反日日本人』 KAZUYA著 青林堂
.
                      抜粋
.
.
.
――多くの方々の著書や文章から掲載させて頂いています。
   私は基本的に「誰もが知るべき真実」は、まだ知らない人々に伝えなければならないと考えています。その意味で、新たな情報、真実と考えるものを掲載させて頂いています。削除をお望みの際は、コメント欄にてお知らせください。いつでも削除致します。掲載させて頂き、ありがとうございます。
.
   ここからコピーして掲載される場合は、「著書名・著者名・出版社名」を明記し、省略しないようお願いします。
.                                       zeranium

« ・自虐教育が自国への嫌悪と無関心を生む ④ | トップページ | ・中・韓層に優しいマスコミ報道姿勢 ⑥ »

コメント

前回(昨日)の記事へコメントいたしました。今日も、みると(お気に入りのブログはほぼ毎日見ています)投稿の記事があり、転載させていただきました。投稿の間隔からみると、連日というのは、初めてのように思えます。もしかしたら、私へのエール? 

それから、本を買ったほうがいいのか? 今、経皮毒について、調べ始めているので、それは置いておいて。。。。私も同じ考えをもっていた先生と出会えていたら、普通級の担任として続けていたかもしれません。結果的には、ことばの教室で、言語障害児童、さらには言語と情緒の障害を併せ持っている児童を指導することになりました。

そのため、日本に一つしかない、「独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所」の研修希望がとおり、研修を受けることができました。ですから、今の私は、通常、言語障害、情緒障害の児童の特性をしり、幅広く指導ができるようになったと思っています。
前回に引き続き、長文のコメント失礼いたしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ・自虐教育が自国への嫌悪と無関心を生む ④ | トップページ | ・中・韓層に優しいマスコミ報道姿勢 ⑥ »