あなたの姿勢や望みが変わると状況が変化する

あなたの波動はあなたがどういう人間かを絶えず外に表現している   
   あなた方の歴史は、人類が達成した業績の真髄にしっかりと焦点を当てているとはいえません。これまで隠されてきたすべてが何年か先に明らかになった時、人類の集合的な精神は衝撃的で稲妻のような変化を体験するでしょう。潜在意識がこれまで認めなかったり、対処しようとしなかった隠された問題が、潜在意識の貯蔵庫から浮上してきます。それは人類全体にとって、自分たちの精神に滞っている、未処理の情報や感情レベルの残滓(ざんしを処理する最高のチャンスを与えてくれるでしょう。あなた方の祖先の多くはとても興味深い人生を生きていました。祖先たちのそうした目覚しい偉業や記憶は、人類の集合意識への価値ある貢献として、潜在意識レベルや無意識レベルにしまい込まれているのです。

   今の時代、あなた方にとっての情報収集とは、外界での体験を通じて行われるという社会通念の上になり立っています。しかしもともとあなた方は、現時点で可能であると信じられているよりもはるかに発展性のある、大きな歓びをともなった精神的活力や創造的表現を体験するように設計されているのです。それは本質的には、意識的な共同合意にもとづく波動の見事な結合であるといえます。

   エネルギーは絶えず波紋のように広がりながら、他の現実の層へと流れ込み、波動や信号のやり取りを行っています。より大きい視点からは、いずれの現実にも限界はありません。したがってあなたが内に育てている姿勢や起こした行動などあなたのいかなる振る舞いも、波動はあなたの本質をあちこち広めていることになります。隠蔽(いんぺい)や虚偽といったものは、迷妄の表現にすぎません。あなたはあなた以外の何者でもないのですから、自分をごまかすことはできても、自分の波動のサインをごまかすことはできません。

   あなたは常に、自分が誰でどういう存在であるかを絶えず放送、伝播しています。
   これは新生児から世界的指導者に至るまで、どんな人に関してもいえることです。今の人類の現状は、欺瞞(ぎまん)や虚偽があまりにも破廉恥きわまりないところまで肥大しています。その理由は、人々が波動を読み取る能力をなくしてしまったからなのです。それはまさに、「否定の状態」にあるということです。

   あなたは転生する前に、設定しておいた意図や契約を実行するために、必要な状況を創り出すことがあります。そしてそれを実現するために人格的な力や、感情や知性の育成が必要になることで自分を高める努力をします。一方、世界的な問題は人類が一団となって、精神的および霊的目標に到達しようとする集合意識レベルの願望を扱う傾向があります。あなたは今まさに、取り組んでいることを体験するためにここに存在しています。そして必ず自由意志による選択の機会が与えられます。ですからあなたは、自分が何を望むのか、そして自分が何の役に立てるのかを、はっきりわかっていなければなりません。

   あなたのこれまでの姿勢や望みを変えることで、どんな状況も変化させることができます。自分の注意の焦点を定め直し、意識的に考えを選択することによって、放送、伝播するあなたの波動は変化し、必然的に、それまでとは別の結果に通じる扉が開くことになります。自分の現実を調整したり、目的達成の手段として自分の波動を使うことが、これからの需要な潮流になります。万物すべてが波動に基づいているという共通認識に立つことは、今の時代を生きる人類の集合意識レベルにおける目標の一つです。

   当然あなたは、自分の幸福や安らぎと折り合わないエネルギーを生み出してしまうことがあります。あなたは自分の生み出すエネルギーを見ることはできないので、当然、自分の創り出した想念や感情を絶えず撒き散らしていると意識してはいません。また、迷いや不安、はっきりしない不安定な思考が送り出されると、それが合図になって、同じような同類のエネルギーを引き寄せることになります。あなたの思いが現実を創ることを忘れないでください。

   当惑するような状況に直面したときは、「なぜ自分はこんな状況を創りだしているのか」と自問してみることです。「なぜなのか」という疑問を持つことは、物事をより明確に見るための第一歩です。そしてよく注意を集中して、答えが聞き取れるようになってください。あなたが何を創りだしているかにかかわらず、「あなたの信じていること」が、あなたのすべての体験の「基盤」をかたちづくります。自分が交流したり組み立てたりしているエネルギーに、あなたは刻印する能力があることを自覚する必要があります。

   あなたは自分の信念や願望に基づいて、エネルギーの波動を生み出しています。
   また今の時代は、あなた方の環境を揺さぶるさまざまな電波の周波数が飛び交う領域に生活しています。極低周波、電磁波、マイクロ波、高圧線ケーブルの周波数、他人の思考の周波数、その土地に蓄えられた周波数、そして宇宙からくる多くの周波数など、これらのものがあなたのまわりに混在しています。注意を集中し、発達途上にある知覚能力を研ぎ澄ますことを覚えるにつれて、あなたは自分が出会う波動に敏感になります。それは身体に摂取すべきもの、住む場所や訪れる場所、着手しなければならない事柄などにも及びます。

   エネルギーに対する気づきがさらに高まれば、それぞれの人や物など個別の波動を感じ取れるようにもなります。たとえば大量生産された食べ物と愛情こめて調理された食べ物とでは、食べたときの感じ方が違うことに気づくでしょう、。電波の周波数の識別においても、それと同じレベルの気づきがあります。あなたが仮に、一日のかなりの部分を電波に同調した中で過ごすことになった場合、それと同じくらいの時間を自然の中で過ごすことが大切です。あなたのエネルギーを回復し、内なるバランスを取り戻すのに、もっとも必要で適した場所は、自然のなかです。あなたは潜在意識と無意識レベルの心とコミュニケーションをとる時間を持つことで、自分の望む現実を始動させることができます。

   そのためにはまず自分のペースダウンをして、呼吸に意識の焦点を合わせます。
   静かに上あごと下あごを離して舌の力を抜き、リズムの整った深い呼吸をしながら全身の力を抜いて思考を解き放ち、気づきがより拡大した状態に持っていってください。
   深い呼吸を続けながら、金色のエネルギーの渦で身体がいっぱいに満たされ、活気づくのをイメージします。
    
   それから、春の雨のような静かなエネルギーの波が、あなたの頭のてっぺんから足下までをスッと通り抜けるのをイメージします。それによってあなたが今まで抱えていた緊張感は、すべて洗い流されてしまいます。あなたは新鮮で澄みわたり、何ものにも邪魔されない自由な感覚に包まれて、自分という深みに入っていける状態になります。

   あなたの心の中には「答えの部屋」と呼ばれる場所があります。
   あなたはこれから自分の想像力を駆使して、そこに至る橋を渡り、その部屋の扉に続く道を見つけなければなりません。あなたの「答えの部屋」は繁華街の古びた石造りの建物の中にあるかもしれませんし、郊外の静かな小道を行ったところにあるかもしれません。あるいは眼下に崖を見下ろす鷲の巣のように、孤立した場所にあるかもしれません。

   「答えの部屋」はあなたが創るのですから、どこでもあなたの好きな場所を選べます。
   自分はそこに行くのだという強い意志を持ち、自分が扉の前にたたずんでいるところを創造してください。扉の材質や色、ドアノブの形などに特に注意してくださいそれらを鮮明に記憶に刻んでから、扉をあけます。

   「答えの部屋」には美しい敷物や座り心地よさそうな場所が整えられています。
   見事な芸術品や地球儀、書籍、観葉植物、花、ティーセットなどがあなたを温かく迎えてくれます。目の前の大きなガラス扉の向こうには豪華な庭園が見えます。
   さぁ、「答えの部屋でくつろいでください。部屋にはあなたの欲しいものは何でもそろっています。

   心地よく落ち着いたところで、自分が何を知りたいのかを考えてください。
   部屋を見回して、目に入ったものはしっかりと観察します。心の準備が整ったら、あなた
が答えを求めている質問をはっきりと口に出してください。そしてその答えが翌日から三日間のうちに、明確なかたちで返ってくるように願ってください。

   それがすんだら椅子に深く腰を落ち着け、紅茶を味わいながら、あなたの内なる知恵の部屋の安らぎにゆったり浸ることにしましょう。自分の波動を好ましい方向に調整したい時や、自分自身についてや、世の中全般に関しての明確な視点を得たいときなど、あなたはいつでも好きなときにこの部屋を訪れることができます。

   いったんこうした内的プログラミングを確立したら、その部屋にいる間はもちろん、その後の三日間は、質問した答えが必ず得られることを確信している必要があります。想像力をうまく使いこなせるようになるにつれて、あなたのうちで幸福感が深まっていきます。無限の可能性があなたに注目されるのを待っています。内側に注意を向ける訓練を積むことで、いたずらに自分を苦しめることから開放されます。そしていつしかあなたは、「答えの部屋」を思い浮かべて質問するだけで、瞬時に回答を得られるようになるかもしれません。




                  book   「アセンションの時代」バーバラ・マーシニアック著 風雲舎

                      抜粋したもの




                        *****

その他のカテゴリー